沼津祭り「P.Z.L P-23 KARAS」その4

製作を開始して1週間!

さて、あと1週間で完成するでしょうか?(^_^;)



機首上部にある空気取り入れ口と思われる突起は結局すべて作り直しました。

エバーグリーンの0.25×0.75を切ったものを接着。
真中の3つは先に接着してあったのでほぼ整形済みです。
画像


完全に接着されてから整形して形状加工。
画像


まぁ、実機とは少々違うようですが雰囲気重視ということで。素の状態よりはマシかと。

それからこの下面の風防のフィッティングが良くないです
画像


そこですき間が生じる部分にプラ板を貼って調整
画像


これでOKかな
画像


で、いよいよ塗装開始です。まずはサフを吹いて、胴体、主翼下面先端をイエローで塗装します。
イエローはドイツ機用のRLM04
画像

胴体の帯の外側にもイエローが吹き付けられているのは、最初サフの上にそのままイエローを吹いたのですが、イマイチ綺麗に塗れなかったので、改めてマスキングしてベースホワイトを塗装してから塗ったため。

ラダーはブルー、イエロー、レッドのストライプを塗装。
ここはイエローを塗ればデカールがあるので、それで済ますこともできますが、ついでなので塗装で行いました。
各色の幅はデカールに合わせています。
画像


画像


出来上がり。ちょっとブルーが濃かったかなまぁ、いいや(笑)
ちなみに赤はドイツ機用の赤RLM・・・なんだっけ?青はサンダーバーズカラーの青です。
画像


機首のところはこんな感じになりました
画像


さて、これで先に塗った部分をマスキングして、キャノピーの枠をマスキングすれば機体の塗装に入れます。ただキャノピーの枠のモールドが曖昧で、マスキング苦労してます。

機体のライトオリーブという色ですが、結局ドイツ機用にあるオリーブグリーンに白を少々足して明るめにしたものを塗る予定です。

"沼津祭り「P.Z.L P-23 KARAS」その4" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント