アオシマ1/24 LB-WORKS R35 GT-R その8

おはようございます。

東京は土曜は雨で15~16℃、翌日の日曜は30℃越えのピーカン!と体がついていきません。
特に土曜は午前中現場で、一部屋外の仕事もあったため結構濡れてしまい、なんか昨日から少々風邪気味です

まぁ大したことはないんですが・・・

さて、GT-Rです。

先週火曜にボディにウレタンクリアー(GP2)を吹きました。
画像


画像

今回は主剤と硬化剤だけで全くウレタンシンナーを入れなかったのと、あまり厚塗りしたくなかったので特にルーフは少々表面がゆず肌になっちゃいました。

シンナー入れると流動性が良くなるので薄めに吹いても表面がつるッとしやすいんですが、硬化するまで時間が少々掛かるんです。

ということでウレタンが硬化するまで他のキットを進めつつ内装を進めました。

インパネのセンター部分を塗り分け
画像


画像


ナビの周りは半艶黒で塗り、メーターとナビのデカールを貼りました。
画像


メーターのところは0.3㎜の透明プラ板を嵌め込み、エナメルのクリアーで接着。
しっかり反射してます(^^;
実車は反射しないような透明なプラだと思うんですが、まぁいいかと。
画像


ナビの方はまだやってませんが、デカールを貼ったままだとテカテカなので後で艶消しクリアーを塗る予定です。
あとセンターのオーディオなども少しメリハリ付けたいところです。

フロアーも塗装完了。
でももう少しなにか塗り分けした方が良いかな?
リアシート真中のところはこのままでいいの?
あとで実車資料を調べてみましょう。
画像


シートとステアリングも出来ました。
ステアリングのGT-Rのエンブレムはデカールを貼ったままでテカっているので、この後艶消しクリアを塗る予定です。
画像


そんなこんなで土曜日に仕事が終わってから帰宅し、ウレタンも完全硬化したのでボディの研ぎ出しを行いました。
まずはオバフェン

ビフォー
画像


アフター
画像


今回オバフェンやボディのサイド、リアなどは比較的平滑に塗れていたのでペーパー掛けはバフレックスの#3000番を使用し、ルーフなどのゆず肌のところはタミヤの#1500番→#2000番→バフレックス#3000番を使用しました。
3000番以上は使ってません。

コンパウンドはタミヤの粗目→細目→3Mハード2→セラミックコンパウンドの順です。

研ぎ出し終了!
画像


画像


画像


オバフェンをテープで仮止めし、シャーシと合体してみました。
画像


画像


画像


ちなみに数か所カドを出しちゃいましたが、目立たないところだったので良かったっす!
画像


画像


このあとはウェザーストリップなどボディの塗り分けを行い、小物の塗装&取付です。
フロントのスポイラーやリアのディフューザーは半艶黒の塗装指示になってますが、実車はカーボンだと思います。
カーボンデカール貼るか、そのまま半艶黒(もしくはクレオスのグラファイトブラック)で塗っただけにするか迷うところですが、今回は後者で済ます予定です。

当初は7月半ば位の完成のつもりでしたが、この調子なら今月中の完成もあり得ますね。

しかしほぼ半日研ぎ出しをしていたせいか、昨日から右肩が張っちゃって凝り固まっています

では!

"アオシマ1/24 LB-WORKS R35 GT-R その8" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント