タミヤ1/12 ルノーRE20ターボ制作記#15

いよいよ今日からGWですが、緊急事態宣言でどこにも行かないようにと言われてます(苦笑)
お家に籠ってプラモ作りましょ。

さてカウルの工作の続きです。
まずはサイドミラーですが、根元付近のパーティングラインを処理してプラの軸を切り飛ばします。
P4260001.JPG


カウルへの取付けを洋白線の軸打ちに変えました。
P4260003.JPG


角度もバッチリのようです
P4260002.JPG


これはサイドポンツーン内側に付くダクトのパーツです。
P4260006.JPG


ちょうど表から見えるところに押しピン跡があったので、イージーサンディングでうめました。
P4260005.JPG


P4260007.JPG


そのダクトに繋がるターボのインテークを塗装し接着しました。
P4270015.JPG


そしてアンダーカウルとミッション、マフラー、リアウィングなどを仮組みしてみましたよ。
P4270011.JPG


なかなかメカニカルで良い感じ
P4270012.JPG


ただ左右のタービンを繋いでいるバーが長すぎてたわんでいますね。
まぁ、ここは金属化するつもりだったので無問題っす!
P4270010.JPG


使うのは両端の六角ナットみたいなものだけで、バーはφ0.8mmの洋白線。
P4270013.JPG


ちょっと太い部分はφ1.2mmのアルミパイプの短切りです。
六角ナットみたいなのは穴を貫通させています。
P4270014.JPG


こんな感じです。
取付はもう少ししてからになります。
P4270016.JPG


タービンに繋がるオイルパイプのジョイント部分ですが、ここを実車を参考にD.UPします。
P4270021.JPG


228828b0678dc16b4deabc511406e24a_LI.jpg


ここはΦ0.7mmの洋白線をL字に曲げたものに変え、基部にはエバグリの六角棒をカットしたナットを入れます。
アルミパイプはφ1.4mmを8ミリほどにカットしたもの。
P4270022.JPG


キットのL字の部分をカットし、自作したパーツを差し込んでクリアーブルーに塗りました(実車は塗られてないみたいですが、アクセントとして塗ってみました)
そしてキット付属の黒いチューブ(細)の短切を入れてKAモデルスのエッチングのバンドを巻いてみました。
P4280023.JPG


P4270020.JPG


アルミパイプの部分は実車では遮熱パイプかと思われます。
このホースはミッションに繋がります。
実車はどうなっているかわからないんですが、適当にミッション側の差し込む部分もD.UPします。
P4290008.JPG


キットはこうなってますが、先端の差し込む部分はカットします。
P4280025.JPG


Φ0.8mmの洋白線を差して六角ナットの部分だけシルバーに塗ります。
P4290002.JPG


フランジはさかつうの金属パーツです。
P4290001.JPG


クリアーブルーにフランジを塗って差し込みます。
P4290003.JPG


P4280024.JPG


ミッションを仮組みして、ホースが付く感じを見てみました。
P4280027.JPG


P4280026.JPG


次はスロットルリンケージです。
ヒンジのところのディテールがイマイチなので、ここをD.UPします。
P4280029.JPG


下の部分の凸はトップスタジオの六角リベットにしました。
P4280028.JPG


ヒンジはただの〇なので、ここもトップスタジオのHEX RIVETにしますた。
P4290004.JPG


P4290006.JPG


P4290005.JPG


コクピット後ろの燃料タンク上もパーツを付けていきます。
透明なホースはブリーザーパイプです。
P4290009.JPG


この連休中にカウルの塗装に着手したいですが、前回の留めネジをICピンにする方法を模索中でなかなか進みません(なんとかイケそうなんですが・・・)
なのでそれを考えつつ、他の部分を進めてます(笑)

ではまた!

"タミヤ1/12 ルノーRE20ターボ制作記#15"へのコメントを書く

お名前:
ホームページアドレス:
コメント: