ハセガワ1/24 DATSUN 240Z BRE仕様製作記#7

室内の工作の続きです。

ドアパネルは上部に細いメッキモールがあります。
ここはミラーフィニッシュを貼ってみたんですが、一晩経つと縁が少し浮いてくるんですよねぇ・・・
実は最初に買ったやつをずっと使っていて、もしや糊が弱くなったからか?と思って前に買っておいた新品の方でやってみたんですが結果は同じ
PA240008.JPG

PA240009.JPG

ここはNEXTで塗装した方が良いかなぁ・・・
ちょっと迷ってます。

センターコンソールはこんな感じ。
シフトの後ろにあるSWはノーマルの場合は黒のままですが、BREの実車を見るとそれぞれ赤い覆いのようなものが付いてます。
う~ん、どうしよう??

シフトレバーは洋白線に変え、ノブはキットのものを木製っぽく塗ってます。
PA240010.JPG

写真はありませんが、インパネはとりあえず半艶黒に塗ってあるだけでまだそのままです。
実はダッシュボードの質感とかグローブボックスのキーホールの感じがちょっと実車と違うんですよね。
なので修正を兼ねて塗りなおそうかと。。

因みにこの「インパネ」という言葉正しくは「インストルメントパネル」です。人によっては「ダッシュボード」と呼ぶ人もいますが、本来ダッシュボードはインパネの一部の上面の部分を指すんですね。
なので模型のパーツのように全体を呼ぶときは「インパネ」なんです。

さて、ボディもそろそろ塗装作業に入りますが、その前にワイパーの取付穴を変更しないといけません。
もっともBREではワイパーは外されているので、実車のモドキ仕様の模型では付けるかもしれません。
PA180078.jpg

キットのワイパー取付穴は国内仕様になっていますが、輸出仕様で作る場合は隠し穴を開けて元の国内仕様の穴は埋めておきます。
そもそもこの取付穴は大抵どんな車種(キット)でも大きすぎるので、いつもエッチングのワイパーを付けれるように一旦埋めて小さな穴にあけなおしてます。

で、よいよ塗装っす!
サフで下地を整えたのでファンデーションホワイトを3回ほど塗装し、2日ほど乾燥させて神ヤスの#4000番で表面を均しました。
PA230007.JPG

このあとガイアのEXホワイトを1回吹いて様子を見ます。
写っていませんが、チンスポとリアスポも同時に塗ってますよ。

ではまた!

"ハセガワ1/24 DATSUN 240Z BRE仕様製作記#7" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント