模型制作代行引き受けます。詳細は近日!

タミヤ1/72 飛燕Ⅰ型丁 製作その5

疾風も完成したので、静岡遠征前に迷彩塗装を行いました。

実は塗装中の写真も撮っていたんですが、誤って消してしまいまして・・・

ということで塗装終了後の写真だけですがどうぞ。

迷彩をエナメルで吹いた後、その保護とデカール貼りに備えクリアーをオーバーコートしています。
画像


画像


画像


画像


迷彩はタミヤエナメルのXF-16を0.2mmのエアブラシで塗装しました。
ニードルを限界まで絞り、エア圧もかなり低くして吹いています。
また塗装図を見ながらなるべく同じような模様で吹いたんですが、全く同じというわけにはいかず、雰囲気重視で似た感じになるように吹いています。

ただエナメルだと失敗したら消せるのでやり直しがきくので良いですね。

因みに時間は相当かかりました。
やり始めたのは午後3時頃からで、途中犬の散歩や夕食を挟んで終わったのが夜10時過ぎ!
めちゃ疲れましたわ

ま~結果としては72でもできなくはないですが、やはりかなり時間がかかるのと、エアブラシを限界まで絞ってもボカシの感じがイマイチかな・・・と。
もう少し迷彩をクッキリさせたかったというのが本音ですが、まぁ、これが限界かな。

でも72でここまでできれば48はもっと楽のような気がします(笑)

完成までもう一息ですが、続きは静岡後ですね。

ではまた!

"タミヤ1/72 飛燕Ⅰ型丁 製作その5" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント