模型制作代行引き受けます。詳細は近日!

シルエットフォーミュラ―祭り「タミヤ1/20 クレマーポルシェ935ターボ」#14 完成

皆さん、こんばんは。

クレマーポルシェ935ターボ完成しました!
画像


でわ、完成までをご覧ください。

まずは懸案事項だったリア右側のインテーク。
ここはメッシュになっているんですが、プラパーツは軽くメッシュのモールドがあるだけです。しかしこのままでは何ともしがたいので、何とかしたいところです。

しかしいい方法が見つからず、工作は最後に回しました。
で、プラパーツにまずはお湯まるで型を取り、その出来た雌型とプラパーツでメッシュを型押ししてみました。
最初はエポパテで作ったコピーを一回り小さく削って、これにメッシュを押し当てて作ろうとしたのですが上手くいきませんでした。
画像


画像


型から外したら形を整えて出来上がり。
そしてメッシュを留めている枠は0.3mmのプラ板で作りました。
画像


インストではこの枠はボディカラーとのことなので、同色で塗装します。
画像


ボディに接着したら、リベットを埋め込みます。
画像


リベットを埋め込んだら、裏側からメッシュをはめ込んでエポキシボンドで固定して完了。
画像


ワイパーはアームが長すぎて先端がウィンドウの外にまで出てしまうので、アームの一段細くなる部分(実車では平たい板状のところ)でカットし、長さを詰めて再接着しました。

キルスイッチなどはエバグリや金属線で自作しました。また、ボンネットの中央には空気取り入れ口があって穴が開いているんですが、キットはプラが厚く、また硬いため穴開けはせず、ハセガワの艶消し黒フィニッシュの細切りを貼っています。
画像


またワイパーの根元には三角状の風除け?があるようなのでプラ板で自作しました。
画像


次にこれも懸案事項だったマフラー!
画像


ここはキットのままだと太い方のマフラーがボディにガッツリ干渉します。
そこで仕方なくマフラーを数ミリ下げることにしました。
画像


画像


画像


これでボディと干渉しなくなりました
画像


それからリアサイドのインタークーラーです。
ここはメッシュを付けましたが、そのままでは筒抜け状態なので、ジャンクパーツ(たぶんタミヤ312Tのオイルクーラー)でインタークーラーをそれらしくデッチアップしました
画像


画像


リア最後部のスポイラーは、製作当初に切り飛ばしましたが、0.3mmプラ板で自作しました
画像


さて、いよいよボディとシャーシを合体です。
しかしなぜかシャーシを付けるとボディに対して斜めになり、ちゃんと付きません。
もしやと思い、マルティニポルシェのボディ後部の受けと、もう1個の手持ちのクレマーの受けを比較確認してみると・・・
画像


マルティニポルシェ
画像


画像


クレマーポルシェ
画像


画像


ご覧のように、マルティニとクレマーではなぜか受けのコの字が逆になっています。一方シャーシは共通です。
このシャーシの左右の出っ張りは大小になっているのですが、マルティニだとシャーシはちゃんと中心にきますが、クレマーではシャーシが右側にずれてしまいます。

ここはシャーシの大きい方の出っ張りを少々カットして、小さい方の出っ張りに接着して修正しました。
これからクレーマーポルシェを作る方は注意しましょう。
しかし昔のキットとはいえ、タミヤさん大チョンボですな。

最後にこれもどうしようか迷っていたロールバー。
実はボディをのせると、意外にロールバーの高さが低いことが判明しました。これに前部のロールバーを自作しても、かなり下がった状態になってしまい、見栄えが逆に良くないのでそのままとしました。
ここはちゃんと作るなら、ロールバー全てを作り直さないとダメですね。
画像



では完成画像です
画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像



タミヤ1/20 クレマーポルシェ935ターボ
製作開始:2013年1月6日
完   成:2013年8月17日
価   格:¥2200(再版価格)

仕様D.UPパーツ:ST27/ポルシェ935用エッチングセット、モデルファクトリー・ヒロ/シートベルトセット、メーカー不詳/黒い金網(#80)、ジャンクパーツ等

今回はシルエットフォーミュラ―祭りに便乗して、長年作りたかったクレマーポルシェを作ることができました。この場を借りて祭りを盛り上げてくださったドカ山さん、そして参加者の方々にお礼申し上げます。

このキットは初版が1978年ですが、私が製作したキットはたぶん10年ほど前に再版されたものです。
ボディカラーに関しては、Racing On誌のシルエットフォーミュラ―特集の実車を参考に塗料を調色しましたが、もう少しグリーンを強くした方が良かったかなと反省。
ブログの画像では、青みが強いですが、実際はもう少しグリーンがかっています。なので、もっとグリーンを強くしておけば画像でもそのように写ったかなと・・・

ちなみにモデル化された実車は、当時最後は大クラッシュしたそうで、Racing On誌の実車は、そのあとに作られた2号車だそうです。
そのため細部が微妙に違い、製作の際はキットとの違いに惑わされました(笑)
またプラが非常に硬くもろいため、製作の際には細いパーツや薄いパーツには注意が必要です。
しかし完成するとやっぱカッコイイですね(自画自賛)

ではまた!

"シルエットフォーミュラ―祭り「タミヤ1/20 クレマーポルシェ935ターボ」#14 完成" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント