Avro's Annie(18)完成までの補足

皆さんこんばんは。

静岡も終了後3日たち、ようやく落ち着いてきた今日この頃です。

その静岡でアニーを展示させていただいたところ沢山の方からお褒めの言葉を頂き、頑張って完成させた甲斐がありました。また私がブースを離れていたときにも数名の方が製作の苦労話しを聞きたいといらしたそうでお相手できず申し訳ありませんでした。

画像



さて、その(15)から完成までは静岡に間に合わせるためにドタバタしてとても詳しい製作記事を書く時間がなかったので、ここで完成までの製作記を公開しようと思います。
ただ時間がなかったもので写真もあまり撮っていないのですが少々お付き合いくださいね。

ということで…

機体本体はほぼ終了したのであとは小物の取り付けです。

プロペラはブレードが厚かったので薄く削ってシャープにしました。
画像


キットのまま
画像


薄く修整後
画像


プロペラの中心にはエッチングを貼り付けます。
画像

ブレード自体も少々捻ってひねりを強くしてあります。

排気管は穴が空いていますが縁が厚いです。
画像


薄く削りました。
画像


排気管はエンジンの裏に金属線を介して固定しています。
画像


カウリングの分割線に沿って凹リベットを追加工しました。
画像


エンジンとカウリングとは固定用のタボなどはなく、両者の固定についてはまったく考えられていません。(汗)
ただエンジンとカウリングのすき間は僅かで、固定は瞬着とエポキシ系接着剤で接着しました。
ところがいざ、機体にセットしようとすると仮組みのときは問題なかったのにどうしても上向きになってしまいます。

カウリングを水平にするとエンジンとプロペラが下向きになってしまうため仕方なくエンジンの基部のパーツを削って調整しました。どこがどうずれているのか定かではありませんがどうやら複数の要因が重なって角度がちゃんと出ていなかったようです。

主脚の取り付けもちょっと苦労しました。
画像

というのも主脚柱はプラ、後方のカバーと一体になった部分はレジンのため、微妙に寸法にズレが出て角度が上手く合いません。
最後は無理やり辻褄合わせをして接着しましたが、ここは時間があればもっと丁寧に、出来れば主脚柱は自作したものにでも替えたかったです。

トリムタブの作動牽は0.2ミリの洋白線で再現しました。
画像

画像


エルロンの方はキットのエッチングです。
画像

かなりデリケートなので最後の最後で接着しました。
そのままでは薄すぎるのでタミヤのビン入りサフを塗って少々厚みをもたせていますがあまり代わり映えしませんでした。(汗)

アンテナ線はドール用の髪の毛。碍子はモデラーズのプラグコードの被覆を使用しています。
画像


尾翼のアンテナ線?張り線?もドール用。
画像

翼への取り付けはモーターのリード線の芯線1本を輪にして捩ったものを埋め込んでいます。

このアンテナはレジンでしたが、基部を残しリングは真ちゅう線を輪にしたものに替えました。
画像


ということで完成です。
画像


クラッシック・エアフレーム 1/48
アブロ・アンソンMkⅠ
製作開始:2008年1月2日
完   成:2008年5月15日
使用ディテールアップパーツ:根性!

今回このアニーの製作に関して応援、アドバイスをくださった皆さん、ありがとうございました。
お陰さまで何とか完成させ静岡で展示できることができました。重ねて御礼申し上げます。

"Avro's Annie(18)完成までの補足" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント