古い国産車祭りその4

みなさん、こんばんは。
今年の夏は特に暑いと思うのは私だけでしょうか?
こう暑いと模型を作る気も失せてきますががんばってやっていきましょう。

ということで・・・

ボディの塗装に掛かる前にフロントマスクの下の穴から見える部分を塗装しておきました。ここは接着してしまうと塗装がやり難くなってしまうのでこの時点でやっておきます。
画像

画像


フロントマスクの裏も同様に塗装しておきます。
画像

画像

ここはあまり見えるところではないのですが、穴からチラッと見えるのでボディカラーで塗っておくといいと思います。もっともとりあえず色が付いていればOKですのでクリアーコートもしていない吹きっぱなしですが・・・

フロントマスクを接着したところ若干ボディとの繋がりにギャップが生じてしまいました。
今回は左側を合わせて右のほうで修整です。
左側
画像


右側
画像


ワイパーはエッチングに替える予定なので穴を一旦埋めて小さく開けなおししておきました。
画像


オバフェンはボディに接着しましたがビスのモールドは削り取って金属製の極小リベットを埋め込もうかな~
でも幾つ必要なんだろ?
画像


しかし研ぎ出しのことを考えるとここは何とかしておきたい・・・ということで穴を開けてしまいました。
画像


この画像からもわかりますがドアのキーのところもあとでリベットを埋め込むため穴を開けてあります。
画像


塗装後にこのリベットを埋め込みます。ちょっと頭が大きすぎの感がありますけどね。(汗)
画像

本来はもっと小さいものが良いのですが現在手持ちが数個しかありません。しかも10本で¥1000以上しますので悩むところです。

ということでボディの修整&下地処理は終了です。
いよいよ塗装作業にとつにゅう~

まずはサーフェイサーを吹いて下地のチェック
画像


そうそう、なきうさぎさんに習ってフューエルリッドをそれらしくスジ彫りしました。
しかしホントにどうやって給油したんでしょう?
画像


そしてGXカラーのモウリーグリーンの塗装です。
画像

画像

ここまでが第1回目の塗装です。

そして1日おいて表面の凹凸の目立つ部分や埃が付いた部分を中心に#1500番のサンドペーパーで均して2回目の塗装。
画像

これで乾燥させてOKならばクリアー塗装に入ります。

ところでカラーリングですが結局今回はオバフェンはボディと同色。FスポイラーとRスポイラーは白にしようと思います。
またタイヤとホイルはまだ入手できていませんがワタナベにするつもりです。本日お店に注文したのでそのうち手に入ると思います。(在庫があればですが)

"古い国産車祭りその4"へのコメントを書く

お名前:
ホームページアドレス:
コメント: