1/72 モランソルニエMS406 3社同時製作記その3

3連休が始まりましたね。

皆さんはどうお過ごしでしょうか?

さて、3機同時製作ですが今回はE社(エレール)から。

実は3社の中で一番古く手がかかりそうなのがこれ。

コクピットの中は計器盤もなければ操縦桿も床もありません
そこで計器盤だけはプラバンで作ってみました。
どうせ完成するとほぼ見えないので、黒く塗るだけですが・・・
画像


画像



あ、そうそう、最近流し込み系接着剤はクレオスから出たこれを使ってます。
画像

黒いので、どこまで接着剤が流れているか分かりやすくて良いですよ。

胴体と翼を仮組してみます。
すると脚庫から中が丸見えっす!
画像

また胴体と主翼の合いあもあまりよくありません。

画像


画像


そこでとりあえずプラバンを接着してみました。
画像


画像


主翼も下面と上面の合いがヒドイ
付け根から膨らみがあるところまではガタガタっす!
接着剤もすき間だらけで効きません。
画像


そこで内側からエポパテを詰めました(苦肉の策)
画像


画像


ラダーも左右で差がでました
画像


また左側のエルロン部分はフラップと段差ができます。
画像


あまりにひどいので0.3㎜のプラバンを貼りました。
画像


固着後に削って形を整え、どうにか修正できました。
画像


主翼前縁は一度ペーパーを掛けたあとにポリパテを盛りました。
画像


ここでやっと十の字
画像


H社はシートベルトがないので、紙創りのイギリス機用でごまかしました
画像


現在3機とも十の字になり、合わせ目の処理の真っ最中ですが、E社に引っ張られて他の2機は作業待ちの状態。
画像


ではまた!

"1/72 モランソルニエMS406 3社同時製作記その3" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント