マツダ創立100周年記念タミヤ1/24 マツダロードスター(ND)その6

ボディの方は現在絶賛乾燥中ってことでインテリアの方をもう少し。

オープンカーということで、室内はなるべく手を入れたいところです。

ところで今回のNDロードスターには上げた(閉めた)状態の幌のパーツは入ってないんですね。
初代のユーノスの時は国内版のユーノスには幌、輸出版のミアータの方にはハードトップのパーツがセットされていたのに・・・
まぁ、幌を上げた状態で完成させる人は少ないから・・・ということなんでしょうか。

さて、前回デジカメの不調で撮れていなかった写真を改めて撮れるとこだけ撮りなおしましたよ。

フロアマットはこんな感じです。
使わなくなった眼鏡ケースの中にあった保護材で、元々の色は薄いピンクでした。
それをレッドブラウンに塗り、フリーハンドで縁を黒く塗りました。
P5250002.JPG

ペダルはホビーデザインのエッチングにもセットされていましたが、キットのディテールも良かったのであえて使っていません。
P5250001.JPG

シートの裏はくり抜かれていて、当初そのまま塗装してしまいフロアにセットしたら思いのほか目立つ!
もう塗装してオレンジのステッチもフィニッシュで付けてしまい乗せるだけだったのでどうしようか迷いましたが、結局マスキングをしてエポパテを充填し整形したうえでその部分だけ再塗装しました。
P5250003.JPG
メモリーカードに保存されてなかった写真に、実はこの工程の写真もあったんです。

オープンということでシートベルトはやっぱり作らないといけないでしょう。
幸いホビーデザインのセットにシートベルトのエッチングや、ベルトを差し込んでロックする部分(これなんて言うんでしょう?)のレジンパーツもセットされていたので使いました。

本来はフロアに固定されていると思うんですが(私にロドがそうなので)、シート座面の脇に接着しました。
P5250004.JPG

ベルトの素材はセットにも入っていましたが、質感がイマイチだったのでサテンリボンの2ミリ幅を使いました。
これは以前日の丸航空隊さんに教えていただいたサイトで幅や色を各種まとめて買っておいたんです。
P5250005.JPG
右側にあるエッチングはホビーデザインのもの。
ミラーのエッチングもありますが、残念ながら鏡面にはなっていないのでキットのインレットを使った方が良いでしょうね。
メーカーのマークやエンブレムありますが、シールになっていないのでキットのインレットを無くしたり、貼るのを失敗したりした時の予備という感じです。

差し込む金具はそのエッチングで、ベルトが通っているところは黒く塗っただけです。
P5250006.JPG

P5250007.JPG

で、実はこの時点が気が付いたんですが、実車ではショルダーのところにベルトのホルダーのようなものがあり、ベルトはそこを通っています。
roadster30th-02-004-520x300_LI.jpg

今回はここまで進んでいるのでスルーしましたが、次回作るときはホルダーも作る予定なので勘弁してください

室内が完成したのでシャーシに固定しました。
P5270011.JPG

たたんだ幌はカサカサな感じのフラットブラックに塗装しました。
P5270012.JPG

ボディの方は今週末辺りには磨けるかな?という感じです。
今回も最近作ったマスタングコブラのように、中研ぎとクリアー吹きを数回繰り返して割と平滑な塗装面になっています。

なのでコンパウンドだけで磨けばイケそうな感じですよ。

ではまた!

"マツダ創立100周年記念タミヤ1/24 マツダロードスター(ND)その6" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント