ポルシェ944ターボ レーシング製作記#2

年が明けてからはこの944ターボをメインに、ヘンシェルと疾風をやっています。

上手くいけば2月3日のオー集に944ターボと箱スカを展示したいと思ってますので、しばらくは944ターボを優先します。
箱スカは一時中断していますが、あと少しで完成なので問題ないでしょう。

問題は疾風で、マイクロエース版になってからだと思うんですが、とにかく合いが悪いうえに成形も一部崩れていたりで嫌気がさしてきました。
一応進めてはいきますが、思い切って機種変更することにしました。

気分が乗らないのに作るのもどうかと思うので。。。
変更機種についてはまた後日。

さて、本題です。

シャーシはマスキングしてボディカラーのホワイトを塗装し更にマスキングしてブラックを吹きました。
画像


室内パーツは別パーツです。
ロールバーも塗装しました(まだ仮付です)
フロアには配線のモールドなどがあるのですがまだ塗り分けていません。
画像


裏面です。
ホワイトはフィニッシャーズのファンデーションホワイトです。
これから足回りのパーツを組みつけていきますよ。
画像


ボンネットのウォッシャーノズルは邪魔なので一時切除しました。
画像


リトラは開閉式ですが、閉めた状態で固定することにしました。
画像


が、これが結構厄介でした。
接着固定したもののリトラにヒケが生じていたり、ボディ面と段差が生じたりすき間が空いたりでその修正に時間を取られました。
画像


裏からプラ材と黒瞬着でガッチリと固定しました。
画像


画像


画像


リアのナンバープレート取付け穴も埋めました(説明書に指示があります)
画像


画像


ドアミラーの取付けも金属線を差し込む方法に変えるため埋めます。
画像


画像


画像


ボンネットの両端裏にはキャッチピン取付用の隠し穴があるんですが、汎用エッチングを使うのでその凹部も埋めます。
画像


ホイールはなぜかグレー成形(笑)
中心のキャップ部は4個のうち2個にヒケが生じていたので修正しました。
こういう細かいところに時間を食われます(苦笑)
画像


画像


ボディはグレーサフ(クレオス1200番)を吹いて下地をチェック後、室内側などを黒で塗装しマスキング。
ボディカラーはフィニッシャーズのファンデーションホワイトを間隔を開けて4回ほど吹きました。
画像


話が前後しますが、ドア等のスジ彫りはBMCタガネの0.15で深く彫り込んでいます。

画像

これで様子を見てOKならデカール貼りに備えクリアーを吹きます。

ただ、リアスポなど一部艶消し黒で塗る部分があるので、それをどの段階で塗るかが問題です。
クリアーコートはウレタンでやる予定なのでどういう順序でやるか思案中っす。

エンジンもほぼ組み上がりましたが、ほとんどのパーツがイモ付けに近く、他のパーツを付けるために持っていると、先に付けたパーツがポロリと取れることが頻発。
てなわけで、そういうところは金属線を埋め込んで対処しましたがとにかく組み難い・・・
画像


あとはプラグコードを追加します。
画像


この調子ならオー集に間に合うかなぁ・・・

ではまた!

"ポルシェ944ターボ レーシング製作記#2" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント