レベル1/25 `40Ford Standard Coupe製作記#6

今年に入って初!の‘40フォードクーペです。

当初は赤とんぼの目途がついたら再開するつもりでしたが、赤とんぼを2機同時に手をつけてしまったため、なかなか他のものまで手が回りません。
しかも静岡アイテムの紫電にも着手してしまったので尚更です。

しかしちょっと手が空いたときにインテリアの塗装に手をつけました。

いろいろネットでインテリアの色使いを研究したのですが、どれもマチマチでよく分かりません(爆)
なのでシートなどは赤とアイボリーホワイト、天井や床はブラウン系にすることにしました。

まずボディ内側の天井、フロアなどをマスキングしてレッドブラウンで塗装しました。
本来ボディの塗装をする前に内側の塗装をやっておけばマスキングも楽だったんですが、色も決めていなかったし、何とかなるだろうというノリで先にボディ塗装を行ってしまいました(笑)
なので、マスキングが面倒・・・
画像



この車は前席はベンチシートで後席は小さなシートが左右にあるだけです。
前席の足元にフロアマットがあり、後部とモールドが違いますのでこの部分で前側は黒、後ろ側はレッドブラウンにしました。
画像


シートはこんな感じですが、っちょっと艶あり過ぎかな。
あとで艶調整のクリアーをオーバーコートします。
画像


仮組みしてみたところです。細かい部分(ドアハンドルなど)はまだ塗り分けしていません。
画像


このフォードも室内さえ終われば、あとはボディ関係だけです。
ボディはまだ最終的なクリアーコートはしていません。実はクリアーに何を使うか迷っているところです。

普通にガイアのEXクリアーを塗装して研ぎ出しをするか、ウレタンクリアーGP2を使うか・・・
このGP2は研ぎ出しせず吹きっぱなしのタイプのウレタンです。
昨年オートモデリングVol.29で製作したフェラーリ312T2に使用した残りなんですが、下地さえちゃんとしていれば結構きれいなクリアーコートになるのでそれもいいかなぁ・・・と。
但し埃などをかんだ場合、その処理に研ぎ出しするのは塗膜がかなり固いのでほぼ出来ないのが難点。

ウレタン系の塗料はGP1は1台塗るほど残っていないし、精密屋のウレタンも同様。なのでウレタンで塗るとしたらGP2しかないんですよね。


なにはともあれ、このフォードクーペもできれば静岡に持ち込みたいので、5月までには完成させたいですな。

さて、赤とんぼの塗装じゃ!

ではでは!

"レベル1/25 `40Ford Standard Coupe製作記#6" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント