ハセガワ1/48 ヘンシェルHS129 B-1/2 #9

大変お待たせいたしました(笑)

放置していたヘンシェルも再開です。

前回サフ吹いて機体の接合部などをチェックしていて気が付きました。

別パーツになっているエルロンを付けていないことを・・・(^^;
画像


実は勝手な思い込みで、このエルロンは塗装後に付けた方が良いのでは・・・って思っていたのです
しかしエルロンだけで塗装するにも、持ち手を付けるとこが無いし、別々に塗装する意味も無いので主翼に取り付けることにしました(笑)
画像


さて、機体の塗装ですが、B-1型とB-2型の2機を製作していますが、B-1型は上面がサンドイエローにRLM70か80またはブラウン系の斑点迷彩で、B-2型は一般的な17番ダークグリーンと18番ブラックグリーンの迷彩です。
下面はどちらもRLM65ライトブルー。
デカールはともにイーグルストライクを使用します。

↓の画像の上が箱絵と同じB-1で、下がB-2です。
画像


ところがどっこい!このイーグルストライクデカールの塗装説明では、ハセガワのB-1型のマーキングの機体はB-2となっています
さらに世傑にも同じ機体のカラーイラストがあるんですが、これはB-1/B-2となっています


いったいどういうことなんだ!?

B-1型から-2型に改修された機体ということなんでしょうか。。

本来B-1とB-2の一番の外見の違いはカウリング下のインテークの形状ですが、この辺りどういう資料によるものなのか分かりません。
でもまぁ、深く考えても仕方ないので、今回はハセガワのキットがB-1型で出しているのでそういうことにします。(笑)

B-2の実機写真は世傑に載っています。
画像


ということで、いよいよ塗装のための下準備です。
今回は暗色立ち上げでいこうと思うので、まずは全面に黒サフを吹きました。
てか、最初からグレーではなく黒サフを使えばよかったと反省(笑)
画像


次は胴体の帯や機首部のホワイトやイエロー部分を塗装しました。
画像


イエローはRLM04です。
最初は黒の上から直接吹いたんですが、やはりかなり発色が悪く途中でキャラクターホワイトを吹いてその上からイエローを吹きました。
画像


ホワイトはキャラクターホワイトを使用しました。
画像


この後マスキングして下面を塗装ですね。

ではまた!

"ハセガワ1/48 ヘンシェルHS129 B-1/2 #9" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント