模型制作代行引き受けます。詳細は近日!

M.F.H1/24 フェラーリ250 テスタロッサ '58 制作記  #0プロローグ

皆さん、こんばんは。
毎日蒸し暑いですねぇ。

私が住んでいる市でも12歳から64歳までのコロナワクチン接種券の配布が始まり、まずは60歳~64歳の人や基礎疾患などがある人を対象に7日から受付が始まりました。
私も無事接種の予約ができ、1回目の接種💉を先ほど受けてきました

いまのところ何ともありませんが、果たして明日の朝とかどうなっているのかなぁ・・・

さて、ルノーとシェービーを立て続けに作ったのでカーモデルはちょっと小休止してましたが、そろそろ次のカーモデルにいきたいと思ます。

で、何にしようかいろいろ思案し、いよいよ、というか遂にモデルファクトリー・ヒロのフルディテールキットに着手することにしました
   ((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
P6140003.JPG


モデルファクトリー・ヒロ(以下M.F.Hと略します)のこの手のガレージキットはだいぶ溜まってきてまして、そろそろどれかに手を付けないと・・・と思ってました(^^;
で、その中のどれに手を付けようかと思案した結果、まずは手持ちの中で買ったのが2番目に古い250テスタロッサにしました。
調べたら発売は2003年頃だったようです。

価格は25,000円也!
コトブキヤさんで買ったのね。

因みに最初に入手したのは今では貴重なクライマックス(製造はM.F.H)のフェラーリ250GTO'64で、これは今から30数年前に個人売買で中古を3万位で入手したものですが、新品価格は当時¥52,000もしました


最終的にこの250GTO'64とテスタロッサとどっちを作ろうか悩んだんですが、キットの難易度が若干低い?テスタロッサにすることにしました。
なにしろこの手のガレージキットって手が掛かるうえに、経験としてはまだまだまだ浅い方なので(笑)
ちなみに250GTO'64も1~2年のうちには作りたい思います。

ではキットを見てみましょう。
ズシリと重い箱を開けると、レジンのボディやエンジンや足回りの金属パーツがプラスチックのケースに入っています。
P6140004.JPG


ボディとシャーシはレジン
P6140006.JPG


P6140007.JPG


P6140005.JPG


ボディ以外の金属パーツなどはこのプラの箱の中に。
P7110033.JPG


ボンネットやトランク、内装パーツやエンジン、足回りなどの大半の金属パーツ(材質はホワイトメタル)
P7110034.JPG


挽き物のホイールなど
P7110036.JPG


ステアリングやキャブ、ホイールスピンナー等細かいメタルパーツとヘッドライトのクリアーパーツ
P7110037.JPG


キャッチ用ベルトやコード、スプリング、テールライト、ビスなど。
P7110038.JPG


タイヤ
前後で太さが違い、トランクに収めるスペアータイヤ含め5個。
P7110039.JPG


エッチングパーツ
ワイヤーホイールは、挽き物のリムとエッチングのワイヤーを重ねて再現します。
P7110040.JPG


ウィンドウなどのバキュームパーツ
P7110041.JPG


組立説明書抜粋
P6140008.JPG


P6140009.JPG


このキットはゼッケン17か21で、ボディカラーはどちらもイエローです。
デカールは画像にありませんがもちろんセットされています。
P6140010.JPG


とにかくメタルパーツが大小多数あって、まずはその磨きからやるようでしょうね。
接着も塗装もレジン・ホワイトメタルと材質が異なるのでいろいろ考えながらやらないといけませんが、なんだか楽しそうです。
まずは資料も探さないと・・・

今制作中のMe410ホルニッセが士の字まで進んだら手をつけようと思いますのでもう少々お待ちくださいね。
ではお楽しみに

"M.F.H1/24 フェラーリ250 テスタロッサ '58 制作記  #0プロローグ" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント