テーマ:英軍機

エアフィックス1/72 デ・ハビランド バンパイア T.11 その6 完成

バンパイア完成しました~ では前回の続きから完成までを簡単に・・・ 前回は機体の塗装が終わったところまででした。 あのあと1回クリアーを吹いてからデカール貼りを行いました。 デカールはカルトグラフで貼りやすいし、スジ彫りなどの凹部にもよく馴染んで最高の品質だと思います。 シルバリングも全く発生しません{%うれし…

続きを読むread more

エアフィックス1/72 デ・ハビランド バンパイア T.11 その5

機体の銀塗装です。 当初はサフの上からそのまま吹くつもりでしたが、「待てよ、そういえば以前は下塗りにグレー吹いたよな・・・」 ちゅうことで、塗料のストックを探したら下塗り用に調色したグレーがあったのでそれをまず塗りました。 やはりサフの上に直接シルバーを吹くのと、艶ありの下塗りの上に吹くのとでは仕上がりが違います。 …

続きを読むread more

エアフィックス1/72 デ・ハビランド バンパイア T.11 その4

前回は後部キャノピー(第3風防)の継ぎ目が無いので「修正しないと」というところまででした。 ということで継ぎ目を消しました~ 第3風防は風防というより実機では胴体にハメ込まれた窓という感じです。 メーカーがどうしてこういう分割にしたのかは分かりませんが、おそらく組みやすさを重視してこのような分割になったのではないかと思…

続きを読むread more

エアフィックス1/72 デ・ハビランド バンパイア T.11 その3

本当は昨日の日曜にブログを更新したかったんですが、何だかんだと製作に集中してしまったためできませんでした。 やはり休日は何もなければ製作に重きを置いてしまうため、ブログの更新も二の次になってしまう傾向がありますね。 特に現在は3個のキット製作を並行しているため尚更時間がありません(^^; 今日は順次ブログを更新しますね。 …

続きを読むread more

エアフィックス1/72 デ・ハビランド バンパイア T.11 その2

胴体にコクピットをセットして、機首先端部にオモリを仕込みます。 インストには7gとあるので、はかりで測った量の釣り用のオモリを何とか仕込みました。 入れたのはこれだけですが、スペースの関係で潰して変形させたり、2個に切ったりと手間が掛かりました。 主翼付け根にあるインテークですが、内側にある押しピン跡により穴の形状…

続きを読むread more

エアフィックス1/72 デ・ハビランド バンパイア T.11その1

AZのチップマンクがあんまりだったので別のものにしますと宣言しましたが、いろいろ作りたいものがあって悩んだ末、エアフィックスのバンパイアにしました。 奇しくもチップマンクと同じデ・ハビランドの飛行機になりました(笑) このバンパイアは昨年あたりから作るタイミングを何回か逃していたのでこの際!ということで。 パーツ数もそ…

続きを読むread more

こりゃダメだわ!AZモデル1/72 DHC-1 チップマンク

サクッと出来そうな1/72の飛行機キットで何か良いのないかな?と蜜柑山を眺めていたら目に留まりました。 AZモデルのチップマンクです! 正式名はデ・ハビランド・カナダ DHC-1 チップマンク(de Havilland Canada DHC-1 Chipmunk)といい、タイガーモスの後継機として開発された機体です。 …

続きを読むread more

神風号&テンペスト

ファインモールドの期待の新製品「神風号」の発売が1ヵ月ほど早まって、1週間後の11月15日に出荷になるそうです。 詳しくはファインモールドのブログへ ふつう出荷/発売が遅れることはあっても早まるってのは珍しいですね。 何処かのメーカーとは大違いだ(笑) ちなみに店頭に並ぶのは17日ごろとか。 私も予約はして…

続きを読むread more

エレール1/72 スピットファイアMk.ⅩⅥe その8完成

長々とやっていたエレールのスピット! 漸く完成しました。 今回は気楽に素材を楽しんであまり手を加えないというのを念頭に製作しました。 なので、凸モールドのパネルラインもそのまま。 キャノピーの前部と後部風防のすき間もそのままですし、ピトー管もキットのものをそのまま使っています。 但し、プロペラだけは薄くシャープになるよ…

続きを読むread more

エレール1/72 スピットファイアMk.ⅩⅥe その7

皆さん、こんばんは。 11月になりました。 今年もあと2ヵ月っすよ!早いなぁ・・・ さて、スピットはデカールの貼り直し完了しますた。。 貼り直したデカールもちょっとシワがよったりしてしまいました(^^; ん~なんかこのデカールと相性良くないな・・・ さて、小物パーツも仕上げていきましょう。 脚柱…

続きを読むread more

エレール1/72 スピットファイアMk.ⅩⅥe その6

作例も2台は既に納品し残りあと1台! ということで、少し余裕が出てきたので先月半ばで休止いていたエレールのスピットを片手間に再開しました。 前回、クリアーを吹いたらデカールがシワシワになってしまったのを覚えている方もいらっしゃるでしょう。 その時はテンションもだったので捨てるのをぐっとこらえ(笑)、も…

続きを読むread more

エレール1/72 スピットファイアMk.ⅩⅥe その5 

実はこの「その5」で完成予定だったのですが、ちょっとトラブルがあって、完成は次回になりそうです。 そのトラブルとは・・・ デカールはライフライクのデカール このライフライクデカールは以前もP-47でも使用しましたが、今回も印刷がいまいちキレイじゃなく、白などは斑に透けるような感じ。 質も薄くてシワがよりや…

続きを読むread more

エレール1/72 スピットファイアMk.ⅩⅥe その4

息抜きで作っているスピットもようやく塗装が終了しました。 結局マーキングは全面ブラックの機体にケテイ! 塗料はガイアのEXブラックを使用しました。 一晩乾燥させ、翼端をゴールドに塗るためマスキング スピナーもEXブラックを塗ってからゴールドを塗装 ゴールドは以前アイアンマンに使用したGXブルーゴ…

続きを読むread more

エレール1/72 スピットファイアMk.ⅩⅥe その3

スピットはプロペラの軸を差し込むための真ちゅうパイプを機首に埋め込みました。 外径φ2.5㎜、内径φ2㎜を使用しましたが、ちょうどプロペラの軸が2㎜だったのでピッタリ! それから機関砲は内側のやつが少々出っ張り過ぎに感じたので少し引っ込めました さて、キャノピーは金型が荒れているらしく…

続きを読むread more

エレール1/72 スピットファイアMk.ⅩⅥe その2

さてさて、お題の方が塗装の塗り分けで無限ループに陥っているので、気分転換にスピットっす では前回の続き 胴体やフィレットの接合面で、ペーパー掛けで消えなかったギャップやすき間はパテで処理します。 で、機首下のエアインテークは別パーツなんですが、若干すき間が生じたので溶きパテ…

続きを読むread more

エレール1/72 スピットファイアMk.ⅩⅥe その1

某誌のお題を製作中なのでプライベートものは一時お休み…のつもりでしたが、そのお題のマスキング&塗装に疲れて、ふと蜜柑山を眺めていたら無性に作りたくなって着手してしまいました エレールのスピットファイアMk.ⅩⅥeっす! 因みにお題のマスキング&塗装ですが、以前ミツワの936でやったマルティニストライ…

続きを読むread more

エアフィックス1/72 ショート・ツカノT.1製作記 #8 完成

本来はセイバーに取り掛かる予定でしたが、気になっていたツカノを先に完成させることにしました。 ということで、ショート・ツカノT.1やっつけで完成させました(苦笑) では完成までをどうぞ。。 まず前回からの続きで、右翼の銀塗装の粒子の乱れというか泳ぎで見た目が目立つところをリカバリーしました。 薄く…

続きを読むread more

復活!!エアフィックス1/72 ショート・ツカノT.1製作記 #7

以前から告知してましたが、エアフィックスのツカノ再開します! 実は数日前からアルバトロスの合間にチマチマ弄ってますた。。 ちょうど2年前にデカールを貼ってクリアー吹いたらデカールがシワシワになり、いっきに作る気力がなくなってしまったツカノですが、やはりそのまま完成させずに放置したり捨てるにはどうにも…

続きを読むread more

SUPER MARRINE WALRUS製作記#3

皆さんこんばんは。 今回はウォーラスですよ。 胴体を左右貼り合わせました。 若干前後で反り返っていたので接着は半ば強引に(笑) 先端はすき間と段差が生じたので黒瞬着で。 しかしここで思わぬトラブル! 垂直尾翼の上部付近で左右にかなりズレが このままでは水平尾翼を…

続きを読むread more

SUPER MARRINE WALRUS製作記#2

こんばんは。 ここの所何かと忙しくなかなか集中して模型弄りが出来ません。 なので進み具合は牛歩ですが少々お付き合いください。 では前回の続きで胴体内の塗装と組み立てです。 細部の塗装はインストの通りにしていますが資料本とは若干違っていて、キットにあるボンベとかはありません・・・つーか、写真にはそういうものが写…

続きを読むread more

SUPER MARRINE WALRUS製作記#1

皆さん、こんばんは。 いよいよ先日宣言しましたクラエアのウォーラスについに着手します。 来年の静岡HSで展示したいと思っていますので、それを目標にやっていこうと思います。 キットは10年ほど前に買ったもので、所謂簡易キット。 コクピット内やエンジン等がレジンパーツで、その他はインジェクションのプラパーツになっ…

続きを読むread more

エアフィックス1/72 ショート・ツカノT.1製作記 トラブルにより終了!

今日は天気予報では曇りのち雨、でも気温は10度以上になってわりと暖かいということだったのにメチャ寒かったですねぇ。 さて、そんな天気と同様、模型の方も一気に寒くなりました まずはこれをご覧ください。 仕上げのクリアー(クレオスの181番半艶クリアー)を1回吹いたらこ…

続きを読むread more

エアフィックス1/72 ショート・ツカノT.1製作記 #6

機体の塗装が終了しました。 上面は素直に8番シルバーにクリアーを少々混ぜた飛行機用シルバーで塗装しました。 正直言って主翼前縁の塗り分けラインはテキトウです。 多分もっとキッチリ塗り分けてあるんだと思うのですが、もう面倒になってきたのでこの状態で良しとしちゃいました。 一晩乾燥させて全体に46番クリアーを…

続きを読むread more

エアフィックス1/72 ショート・ツカノT.1製作記 #5

さ~て、製作記再開です。 まずはツカノから いよいよ機体の塗装に入ります。 全体にサフを吹いた後、主脚収納庫に316番を吹いてマスキングし、ファンデーションホワイトを下面に塗装しました。 次にブルーを塗装。 使用したのはデカールの青に近似のフィニッシャーズのブライトブルーです。 下面が十分乾燥後、マス…

続きを読むread more

エアフィックス1/72 ショート・ツカノT.1製作記 #4

皆さん、こんばんは。 ベネトンの方はまだカウルのチリ合わせなどにチマチマと手を焼いていますが、一部サフも吹き始めています。 というわけで、その合間にツカノを出来るだけ進めましょう。 製作当初から気になっていたのがプロペラブレードです。 これがまた何とも酷い・・・ 表面がうねっているうえ、全体にぶ厚くて全然シ…

続きを読むread more

エアフィックス1/72 ショート・ツカノT.1製作記 #3

またまたツカノは更新が空いてしまいました。スイマセン。 パイオニアが完成間近だったのと、ブガッティの塗装もいろいろ厄介なことになっていたので放置してますた。。 さて、機体の修正はほぼ終わり、あとは削り取ってしまった動翼のヒンジなどを再生すればOKですが、ここで排気管も接着しておくことにしました。 本来は塗装後最後に付け…

続きを読むread more

スペシャルホビー1/48 Gloster E.28/39パイオニア #5 完成

Gloster E.28/39完成しました。 今年初の完成作品です。 では完成までを・・・ 脚カバーは以前も書きましたがイモ付けなので、開閉ギアを0.7×0.7mmのプラ棒ででっちあげました。 またタイヤは接地面を削ってあります。 ただ残念ながら右主脚がかなり曲がって付いていまいました

続きを読むread more

スペシャルホビー1/48 Gloster E.28/39パイオニア #4

皆さん、こんばんは。 パイオニアは完成間近なんですが、ブガッティのクリアー塗装でアクシデントがあったため、ちょっとそっちを優先してました。 ということで・・・ ではデカール貼りです。 キット付属のデカールの質はイマイチ。 ラウンデルはなんだか表面がぶつぶつしているし、イエローのは色が薄く透…

続きを読むread more

スペシャルホビー1/48 Gloster E.28/39パイオニア #3

新年1発目の製作記はパイオニアからスタートです。 今年もよろしくお願いします! まずは各所のギャップを修整しました。 まず尾翼のところはパテを盛って整形したのですが、プラが柔らかいために尾翼がぐらつくためにパテが割れてしまいました そこである程度パテを剥がして黒瞬着を使用する…

続きを読むread more

エアフィックス1/72 ショート・ツカノT.1製作記 #2

ちょっと間が空いてしまいました。 さて、各所の豪快なすき間やギャップを修正します。 胴体下の主翼との接合部ですが、ここはフィレットから続くラインと胴体とに段差が付いています。これは実機がそうなっているからのようですが、キットは合いが悪いため、このラインが綺麗に繋がりません。 そこでパテ埋めしてからラインを再生しました。 …

続きを読むread more