模型制作代行引き受けます。詳細は近日!

プロモデラー1/48 メッサーシュミットMe410B-1制作記#1

ここ2~3日夕方になると雷&豪雨!
ウチのわんこのカカオは雷が鳴ると震えてキャンキャン鳴きだすので大変です。

「こわくないんんだよ~」と言っても理解してくれないので大変です💦
さて、八九式も完成して一息ついたのでホルニッセ始めましょう。

まずは定番のコクピットから。

コクピット内はLM66で塗装しますが、このキットは接着部ののり代が少ない箇所が多いです。

で、このコクピットは前部と後部を組んでから接着するんですが、先に前後を接着して塗装しました。
P7100005.JPG


サイドコンソールは実機写真資料を見ると黒のようだったのでマスキングしてフラットブラックに。
P7100009.JPG


P7100010.JPG


ドライブラシをしつつスイッチなどを適当に赤や黄色に塗りました。
また操縦席の座面だけベルトのモールドがあったんですが・・・
P7110006.JPG


エデュアルドの塗装済みエッチングのシートベルトを取り付けました。
P7110015.JPG


後席も同様に。
P7110014.JPG


計器盤は左右に分かれて付くタイプで、左側は差し込み軸が短かく強度的にもイマイチだったのでΦ0.8mmの真鍮線を軸にしました。
P7110007.JPG


右側の計器盤はさらに接着しろがちょびっとしかなく、セメントで接着後に瞬着で補強しました。
P7110010.JPG


P7110011.JPG


てなわけでコクピットが組めました。
P7110009.JPG


P7110008.JPG


後席後ろにある計器類はこんな感じです。
P7110013.JPG


機首の左右にある機関砲の穴は裏からパーツを接着します。
押しピン跡が完成後も目立ちそうだったので、イージーサンディングで埋めました。
P7100004.JPG


そして一応黒に塗って接着しました。
P7100006.JPG


P7110022.JPG


ですが、どうもこの穴が気に食わない!
実機の穴はもっと滑らかに軌道が作られているはずです。
そこでエポパテを詰めて滑らかになるように整形しました。
P7110020.JPG


これで胴体左右を貼り合わせました。
P7110016.JPG


水平尾翼も付けました。
P7110028.JPG


ちなみに水平尾翼の裏にはこんな刻印が・・・
もちろん切除しました
P7110023.JPG


さて、主翼です。
エンジンナセル下のダクトはバリが目立っていたので綺麗に整形しました。
P7100007.JPG


P7100008.JPG


そしてその中に入れるラジエターを塗装しました。
P7110001.JPG


接着しようとしたらここも接着しろが前後のポッチのようなところだけ・・・
これではすぐ取れそうだったのでパテで補強しました。
P7110002.JPG


P7110003.JPG


P7110004.JPG


そしてフラップの中側のパーツも接着しろが少なく、瞬着&キムワイプで補強しました。
P7110018.JPG


主翼を貼り合わせてみると、エンジンナセル横にあるインテークの口がかなり不細工
P7110024.JPG


そこでここもエポパテを使って整形することにしました。
P7110026.JPG


P7110027.JPG


P7110029.JPG


ということで、着手してから2日でここまで進みました。

ではまた!

"プロモデラー1/48 メッサーシュミットMe410B-1制作記#1" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント