模型制作代行引き受けます!

オオタキ1/48 F4U-1A コルセア製作記#1

皆さん、こんにちは。
いよいよ今年の静岡HSでのわがブログモデラーズのお題「オオタキ48」着手です。

ご存知の通り疾風から機種変更ですが、このコルセアはオオタキ48シリーズ後期の製品のため、リベットはほとんどなく、繊細なスジ彫りのパネルラインになっています。

画像


当時の定価は\400!
画像


カラーイラストとデカール
画像


マーキングは3種です
画像


デカールは妬け等はないものの、当時のMA誌のレポではあまり質の良いデカールではないとのこと。
見た目も硬そうで馴染み辛い印象ですね。
また好みのマーキングではないので、手持ちの資料本に付いているデカールを使用することにします。

それがこのカゲロウ本
画像


F4U-1Aのカラーイラストは8種
画像


画像


画像


画像


上の8種のマーキングができるようデカールが付いてます。
実は以前タミヤの1/72を作った時にもこのデカールを使用しました。
その時の記事はコチラ
画像


インシグニアはセットされていないので、別途手持ちのイーグルストライクのインシグニアセットを使用する予定です。
画像

今のところ赤縁付の34又は29にする予定ですよ。

ところでキットのランナーのこれ!
コルセアではなく、コルセヤになってます。ウケる(笑)
画像


仮組みしてみると割といい感じですが、唯一カウリングの下の合わせ目部分に金型の改修跡なのか成形が崩れているところがあります。
画像


画像

ここは昔MA誌の記事でも指摘されていたところです。
削り取ってプラペーパーで再現すればいいかな。。

で、エンジンはかなりトホホな出来
一瞬タミヤのエンジンでもトレードしようかと思いましたが止めました。
なるべくキットそのままで軽いD.UPで仕上げます。
画像


翼端灯や着離灯を透明化し、タイヤはレジンに交換する程度で仕上げようと思ってます。

まずは翼下面のライトの透明化っす。
キットはただの丸いモールド。
またその下の小さな丸い膨らみは何だか分かりませんが、実機には無いはずなので切除しときます。
画像


ちょっと大きめなんですがジャンクパーツからちょうど良い径の透明パーツがあったので、それに合わせて穴を開けました。
画像


また反対側にある識別灯も
画像


画像


左右とも上翼裏面にキッチンテープを貼っておきました。
画像


胴体、主翼とも貼り合わせました。
画像


コクピットの写真を撮り忘れました。
まぁ、キャノピーを付けるとあまり見えないのでキットのままです(笑)
画像


サイドコンソールは実機とはかけ離れた感じなのですがこれもそのまま。
適当に色を入れて誤魔化します。
画像


胴体と主翼を合体させて士の字にしたいところですが、パネルラインが繊細過ぎて目立たないし、塗装で埋まりそうなのでまず一段深く彫り直してから士の字にします。

ところでプロペラですが・・・
画像


何やら凹みがあります。
どうやらペロペラのメーカーロゴのデカールを貼る位置をご親切に窪ませてくれてるみたい。
画像


当然埋めました(笑)
画像


コルセアを士の字にして一息ついたらモノのクルセイダーに取り掛かる予定です。
あ、どっちもヴォート社の飛行機ですな。。

ではまた!

"オオタキ1/48 F4U-1A コルセア製作記#1" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント