ハセガワ1/48 ヘンシェルHS129 B-1/2 #2

例のお題の製作で忙しく、なかかプライベートものが弄れずブログの更新もなかなかできませんが、何とかネタを見つけて少しでも更新したいと思います(笑)

ということで、空飛ぶ缶切りHS-129っす!

製作開始したばかりでいきなり休止では心苦しいので、合間を見てちょっとだけ弄りました

機体各部の合わせ目の処理作業。
こういうことを少しずつでもやって進めれば、完成も早まる・・・かも?

胴体、主翼の合わせ目、カウリングの合わせ目にペーパーを掛けて、パテで継ぎ目を消します。

2機ともエンジンナセルと主翼の接合部は片側にちょっと段差ができます。
画像


胴体やカウリングに関しては、黒瞬着を使いました。
ポリパテを使わないのは、その時は綺麗に処理できても、完成して数年後に合わせ目がヒケてくることが多いからです。
なので最近胴体などの接合部のパテ処理はほとんど黒瞬着です。
画像


ちなみに胴体上面(背面)は左右でちょっと段差ができました。
これはテストショット版も市販版も両方ともなので、作り方の問題ではなさそう。
背面はほぼ平らなのですが、これが逆にちょっとの差で段差ができやすい原因なのかも。


それから翼短灯ですが、接合部の処理に邪魔なのと、どっちみちクリアー化したいので切除してφ0.4㎜の穴を開けておきました。
画像


画像


ほんのちょっとですが、今回はここまで。

次回はパテを盛ったところをペーパー掛け処理し、小物の工作などもやりたいな。。

このキット、パーツも少ないので機体の下地処理さえ終われば塗装して割と早く完成しそうですが、なかなか手を掛けれないのが辛いところです

ではまた!

"ハセガワ1/48 ヘンシェルHS129 B-1/2 #2" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント