タミヤ1/72 飛燕Ⅰ型丁 製作その2

考えてみればここ数年のタミヤの新しい飛行機プラモって全く作ってないんですよね。

最近買ったのは昨年の1/48の飛燕で、そのあとのトムキャットは欲しいと思いつつすぐには作れないと思い買ってません。
あとはこの前発売になったメッサーシュミットくらい。。

飛燕の前になると1/48や1/72の零戦各型まで遡ります(笑)
実はその零戦もまだ積んだままという

で、何が言いたいかというと、とにかくその組みやすさと合いの良さに感動すら覚えたからです。
どのパーツもピタリと合い、特に胴体なんかはズレないように左右の接合部に爪(ガイド)が出ていて安心して接着できます。
画像


いやぁ~ほんと凄いわ!

ということで飛燕はいよいよ塗装作業です。

キャノピーはメタルックでマスキングし胴体に仮止めし内側の色としてブラックサフを吹いておきました。
というのもコクピット内をマスキングをするのが厄介なのと、斑迷彩で多少キャンピーの枠にも迷彩が掛かるのでこの時点で仮止めした次第。
画像


また主翼にある前照灯も接着しメタルックマスキングしました。
主脚収納庫は黒サフを吹いたあと機体内部色を吹いておきマスキング。
画像


画像


いよいよ塗装ですが、今回は思いきって斑迷彩を塗装でやろうと思います。
また胴体に走るブルーのラインと後方の帯も塗装でやるので、主翼と胴体を接着してしまうとマスキングも塗装もやり辛くなるので別々に塗装します。
画像


これも驚異的にフィッティングが良いのでできる技ですね。

まずはクレオスの#1200番のサーフェイサーをエアブラシで吹きます。

最初に尾翼を赤に塗りマスキングしました。
画像


そしてもう一度赤くなった部分にサフを軽く吹きました。
画像


次は胴体に走るブルーのラインの塗装ですが今回はここまで。
先週から土日が仕事なので、いつものように休日の模型弄りができません
とりあえずはGWまでこういう状態ですので、ユルユルと進めています。

ではまた!

"タミヤ1/72 飛燕Ⅰ型丁 製作その2"へのコメントを書く

お名前:
ホームページアドレス:
コメント: