1/43 コルベットSR-2 セブリング‘57その2

前回の続きでボディを整えています。

まずフロントグリルの格子の一部に湯流れ不良なのか欠けているようなところがあったのでパテで修正しました。
画像


画像


それからヘッドライトはカバーが付いたようになっていて、スジボリがあるんですが、左側がほぼ消えていたので再生しました。
画像


画像


また、1回サフを吹いたところ未修正のピンホールなどがありましたのでそれも埋めたりしました。
で、ここまで進んだところで、さてボディカラー等どうしよう?とネットで実車の資料を探したのですが・・・


ちょっと困ったことになりました

問題はここ
画像



なぜかキットと同じようなものが見つかりません。

シボレーコルベットSR-2で検索して見つかったのはこの2車
画像


画像


画像


パッと見は同じに見えるんですが、フロントスクリーンの形状がまるで違い、左右それぞれ別々にスクリーンが付いているようです。
カラーリングも実車は赤と青(メタリックブルー)の2種あるようですが、どちらも同じフロントスクリーンです。

また、フロントノーズにある丸いエンブレムは、赤い車はありますが、青い車の方はありません。
因みにキットはモールドがあります。

いったいどういうこっちゃ!実車とキットと仕様がぐちゃぐちゃでわけわからん!

元々キットはヤフオクで手に入れたもので、出品時から中に付属している完成写真が違う(SR-2ではなくSS)ということは記されていたものの、作るうえで問題はないということでした。

改めてキットのバQパーツを見直してみると、どうもその完成写真と同じコルベットSSのものが付属しているようです。
画像


画像


これだけなら何とかキットの形状に合わせて切り出して付けるということも可能ですが、バQパーツには真中下部にボンネットの膨らみを避ける部分のカット線があるので、そのまま切り出して付けてもこのラインは残ってしまいます。

しかもキットのボディには所謂Aピラーのような枠がありますが、実車はスクリーンに枠はありません(アクリルかポリカーボ製でしょうか)
さらにダッシュボードとボンネットからつながるボディは一体になっているようです。
いったいこのキットは実車は存在するのか疑問になってきました(苦笑)

ちなみにたまたまコルベットSSは1/18のautoart製のダイキャストミニカーを持っているので、細部もよくわかります。
画像


画像


画像

これはこれでカッコいいっすね!


さて、今後どうするか考えなくてはいけませんねぇ


キットと同じような実車資料が見つからない以上、キットをそのまま作るか、あるいは実車と同じようにするならピラーのところをカットしてダッシュボードとボディを一体化し造形、スクリーンは自作なりなんなりしないといけません。

ただキットのままで作るにしても、スクリーンは付属のバQをスルーして使うか、自作するかしないといけません。

こいつはサクッと作るつもりだったのに・・・

う~ん、マイッタのう・・・

"1/43 コルベットSR-2 セブリング‘57その2" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント