お手付きをつくろう「フェラーリF2001」その3

前回と変わり映えしない画像ですいません。

この土日は両日とも出かけたりしたため、思ったほど進みませんでした。でも毎日少しずつでも進めています。

あとはウィング、タイヤ、小物を付ければ完成というところまできました。
画像


インダクションボックスは相当前に塗装も終わってました。
上部を外すことができるので、インストでは中も塗装する指示がありましたが・・・
画像


見るほどのものでもないし、どうせ完成したら見ないと思うので、中は塗装せずに上部を接着しちゃいますた。
画像


ホイールとエキゾーストマフラーはサフを吹いて、ガイアのEXブラックを塗装後にクレオスのクロームシルバーを塗装しました。
エキゾーストはこのあと少々焼けの表現をしてからエンジンに接着です。
ちなみにこのマフラーの出口はカウルの出口の穴に合うように調整しながら接着する必要があります。
画像


今回は研ぎ出しで角を出してしまったところ多数!
フロントの翼端板も数か所タッチアップです
画像


先日ウレタンが一部剥がれてしまい、ウレタンを塗り直したこのパーツですが、研ぎ出しをしなくてもテロテロの艶になりました。でも一応研ぎ出しするかも…
画像


インダクションポッド両脇につく角のような小さなウィングも接着しました。
画像


ところで、一つ重要なパーツがありません。
それは形状が似ていたのでこの作例に使っちゃったからです。カスタマーサービスで注文しないといけません。

さて、いったいどのパーツでしょう?
画像


正解の方には 当たりぃ! と言ってあげましょう(笑)

9月12日発売のオートモデリングVol.27で、このスタジオ27のブラウンGP BGP001とエブロのロータス72Cの作例を担当させていただきました。
発売日にはぜひお手に取って、そしてレジへ

さて、次回辺りで完成した姿をお披露目したいものですが・・・

"お手付きをつくろう「フェラーリF2001」その3"へのコメントを書く

お名前:
ホームページアドレス:
コメント: