ポリカルポフI-16その1

先日のエントリーでお知らせしたように突然ですがハセガワのポリカルポフを始めました。
カワイイ機体で前から作りたかった飛行機です。

画像

パーツも少ないしサクッと出来て、72Dやキャメルの気晴らしにいいかなと思いまして。
まぁ、本当はキャメルが完成してからとも思ったのですが我慢できずに始めちゃいました。

コクピットはシートベルトをドイツ機用を流用して取り付けたのみ。
実際資料も無いのでどういうベルトかも分からないので雰囲気重視です(苦笑)
で、胴体を組んだあとに主翼下面を先に胴体に接着し、その後主翼上面を接着したのですがここで右の接合部にすき間が生じてしまいました。
画像


すき間を無くすように取り付けると主翼先端にズレが生じてしまうので
画像

プラペーパーを挟んで接着しました。

どっちにしてもこの接合面は一度消すのであまり関係はないのですが余計な手間であることには変わりありません。
合わせ目はシアノンの白を盛ってペーパー掛け。そのあとで細かい凹みを消すためにパテを使用します。
パテが多めのように見えますが、実際はたいした凹みではありません。
画像

画像


今のところここまで。
パテの処理をしたら消えたスジ彫りを再生して尾翼を付けて塗装に入れそうです。
こりゃキャメルより先に完成しそうだ・・・。

"ポリカルポフI-16その1" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント