エアフィックス1/72 ショート・ツカノT.1製作記 #2

ちょっと間が空いてしまいました。

さて、各所の豪快なすき間やギャップを修正します。

胴体下の主翼との接合部ですが、ここはフィレットから続くラインと胴体とに段差が付いています。これは実機がそうなっているからのようですが、キットは合いが悪いため、このラインが綺麗に繋がりません。
そこでパテ埋めしてからラインを再生しました。
画像


画像


主翼はエルロンから端部分にかなりのギャップが生じます。
また後縁もかなり厚いため、思い切ってパテを削るときに後縁も削って薄くシャープに整形しました。
画像


画像

ただ、削る時に動翼の作動索なども一緒に削ってしまったので再生しないといけないですが、まぁ、仕方ないです。

それから主翼の前縁には小さなフィン(スポイラー?)があるんですが、厚いうえに合わせ目の処理の際邪魔だったので切り飛ばし、新たに0.3mmのプラバンで再生しました。
画像


画像


前脚カバーは後ろ部分は閉じた状態になっていますが、縁が厚かったので薄く修正
画像


画像


胴体底面中央にはエアブレーキと思われるのがあるんですが、これが胴体側の窪みとカバーが全く大きさが合いません
しかも窪みの縁はかなりダルダル!
画像


画像


インストでは、開閉を選択するようになっていますが、この状態では、どっちにしても変です。窪みの方が大きすぎます。
ということで、ここはプラペーパーを窪みの縁に貼って大きさを調整します。
画像


画像


周りにパテを盛って整形中
画像


コクピット前後のキャノピーとの合いも良くなかったので修正
画像


画像


しかしこの透明度の悪さは磨けば何とかなるとして、気泡はどうしようもないですねぇ。
画像


このままこのパーツを使うかor絞るか
面倒なんで絞りたくはないなぁ。。

もうちょっとで塗装にはいれそうです。

でも・・・

う~ん、年内完成は厳しそうです。

では!

"エアフィックス1/72 ショート・ツカノT.1製作記 #2" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント