模型制作代行引き受けます。詳細は近日!

プロモデラー1/48 メッサーシュミットMe410B-1制作記#4

ホルニッセは塗装に向けて最終的な詰めの段階です。

まずはスピンナー&プロペラですが、これはクイックブーストのものを使用します。

スピンナーを合わせてみました。
ほんのちょっとだけはみ出しますが、これは軸の穴を開けるときにほんの僅かズレてしまったため。
回す位置によってこうなります。
ま、仕方ないですね。
P7160005.JPG


キットのスピンナーと比べると、形状はほぼ同じですが、プロペラブレードの穴が小さいですね。
P7160003.JPG


エンジンナセルの先端のスピンナーが合わさる部分は下側が別パーツだったため段差が生じていました。
P7160006.JPG


プラペーパーを貼り、さらにパテで整えました。
P7160007.JPG


P7170015.JPG



次にこのキット一番の難所のキャノピーを胴体に仮組みしてみました。
マステで固定しないとバラバラになります(笑)
P7160002.JPG

このキャノピー、その形状からは仕方ないのですが、なんと5分割!

塗装をどの状態でするか考えたんですが、バラバラでやるより前部キャノピーは別としてまず左右を接着することにしました。
ズレないように胴体にセットして後方部分をまず接着。
P7170013.JPG


すると前方は歪んでいるためこんな状態に
左側が浮いちゃいます。
P7170014.JPG


そこを強引に合わせ、同時にアンテナ柱を挟んで接着しました。
P7170018.JPG


しかしこれ塗装どうやってやりましょうかねぇ・・・
ちなみに枠は内側にモールドされているのですが、ホルニッセって枠は内側に付いてるのか?
外側にも一部モールドがありますが、どうすればいいんだろう??

ま、とりあえず機体の方はそろそろサフを吹けそうです。

でわ!

"プロモデラー1/48 メッサーシュミットMe410B-1制作記#4" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント