ハセガワ1/32 四式戦闘機 疾風 製作記その4

デジカメの調子が悪く、今回の記事に載せようと思っていた疾風の製作過程の写真がすべてパーになってしまいました。
塗装途中やマスキングの写真も撮っていたんですけどSDカードに記録されてないという・・・

その後デジカメはなぜか復活して普通に撮れて、SDカードにもちゃんと記録されてました。
しかし調子が悪いのは確かなので、そろそろ買い替えを考えないといけないです。

さて、そんなわけでいきなり日の丸や味方識別帯などの塗装終了です。

塗装順は、まず日の丸の白帯を塗装し、それから日の丸を塗装。
そしてそれらをマスキングして胴体の帯や味方識別帯を塗装しました。
P5250008.JPG

P5250009.JPG

さて、次は尾翼のマークと45の機番。
面倒なのでデカールを使うことも考えましたが、ここまでほぼすべて塗装でやってるのでこれもやってみます。
P5250010.JPG

通常は塗膜が厚くなるのが嫌なので、マスキングしてその形状を塗装し、機体の塗装の時は面倒ですがそれをマスキングしてます。
でもこの形状だとまずその色を吹いて、マークの形にマスキングした方が良いですね。
そうすれば機体色を吹いたときに自然にその形状が残るというわけです。

陰になる赤いラインは後で入れればいいでしょう。

まずは尾翼に黄橙色を吹いて、デカールをトレースしたマステを貼り付けるという方法でやろうと思います。

今回は画像少ないですがここまで。

でわ!

"ハセガワ1/32 四式戦闘機 疾風 製作記その4" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント