1/43プロヴァンスムラージュ マツダ717Cを作る#4

717Cそらまめ君はかなり放置していましたが5月半ばからゆるゆると再開しました。

前回はバQの型を作っていた途中でしたコチラ

ボディから外すときに破損した型は修正し、そしてモケデンさんがされたように凹部にエポパテを充填して均しました。


さて、問題はバQに使う塩ビ板ですが、ネットや近所のホムセンを探しても0.2mm程度の薄い塩ビ板はありませんでした。
1/43というスケールを考えると0.3mm厚ではちょい厚すぎるので、もっと薄いのが欲しいんですよね。

そんなことをモケデンさんの掲示板に書き込んだら、なんとzr-1さんからご提供いただけることに
zr-1さんとは横浜のオー集でお話したことがあるようなのですが、私は全く覚えてなくて(^^;
お互いFBをやっているのでそのメッセージでやり取りして送っていただきました。

送っていただいた塩ビ板はA4サイズの0.2mmと0.25mmの2種を大量に!
しかも無償でご提供いただきました。

zr-1さん、改めましてありがとうございました。
大切に使わせていただきますね。

ということで、とりあえず0.2mmで絞ってみました。
A4そのままでは大きすぎるので、4等分してやってみましたが1枚目は失敗してこれは2枚目。
P5170041.JPG


やはりボディのルーフの形状がΩ形なので絞るのもちょっとコツがいりますね。
また熱するのも本当は電熱器が良いんですが持ってないのでガスコンロの火を小さめにしてやりましたが、加減とタイミングがなかなか難しい(^^;

絞ったらデザインナイフの刃で型のウィンドーのラインに沿ってスジを入れ、それを目安に切り出しましたがなぜか微妙に合いません。
しかも切り出してボディに合わせるのがなかなかムズイ・・・

P5190050.JPG


上手くいったのは左側のサイドウィンドーの片側のみ。
P5190052.JPG


またフロントは形状を合わせてカットしている最中にカッターの刃で傷を入れてしまいアウト!
P5190051.JPG


う~ん、やっぱりルノーがもうちょっと完成に近づかないと落ち着いてできないなぁ(^^;
ということでこの上記の作業はもう2週間くらい前にやってました。

で、ルノーもウレタン吹いて硬化待ちということで、その合間に再度3個ほど絞ってその中で一番いいのを選び、今度は切り出すラインはマジックで書き入れますた。
P5290048.JPG


そしてモケデンさんの方法を真似てボディの内側のウィンドーの縁に沿ってエポパテを盛り、そこに切り出したウィンドーを当てました。
これはウィンドーの受けを作るため。
P5300057.JPG

ウィンドーの内側にはマスキングゾルを塗ってあります。

ウィンドーを取ったのがこの状態
P5310063.JPG


余分なところをカットし、また数ヶ所ウィンドーが浮いていたので凹状にならなかったところがあったので、そいうところはBMCタガネなどを使って一段掘り下げました。
P5310066.JPG


その最中に薄いところが欠落してしまったところも(^^;
P5310065.JPG


欠落したところや、縁が汚いところをポリパテで修整中
P5310067.JPG


これでパテを盛ったところを整形し、切り出したウィンドーと再度形状を確認したらボディの塗装に入れそうです。

ではまた!

"1/43プロヴァンスムラージュ マツダ717Cを作る#4"へのコメントを書く

お名前:
ホームページアドレス:
コメント: