アルファSZのレストア

今月初めにオートモデラーの集いin横浜に参加しましたが、事前のブログ上でのやり取りでMr.Mさんやyaszoさんらがアバルト等のイタ車も展示するとのことで、私も過去作のFIATアバルト1000SPバルケッタとアルファSZを持って行くことにしました。

画像


しかし1000SPの方は特に問題は無かったのですが、SZの方はFウィンドウが浮いてしまっていました。
画像


勿論完成当時はちゃんと接着してきれいな状態でしたが、あるとき(もうだいぶ前ですが)見ると接着した部分がはがれて浮いていました

このキットはAMS/TCベルグ製のレジンキットでウィンドウはバキュームパーツ。
なのでエポキシ接着剤で接着していました。
製作・完成したのは今から19年前の1997年5月。

なぜこうなったのか分かりませんが、レジンのボディが経年変化で僅かに収縮したとか、逆にバキュームパーツが変形したか・・・
ま、原因はともかく修理しないと持って行くことができません。


そこでまずはネジ留めしていたボディとシャーシを分離し、ウィンドウを思い切ってボディから剥がしました。
その際、エッチング製のワイパーは邪魔でしたので、1回外しています。
そしてボディ側、ウィンドウ側に付いていたエポキシ接着剤を除去しました。

接着剤はどちらかというとボディ側に残っていて、当然ながら硬くなっていてなかなか取れなかったため、BMCタガネを使用してレジンの肌が露出する位まで切除しました。
そして外したバキュームパーツとのフィッティングを確認すると、なぜか下部角のあたりが干渉するので少々削り込みました。

その後ウェザーストリップの周囲をマスキングして、レジンプライマーサーフェイサーを吹いてから艶消しブラックを塗装。
画像


画像


接着はウェーブのエポキシ接着剤を使い、今度はガッチリと付けました。
またどうしても接着した跡が目立つので、ハセガワのフラットブラックフィニッシュの細切りを貼って誤魔化しています。

画像


画像


最後にアバルト1000SPともどもコンパウンドでボディを磨いて、ワックスを掛けてめでたくオー集で展示できました
画像


ではまた!

"アルファSZのレストア" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント