コルベット&マクラーレンのレストア

この前のタミヤモデラーズギャラリーのコンテストに、ロータス72Dを出品したのですが、その際ベースに固定したので、返却されてからその置き場所に困っていました。

というのも、以前はショーケースに49Bや312T2と並べて縦に入れていたのですが、ベースを付けたので縦では入りきらなくなったからです。
画像


ということで、ショーケースの中を整理し、入れ替えをして72Dはケースの一番下の棚へ移動しました。

その際ついでにモノグラム1/12のコルベットとタミヤ1/20のマクラーレンMP4/7のレストアをすることにしました。
実は前から気になっていて、そのうちやらなければ…と思っていたんです。

で、まずはコルベット。
艶が落ちていたボディにコンパウンドを掛けて、最後はコーティングポリマーで仕上げました。

そしてドアミラーがステーとミラー部分がもげてしまい、また作った当時のままのメッキで成形の際のヒケが目立っていました。
そこでメッキをキッチンハイターで落とし、ヒケを黒瞬着で埋めました。
画像


ミラー本体とステーは真ちゅう線を埋め込んでガッチリ接着。
画像


画像


ガイアのEXブラックで塗装し、メッキシルバーNEXTで塗装。
画像


画像


また紛失してしまい長らく無くなった状態だったアンテナは、手持ちのICチェッカーのピンをそれらしく加工接着しました。
画像


改めてデジ一眼で撮りなおしたのでご覧ください。
画像


画像


画像


まぁ、元々かなり昔に製作したものなので、研ぎ出しもイマイチだし、アチコチぼろいですが、艶はある程度良くなったし、全体的な見栄えもましになりました。

お次はマクラーレン!
画像


こいつは以前オートモデリングの作例で製作したもので、その当時はまだデカールの上からクリアーコートするのは今ほど一般的ではありませんでした。
なので塗装はクリアーコートしてありますが、デカールはその上から貼っただけ。。

おかげで、デカールはこんな状態だす
画像


シャーシはそれなりに手を加えているので、捨てるのは勿体ないなと・・・
画像


そこで試しにデカールを爪でゴシゴシしたら、わりと簡単に剥がれてくれます。
画像


とりあえずカウルだけざっと剥がしました
画像


これなら何とかなりそうなので、昨日TABUデザインのデカールをポチリますた
届いたら貼り直して、出来ればクリアーコートもしたいなと思ってます。

問題はウィングや、サスペンション関係が上手くばらせるかですが、ま、チャレンジしてみてダメなら貼りっぱなしにするしかないですね。

ではまた!

"コルベット&マクラーレンのレストア" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント