ヒロシの蜜柑山探訪 第41回「ニチモ1/48 九九式襲撃機」

桜も開花宣言が出たりして、ここのところかなり暖かったのに今日は真冬のような寒さに逆戻りです。
午前中仕事で外に出ていたんですが、霙のようなものが降ってきてビックリです。

さて、かなり久々の蜜柑山探訪です。

前回の第40回は一昨年の夏でした。

今回はニチモの99襲撃機(九九軍偵)です。
画像


実は近々Wingsy Kitsから99式襲撃機が出るということで、「ワイのもじけたブログやで~」の0-sen殿とその話題が上りました。

0-sen殿はニチモのキットはお持ちではないということなので、紹介もかねてブログにアップしてみました

パッケージの横のイラスト
キットもこの内部構造がちゃんと再現されています。
画像


パーツ
画像


胴体内部が再現されているのでパーツはかなり多いです。
画像


このキットはニチモがプラモから撤退する少し前の最終生産版です。
画像


裏側から
画像


組立説明書
画像


画像


画像


塗装図(塗装ガイド)はたったこれだけ!
マジっすか
画像


塗装図はこれだけしかないし、デカールは透け気味のものなのですがWingsy Kitsから新たにキットが出るということで、もしかしたらサードパーティからデカールが出るかもしれないですね。

もし出たらデカールは確保しておきましょうかね(笑)

このキットが発売された当時、モデルアート誌かホビージャパン誌か記憶が定かでないですが、編集部とニチモの開発担当者を交えた対談が載っていたと記憶してます。
それだけ力を入れて開発したということなんでしょう。

まぁ、いつ作るかは分かりませんが、作るときはメーカーの開発担当者がどんな思いで作ったのか味わいながら作りたいと思います。

では!

"ヒロシの蜜柑山探訪 第41回「ニチモ1/48 九九式襲撃機」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント