古い国産車祭りその5

みなさんこんばんは。
前回からちょっと間が空いてしまいましたがサバンナの製作再開です。

さてボディはグリーンを吹いて1回目のクリアーを塗装しました。
そしてF/Rスポイラーはホワイトに塗ったので試しにボディに借り止めしてみました。
画像

画像


う~ん、なんか微妙だな・・・
どうもフィニッシャーズのピュアホワイトを使ったのが原因のようで、ちょっと白過ぎる感じがしますね。
もう少しアイボリー系にしたほうが落ち着くかなぁ。
それともボディと同色にした方がいいかな?
皆さんはどう思いますか?

ところでホイルは結局ワタナベが手に入らず、ワークのエクィップにしたんですがこれでいこうと思います。
画像


リアはほぼそのままで良かったのですが、フロントはそのまま付けると奥に入りすぎてカッコワルイのでスペーサーをかませました。

赤いパーツはジャンクの中から探した多分モノグラムのホイルをシャフトに差し込む部分。
画像


それを1.5ミリほど短く切って、シャフトの中にリベットの頭が入るようにリューターで削ってからキットのディスクと接着します。
画像


それをアップライトに接着すればOK!
画像


あとインテリアの方も進めましたよ。
画像

メーターはデカールですが、余白を切って貼れば穴の径にピッタリでした。こういうのは気持ちいいですね。上からエナメルのクリアーを垂らして仕上げました。

センターコンソールの縁は銀色の縁取りがあるようなのですが、モールドもないし細い線を描きいれるのが困難なのであえて省きました。

ステアリングは純正にするか、ジャンクのパーツにするか迷ってます。
画像

一番右のが純正です。


それからシートも運転席のみジャンクのTRDタイプと呼ばれたバケットシートにしてみました。
画像


シャーシ側はほぼ終了しました。

あとはボディの塗装を終わらせないとな・・・

"古い国産車祭りその5" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント