ヒロシの蜜柑山探訪第16回「レベル1/24 MAZDA MX-5 MIATA」

ちょっと久しぶりの更新です。
こんばんは、ヒロシです。

実は作例製作で忙しかったというのもあるんですが、愛車のロードスターが先日出先で突然クラッチトラブルで立ち往生
ギアを入れても前にも後にも動かず、もうパニック!
幸い出先といっても隣の市だったため、保険屋さんのロードサービスでローダーに積んで、いつも出入りしているディーラーに運びました。
現在修理待ちですが、ミッションやデフには異常なく、どうやらクラッチディスクやカバーなどが原因のようです。ただクラッチが滑るほど減っていないのになぜ滑るのかはわかりませんが、それ外には考えられないとのことで、とりあえずクラッチディスクとカバー、レリーズなどを交換すれば直りそうです。

今回はまったく予兆(クラッチが滑り始めていたなど)がなかったのでビックリでしたが、遠くに出かけたときでなくて幸いでした。

さて、そんなわけでちょうどロードスターネタになったので(笑)、今回は前回予告しましたように、レベルの1/24スケール、MIATA,日本名ユーノス・ロードスターのご紹介です。
ちょうどこの9月20は広島でロードスター誕生20周年記念ミーティングが開かれ、何でも1600台以上のロードスターが集まったそうですよ。

画像

このキットの発売は1993年。数年前まで市場にも残っていたようですが、最近は見かけませんね。

画像

エンジンやインテリアも精密の再現されています。
ハードトップはなくソフトトップがセットされています。

画像

ドレスアップバージョンとも言うべき前後のエアロバンパーと、シート後方のカウリング?もセットされているのがいかにもアメリカンですね。

キット全容
画像


ボディ
画像

画像

当然ながらボンネットは別パーツ。

インテリア
画像

画像

画像

US仕様なので当然左ハンドルです。

シャーシ他
画像

画像

シャーシ裏のモールドも素晴らしいです。

エンジン他
画像

画像

画像

エンジンもかなりのパーツ数で再現されます。またヘッドカバーはメッキになっていてプラグコードまでモールドされています。

足回り他
画像


ノーマル
画像


エアロタイプ
画像


画像

ブレーキディスクもパーツ化されています。
またこのランナー枠にエアロパーツがあります。アンテナも社外品と思われるショートタイプのものがセットされています。

タイヤ
画像

画像

タイヤはダンロップがセットされています。
実車もダンロップやBS、ヨコハマなどロードスター専用開発のタイヤを履いていました。

ホイール
画像

ホイールは純正のアルミホイールがセットされていますが、社外アルミなどはセットされていません。

デカール
画像


組み立て説明書
画像

画像

画像

画像


このレベルのMX-5は以前完成品ギャラリーでもご紹介しましたが、オートモデリングの作例で作っています。
画像

画像

画像

画像


このキットのパーツ構成とか、細部までの拘りようは何となく以前ご紹介したモノグラムのRX-7に似ていると思いませんか?
もしかしたらキット開発者の方が同一人物だったりして・・・(笑)
それにしても今回改めてタミヤのと見比べると似ているのはどちらかというとレベルという感じがします。
タミヤのはディフォルメされていてカッコいいんだけど、何となく似てない感じがします。特に前から見たときのフロントマスクのちょっと丸っこい感じはレベルの方が似てますね。タミヤは平べったすぎというか・・・
もちろんタミヤも単体で見ればカッコイイんだけど。

タミヤのキットは今でも現役で売っていますね。
もしかしたらこのレベルのキットも20周年記念で再販されたりして・・・・ね。

"ヒロシの蜜柑山探訪第16回「レベル1/24 MAZDA MX-5 MIATA」"へのコメントを書く

お名前:
ホームページアドレス:
コメント: