模型制作代行引き受けます。詳細は近日!

1/48 F-8Eクルセイダー製作記#5

久しぶりのクルセイダーです。

このキットはレドームが別パーツになっていますが、エアインテーク部分との境にすき間が生じます。
それもこれもインテーク内部のパーツの合いが悪いのが原因。

当初レドームを接着してパテで埋めて処理しようかと思いましたが、そうするとレドームが邪魔してインテークの口のところの処理がやり難くなってしまうので0.3㎜厚のプラバンを接着してすき間を埋めることにしました。
画像


プラバンは少し大きめに切って貼っているので、ペーパーで処理してパテ。
画像


同時にインテーク内の接合面やすき間もパテで修整します。
画像

この中をペーパー掛けするのはかなりしんどいですし、さらに塗装(316番)するのも難しいですがやるしかないですね。


で、これがレドームです。
確かハセガワのキットは胴体とレドームが一体で成形されてたと思いますがこのキットは別パーツ。
ピトー管はファインモールドの挽き物に変えるのでカットして穴を開けておきました。
画像


画像


実はレドームと機首部とのフィッティングにも少し問題ありで、接着後に繋がりをスムーズにする必要があります。

インテークとレドームの処理が終わったら残った凸モールドを凹にする作業を再開です。

少ないですが今日はこれだけです(^^;

では!

"1/48 F-8Eクルセイダー製作記#5" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント