1/72 モランソルニエMS406 3社同時製作記その7

どのマーキング&塗装にするか悩んでいたE社のは、結局日の丸航空隊さん推しのドイツ軍捕獲機に決めました(ちょっと迷彩の塗り分けがメンドイけど)
つまりE社のモランもR社のデカールを使用するということです。

E社とR社は、R社の塗装図によるとどうやら下面はブルーグレーとのこと。
どういう色なんだろうと悩んでいたところ、H社の塗装図に下面を308番で塗るというのがありました。
見た目ブルーグレーと言われればそう見えなくもない(笑)

ということで潔く308番を塗ることにしました。

そしてH社の方は下面はブルーで、塗装図では20番の指示になっていたので素直にそれで塗ったのですが・・・

塗り終わって気づきますた。。

そう、これのためにフィン空のカラーセットがあったことを!

セットの中では4番がそのブルーです。
画像


20番より少し濁った感じの濃いブルーです。
結局その上からもう1回4番のブルーを塗りました。

ということで、3機とも下面の塗装をしましたが、うっかりH社とR社は写真撮り忘れてマスキングしてしまいますた。
しかもH社は上面の迷彩を塗り始めてしまうという(笑)
画像


てなわけで下面は3機とも続けて一気に塗ってしまったんですが、上面は間違えそうなので1機ごと一通り終わらせてから次にいきます。
まずは↑にも書いてる通りH社から始めました。
画像


この機体のデカールはプリント&スケールのデカールを使う予定なんですが、塗装図はキットの方を参考に塗り分けます。
というのもプリント&スケールの塗装図の迷彩の塗り分けがなんか変なので(笑)
画像


明るいグリーンはフィン空カラーセットの番を使いましたが、暗い方はキットの指示では33番(艶消しブラック)になってます。
画像


しかしR社のフィン空の塗装指示ではブラックじゃないんですね。
実際ブラックを使ったというのはちょっと信じがたい。。
で、フィン空塗料セットの番が黒に近いグリーンなので、恐らくこれがその迷彩色であろうと思います。
画像


塗り分けはひっつき虫で、仕事から帰ったら今晩塗装予定です。

H社が終わったら次はR社ですね。

ではまた!

"1/72 モランソルニエMS406 3社同時製作記その7" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント