~ライバル登場~タミヤvsハセガワLOTUS79製作記⑦

期待している皆さん
って期待している人がどれ位いるのか分かりませんが・・・(笑)

思い通りなかなか進みませんです。

当初の予定ではこの前の土日でエンジン関係に目途を付け、シャーシなどに取り掛かる予定でしたが、いまだにエンジン弄ってます。
しかし昨日で一応の区切りがついたので今日からシャーシ関係に取り掛かれそうです。

てなわけで、そこまでの進行状況をどうぞ!

テールランプ

タミヤはミッション最後部のテールランプがそのままベースの部品にモールドされてます。
ハセガワとは形状も違いますが、何よりハセガワがクリアーパーツで別パーツ化されているので、タミヤもクリアー化したいところ。
画像


ちょうどジャンクパーツの中に形状が合いそうなものがりました。
これグンゼの250GTOのクリアーパーツだったような気がします。
画像


このパーツの基部を少しカットして高さを調整してクリアーレッドを塗装。
画像


キットのランプのモールドは当然カットしておきます。
画像


クリアーパーツを接着して完了。
画像


左ハセガワ、右がタミヤ
まったくといっていいほど違いますね。
画像


インジェクターにいくフューエルチューブは、ヒロのカラーチューブ(クリアーーブラウン)を買ったので、タミヤのエンジンはそれを使用。
画像


チューブを差し込むところはφ0.25㎜の洋白線を埋め込んでいます。
画像


ハセガワの方も付いていたモデラーズのチューブからヒロのものに付け替えました。
やはりこの方が雰囲気いいですね。
画像


ハセガワのエンジンのラジエターパイプ。
実車は途中ホースでジョイントされているはずなのですが、モールドがないので追加しました。

使用したのは細い同軸ケーブルの被覆です。
このケーブルはむか~し勤めていた会社から模型に使えそうだということで少々頂いてきたもの
被覆は真ん中をカットしてパーツに被せます。青はシタデルカラーのブルーで塗りました。
画像


バンドはハセガワのミラーフィニッシュの細切りを使用。
画像


アクセルワイヤーのリンク部はモデグラの作例を真似してディテールアップ。
画像


リンク部をカットして0.7ミリの真ちゅう線を埋め込み、そこにアドラーズネストの六角ナットを通して接着しました。
画像


一応完成したエンジン本体。
画像

画像


あとはエクゾーストパイプや配管の追加などが残っていますが、これらは追々やっていきます。
で、いよいよ・・・というかやっとシャーシ関係に着手。

ハセとタミヤのシャーシ
画像

画像

タミヤの方は、これもモデグラを参考にノーズの床部分に押しピン跡があるのでプラペーパーを貼ってみました。

ここからスピードアップしたいところですが、今週も我が家ではいろいろありそうなので(新しい家族が増えたり)、落ちついて製作できるか分かりません。

もう製作開始して一ヶ月になるので、7月中には少なくとも1台は完成させたいですねぇ。

"~ライバル登場~タミヤvsハセガワLOTUS79製作記⑦" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント