AMT1/25 '70 1/2 Baldwin Motion Camaro #2

シャーシの塗装も終わっているので先に前後の足回りを組み立てたいと思うところですが、組説を見るとどうもエンジンを組み込んでからの方が良さそうな感じです。

ということでエンジンの塗装がほぼ終わりました。
画像


シリンダーブロックは組説ではRedと指示されていますが、どうも赤に近いオレンジみたいな色のようで、下塗りにオレンジを塗り、上塗りはそのオレンジにRedを少し足した色にしました。

最初上に付いているインテークを接着してシリンダーと一緒にそのまま下塗りのオレンジを塗ってしまいましたが、ここはシルバーということに気が付いて、慌てて引っぺがして塗り直してまた接着しました(^^;

エキマニはメッキ処理されていましたが、左右とも2気筒ずつになっているので接着しなくちゃいけないし、バリも目立つのでメッキを落としている最中です。

ヘッドカバーはキットのメッキのままですが、上からミッチャクロンを吹いてその上からガイアのクリアーブラック(所謂スモークですね)を軽く吹いています。
こうするとメッキのギラツキが落ち着いて良い感じになります。

因みにこのヘッドカバーですが、組説が間違っていて取付けが左右逆に指示されています。
仮組みしたとき変だな?と思ってパッケージの横の完成見本写真見たら、こっちは正しく付いてました。
危うく間違えて接着するところでした。。危ない危ない

さて、ボディの方も進めます。

ルーフのヒケはタミヤのイージーサンディングで。
思ったよりも深く、イージーサンディングは3回ほど盛っては削ってを繰り返しました。
何でここにヒケあるんだろうと思ったら、室内灯のモールドのせいですた

リアのBピラーのパーティングラインやトランクとリアウィンドウの間のヒケもイージーサンディングで修正しましたが、その際ピラーのモールを少し削ってしまったのでパテで再生してます。
画像


テールエンドのパネルはイマイチ合いが悪かったので十分に擦り合わせをしてから接着し、継ぎ目はやはりイージーサンディング。
画像


裏側は黒瞬着でガッツリと。
画像


ドアミラーはちゃんと付くのでそのままでも良かったんですが、穴周辺がぶちゃいくなので一旦埋めて付け方を変更します。
画像


またドアの分割線が浅かったので、BMCタガネの0.15で深く彫り直し
画像


画像


ドア全体彫り直し前
画像


彫り直し後
画像


トランクも同様に
画像


画像


リアスポの合いは〇
画像


ボンネットの四隅はちょっと丸まっていてシャープじゃないのでエポパテで修正します。
画像


一番目立つヘッドライト回りもエポパテを盛り、これからディテールを修正します。
画像


ボディはもう少し手直しに時間が掛かりそうですが、それが終われば塗装。
ボディカラーはパッケージの実車写真と同じようなグリーンメタにする予定です。

そのものズバリというカラーは出てないので作らないといけませんが、手持ちにバラッカさんが出していたアストンマーチンBDR9用のグリーンメタの塗料があったので、これに色の源3色を混ぜてみたらそれらしい色ができそうな感じ。
なんとかこれでいけるでしょう。


ところで横浜オー集に向けて、イタレリ1/12のアバルト695に着手しようかどうか迷ってます。
スケジュール的には今やってるカマロと同時進行になるんですが、実質あと49日しかありません。
1/12ということでパーツも多いし、果たして完成するのか?

う~ん、どうしましょう?
最悪間に合わなかったら静岡HSで展示してもいいから始めちゃおうか・・・
やるならもう着手しないと本当に間に合わなくなるしなぁ・・・

ではまた!

"AMT1/25 '70 1/2 Baldwin Motion Camaro #2" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント