Avro's Annie(10)

皆さん、こんばんは。

日一日と静岡が近づいてくる今日この頃ですが如何お過ごしでしょうか。
プラモを必死で作っている方、はたまた作りたくても諸般の事情でなかなか進まない方など様々でしょう。

んで、私もどちらかというと後者のほう。(涙)
そうなんです、作例を優先しているため静岡用のキットにはなかなか手を付けれません。
しかしここにきてその作例の方もとりあえず塗装を終え、あとはデカール貼りや小物の製作などになってきて一段落。

合間を縫ってちょびっとだけアニーを再開しエンジンの組み立てを行いました。
というわけで少しですがアニーの製作記です。
今回はエンジンを仕上げました。

キットのエンジンはレジンですが、前から見て目立つプッシュロッドが省略されているので0.6ミリ径のプラ棒と0.25ミリの帯プラ板(ともにエバグリ)で追加しました。
画像

画像

全面ギアケースの接着部のところをシリンダーの位置に合わせて切り欠いてプッシュロッドが収まるようにします。

塗装してプラグコードもそれらしく追加しました。
画像

画像

画像

プロペラのシャフトなどは簡易キットの常でそんなものはありません。(笑)
なので1ミリ径の真ちゅう線を埋め込んでおきます。

これでエンジンは完成!

さて、もうそろそろ機体本体を仕上げて塗装作業に入れるようにしておかないといけませんが、以前も話に出た主脚の角度決めが問題。これが終わらないとエンジンナセルの前部が接着できません。
この続きは作例が完成してからか…
というかそんな悠長なことは言ってられないかも。へたをすると静岡でこのエンジンだけ展示なんてことになりかねません。
続きは合間を見つけてやっておかないといけませんね。(滝汗)

"Avro's Annie(10)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント