ヒロシの蜜柑山探訪 第39回「ニチモ1/20 セスナ スカイホーク172」

セイバーはあともう少しで完成というところまできてますが、ここらでちょっと一休み(^^)

久しぶりの蜜柑山探訪です。

今回は先日手にいれたニチモ1/20 セスナ スカイホーク172をご紹介しましょう。
画像


この前入手したときのブログにも書きましたけど、発売当時同じシリーズのエアロスバルを作っています(現存してません)。
懐かしさのせいなのか、なぜか最近このシリーズが無性に欲しくなり、また作ってみたいと思ったんです。

1/20というスケールなので結構デカイです。
画像


キットは両ドア開閉式、エンジンフード開閉式、各動翼可動式、脚柱は確か前脚のみサスペンション機能があったと思います。
またプロペラはモーターにより回転し、機首にある前照灯は麦球により点灯します。
画像

作るときは個の前照灯に加え、翼端灯などもLEDで光らせてみたいです。

タイヤはゴムタイヤが付属していますが・・・
画像


プラパーツもあります
画像

経年劣化を考慮するとプラパーツの方がいいかもしれないですね。

因みにパックに入っているのはタイヤの他、金属パーツや、エンジンに使用するゴムパイプなど。
画像


特にこのキットのエンジンの再現は特筆もので、シリンダーの放熱フィンは1枚1枚金属パーツを重ねて再現するのでとてもリアル。
画像


画像


モーターでペラを回転させる場合は、エンジン後部のバルクヘッドをモーターライズ用のパーツにして作ります。
つまりモーターはバルクヘッドと計器盤の間にセットし、エンジンの中にシャフトを通してプロペラに回転を伝えるという構造。
画像


但し動力源の電池は機体の外にBOXを置き、そこから機首下まで電源コードが這うという
ここも実際作るときは、ベースを拵えて、その中に電池を収納して電源線も目立たないようにしたいです。
画像


各動翼も可動式ですが、スプリングを使用しているので上げた状態、下げた状態などで位置固定は出来ないかもしれませんね。
画像


組立て説明書には実機写真も沢山!
画像


画像


このニチモの1/20のセスナやエアロスバルなどは、当時同社から出ていたカーモデルと合わせてディオラマにできるように発売されたようですね。
当時実際そのようにした人がいたかどうかは分かりませんが(笑)

さて、これ実際いつ作るかはまだ未定ですが、なるべく早く着手したいと思ってます。

ではまた!

"ヒロシの蜜柑山探訪 第39回「ニチモ1/20 セスナ スカイホーク172」"へのコメントを書く

お名前:
ホームページアドレス:
コメント: