完成品ギャラリーVol.18( エンスー&ヒストリックカーその2)

お待たせしました。(笑)
エンスー&ヒストリックカーの第2弾です。
では愚作ではありますがごゆっくりとご覧ください。

FIATアバルト1000SPバルケッタ
画像

画像

画像


ガレージキットです。ほとんどがレジンで金属パーツはあまり無かったと思います。スクリーンは当然バキューム。タイヤもレジンでしたがとても使える代物ではなかったので、ジャンク品のゴム製タイヤを径が合うように途中でカット!瞬間で接着して径を小さくしてキットのホイルに合うようにしました。
このジョーカーというメーカーは今では余り耳にしませんがもう無くなってしまったんでしょうかね~。

ジョーカー1/24
製作開始:1994年8月20日
完   成:1995年2月20日
価   格:¥9800

アルピーヌA110 1600SC
画像

画像

画像

画像


ボディカラーはモデラーズの缶スプレー。この残りを現在製作停滞中のBMWZ8に使用しています。またウィンドウモールはメタルックを貼って再現しています。
キットは流石タミヤといえるもので良くできていて作りやすかったですね。
しかし最近出たと思っていたらもう10年以上前の発売なんですね~。(しみじみ)

タミヤ1/24
製作開始:1997年7月9日
完   成:1997年11月17日
価   格:¥2000

MG-B(1967 MkⅠ)
画像

画像

画像


アオシマのMGBは他の年式も含めて数種出ていたと思います。
良くできているキットでサクッと組みあがります。ボディサイドのモールはこれもモデラーズのメタルックを貼って再現しました。
MGBはレーシングバージョンに改造して作りたいと思っていますがいつになることやら…。

アオシマ1/24
製作開始:1994年11月23日
完   成:1995年2月13日
価   格:¥1800

ジャガーMkⅡサルーン
画像

画像

画像

画像


まったくの素組みです。ただウィンドモールなどはメッキ感を出すためメタルックを貼って再現しました。メッキパーツと違和感なく仕上がったと思うのですが…。
また各部にある細いモールはメタルインレットになっていますが、ノリが弱く剥がれやすいので注意が必要です。実は自分もヘッドライト上にある小さなモールを完成後暫くして埃を拭いているときに紛失!後にアフターサービスで注文してまた貼りました。
このジャガーはレーシングバージョンも一時発売されていましたが手に入れる前に絶版になってしまいました。また再販されるのを待っているんですがなかなか発売されませんね。

タミヤ1/24
製作開始:1995年10月27日
完   成:1995年12月27日
価   格:¥2000

アルファSZ
画像

画像

画像

画像

画像


これもガレージキットですが1000SPよりも数倍苦労しました。なんといっても左右で大きさ形状が違ってしまっているホワイトメタル製のサイドミラーの修整が大変でした。
また今回写真を撮るためによく見てみるとバQのエンビ製フロントウィンドウの上部が浮いてきてしまっています。(涙)
接着はエポキシ系で行ったのですが接着剤が経年変化してしまったか、あるいはレジンが長い年月で変形したか…。ただそれにしてはボディの塗装面は変化ないし。
このキットの場合ウィンドウは外付けなのでなんとか修整は可能だと思います。これはそのうち暇を見つけて修整ですね。

AMS/TCベルグ1/24
製作開始:1995年6月1日
完   成:1997年5月27日
価   格:¥15,000

如何でしたでしょうか?
この手のエンスー&ヒストリック車は一部の有名な車しかインジェクションキット化されていないのが残念ですね。ガレージキットなどでは結構出ていますがそれも価格や製作の難しさを考えるともっとプラモで出して欲しいものです。
蜜柑山にはアルファロメオやロータスヨーロッパ、ミニレーシング、エランなどまだ幾つもあるので早く日の目を見せてやりたいです。

"完成品ギャラリーVol.18( エンスー&ヒストリックカーその2)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント