KPモデル1/72 Bf108B タイフーン製作記#3

今年もあと20日ほどとなってしまいましたね。
このBf108タイフーンは完成すると思いますがマスタングはちょっと厳しいかな・・・

さて、そのBf108ですが機体の各処理が一通り終えたのでサフを吹きました。
PC090001.JPG

PC090003.JPG

一部にイージーサンディングの削り(整形)の甘いところがあったので再度ペーパー掛けました。

で、いよいよ塗装です。
まずは胴体にある白帯を先に塗装しマスキングしました。
PC100015.JPG

あ、そうそう、結局塗装&マーキングはこの塗装図の右の日本で使用されたものに決定しました。
PB290031.JPG

説明文にはオリンピックとか書いてあるので何かそれに関係した機体なんだろうということでネットで調べたら
ウィキペディアで
読売新聞社がベルリンオリンピックの写真原稿輸送のために昭和11年(1936年)8月に1機を購入、ベルリン-東京3日間の連絡飛行を企画したが、ソ連上空の飛行許可が下りず、結局船便で輸入された。国内では「よみうり6号機」として使用された。登録記号J-BACC。

ということが分かりました。

ところでこの塗装図では下面の色が「ブルーグレー」となってるんですけど、ドイツ機にも日本機にもそのような色はないんですよね。

上面は明らかに当時の日本軍機の迷彩色なので下面もそれに準じた色だと思うんですが。
なんだかよく分からないままとりあえず胴体の帯塗ってパネルラインに沿って蝉グロスブラックを吹きました。
ま、別に艶消しでも黒サフでもいいんですが(笑)
PC100021.JPG

PC100022.JPG

そして下面の塗装ですが、いろいろ考えて塗装指示とは全く違うんですが当時の日本機の標準的な塗装ということでこの色に。
PC130083.JPG

PC130080.JPG

さて、上面の迷彩塗装です。
茶系の色はダークアース、グリーン系はカーキドラヴで指示されてます。
今回はMr.カラーの22番(ダークアース)を少し赤みの強い感じに調色してまず上面に塗装しました。
PC120074.JPG

キャノピーはハセガワのアプリケーションシート A4【曲面追従半透明マスキング対応シート】でマスキングして、機体には木工ボンドで仮止めしています。
このアプリケーションシート持ってるのすっかり忘れてて、思い出して使ってみました。
ただちょっと厚みがあるのでもう少し薄いともっと良いと思うんだけど・・・

カーキドラブの方はドイツ機用の120番に赤や黒を足して少し暗めの色にしたものを用意しました。

マスキングですが、キットの塗装図は上面と左右で明細の塗り分けのつじつまが合ってないところがあります
まぁそういうところは適当につなげたり離したりして胡麻化します(笑)
マスキングはいつものひっつき虫です。
PC120075.JPG

自家製カーキドラブを塗装
PC130076.JPG

マスキングを剥がしました。
う~ん、なんだかまんまイギリス機みたい(笑)
PC130082.JPG

PC130081.JPG

ダークアースの方はクリアーの入れ方が少なかったので艶が全然違いますが、デカール貼りに備えてクリアー吹くので大丈夫でしょう。
因みにストロボを焚いて撮るとこんな感じです。
PC130077.JPG

ダークアースの方はパネルラインのところが少し黒く透けるように塗ったけどカーキドラブの方は色的にもそうはいかなかったので、この後バランスを考えて少しアレンジするようかな?

プロペラの整形も行いました。
簡易キットなのでこういうパーツは分厚いんですよね。
PC100016.JPG

これを裏表とも削って薄くシャープにしますがこれはまだ途中です。
PC100019.JPG

こっちはまだ
PC100020.JPG

で、最終的にこんな感じに(黒く塗っちゃってますけど)
PC130084.JPG

今回はここまでです。

ではまた!

"KPモデル1/72 Bf108B タイフーン製作記#3" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント