テーマ:米軍機

模型制作代行引き受けます!

お買い物雑記帳

皆さん、こんにちは。 恒例のお買い物のご報告ですよ 今回は2つですがどちらも米軍機。 まずは・・・ ついに来ました!ICMのOV-10Aブロンコっす! 表面には凹モールドのリベットがびっしり デカール マーキングは4種セットされてい…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

サンダーボルトおまけと【稲妻祭り】について

一昨日完成したドイツレベルのP-47Mと過去に作った同じ1/72作品を並べてみました。 左からハセガワ小改造のP-47Dバブルトップ、同じくハセガワのP-47Dレザーバック、ソードのP-47N、タミヤ小改造のP-47D-30-REです。 この中で一番古いのはハセガワのバブルトップで、85年の1月完成です。 プラバンでドーサ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ドイツレベル1/72 P-47Mサンダーボルト制作記その5 完成

皆さん、こんにちは。 サンダーボルト完成しますた! では完成までを簡単に・・・ 前回悩んでいたプロペラですが、結局キットのものを使うことにしました。 クイックブーストのは次回タミヤのレザーバックかもう1個のレベルの方に使おうかと。 で、そのプロペラの塗装です。 ブレード先端をまずイエロー(Mr.カラー…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

ドイツレベル1/72 P-47Mサンダーボルト制作記その4

土曜日は良い天気だったのに、今日は小雨模様です。 さて、サンダーボルトは迷彩の修正をしつつ、コクピット後部を塗り分けました。 マスキングしてジンククロメイト(351番)で。 そしてデカール貼を貼りました。 まだ若干小さなコーションデータが残っていますが、迷彩の暗い部分なんかは黒の文字は目立たないので省略しています。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ドイツレベル1/72 P-47Mサンダーボルト制作記その3

機体の塗装の続きです。 下面をシルバーで塗装しました。 因みに今回タミヤラッカーのシルバーにクリアーを加えたものを初めて吹いたのが⇩ しかしどうも艶が出なくて、さらに表面がざらついた感じだったので、軽く#2000番でさらったあといつもMr.カラー旧8番+クリアーを上塗りしました。 やっぱりいつもの使い慣れてるものを使った…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ドイツレベル1/72 P-47Mサンダーボルト制作記その2

サンダーボルトの2回目です。 前回サフを吹いたので接合部などをよく見てみると、数ヶ所処理があまいところがありました。 瞬着などを使って修正し塗装に備えました。 ということで塗装の準備です。 機体の迷彩色なんですが、箱絵を見るとブルー系の迷彩ですがキットの説明は分かり辛い! 下面はシルバー(たぶんナチュラルメタル…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ドイツレベル1/72 P-47Mサンダーボルト制作記その1

てなわけで、「秋の稲妻、P-47祭り」参加アイテムのP-47M制作開始です。 この前お知らせしたとおり作るキットはコチラ マーキングは箱絵のともう1種がドーサルフィン付のこれです。 デカール で、今回は箱絵のドーサルフィン無しにします。 実はこれには理由があって、もう1個の小さい箱のキットのマーキン…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

祭りだ!祭りだ!ワッショーイ!!

最近すっかり秋本番という感じで、朝晩は本当に冷え込んできますね。 数日前はいきなり11月下旬位の気温になりマジ寒かったっす このまま冬になっちゃうのかと思いましたよ(笑) さて、そんな秋にピッタリな祭りが勃発しましたよ(笑) まずは我がブログモデラーズのFBコミュニティで突如P-47祭りが始まり…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

お買い物雑記帳

みなさん、こんにちは。 先週末の土曜に話題のファインの1/72ファントムショートノーズが届きました。 今回のファントムは既に発売になってますが、少し遅れて数日前に発売されたウェポンセットと同梱にしたのでやっと手にすることができました。 タミヤさんが金型作ったフィギュア入り初回特装版っす! 実はこの間、模型店に行った時にキ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

楽しみな新製品

これから今年上半期にかけて発売される新製品。 以前お伝えしたタミヤのファントムの詳細が分かってきました。 各ランナーなど部品分割が分かります。 https://www.tamiya.com/japan/products/61121/index.html 価格と発売時期が未定ですが、上半期発売ということなの…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

1/48 F-8Eクルセイダー制作記#19完成

レベル(モノグラム)のクルセイダー完成しました。 思えばこのキットに手を付けたのが2002年9月30日! 苦節18年と7か月掛かってようやく完成です。 では最後完成までをどうぞ。 前回修正した前脚扉は再度塗装し、位置を直したアプローチライトは凹部にEXシルバーを塗ってから、クリアーレッド、クリアーオレンジ、クリア…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

1/48 F-8Eクルセイダー制作記#18

皆さん、こんばんは。 今日は暖かったですね~ でも週末に向けてまた冬が戻ってくるらしいです。 ま、でもこうして寒暖差があってだんだんと春になっていくんでもうしばらく我慢しましょう。 さて、クルセイダーもいよいよラストスパートです。 では前回の続きから・・・ 機体の方のデカール貼りも済んで、あとは艶消しクリアー…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

1/48 F-8Eクルセイダー制作記#17

さて、前回の垂直尾翼の黄色帯の修正です。 MA誌の別冊に載っていたこの機体のカラー図を見てみると、尾翼の[00]がライト(航法灯?尾灯?)を避けるように小さく描いてあります。 一方デカールはというと・・・ 数字が大きいですね。 ここにライトがある関係上、数字はそれを避けて小さく描いてあるはずですよね。 ちょ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

1/48 F-8Eクルセイダー制作記#16

デカール貼りが終了しました。 エアロマスターのカルト印刷のデカールは硬く、軟化剤を何回も付けて時間をおかないと効いてこないので貼り終えるまでに時間掛かりました また一部はキットのラインと合わないところもあったり・・・ このインテークのフチのところは後でタッチアップします。 コーション類はエ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

1/48 F-8Eクルセイダー制作記#15

ここ数日暖かいですね~ こんなに天気が良くて暖かいと、ロードスターをオープンにして何処かドライブにでも行きたい気分にもなりますが、 家にこもって模型作ってます さて、それでは前回の続きです。 前部キャノピーの枠の継ぎ目消しができました。 ポリパテを盛って整形し、サフを吹いて確認。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

1/48 F-8Eクルセイダー制作記#14

前部キャノピーの修正の続きです。 先端部分の継ぎ目を消すため、窓の部分をマスキングしたんですが、なんかここで違和感 というのもハセガワのジャンク品を見てみると、左右の窓の先端はすぱっとカットされたような形ですが、レベルの方は丸い感じ。 そこで資料本などで確認すると、確かにハセガワのような感じで角ばったラインにな…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

1/48 F-8Eクルセイダー制作記#13

キャノピーのフィッティングの修正です。 前後のキャノピーとも擦り合わせをして、さらに先端部分の方を胴体側を少し削って前後ともピタリと入るようにしました。 そして隙間が空く部分にはエポパテを盛り、キャノピー側にはメンタムを塗ってくっ付かない様にしてからキャノピーを嵌めます。 こうするとすき間部分が埋められるのでパテが硬化…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

1/48 F-8Eクルセイダー制作記#12

フォールディング(折りたたみ)部分の整形がほぼ終わりました。 上面 下面 これで主翼と胴体を合体できますが、その前に確認しておくことがありました。 それはこのキットの制作記などをネットで探していたところ見つけたウェブモデラーズのある方の作品。 その方によると、胴体側面に付くサイドワインダーと翼下の爆弾のパイロン…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

1/48 F-8Eクルセイダー制作記#11

下ごしらえはもう少し続きます。 機首のレドームのところのスジ彫りを入れます。 ここは別部品のレドームと胴体とのつながりが悪く修正したところで、接着した後一旦接合部はきれいに均していますので、新たにスジ彫りを入れなおします。 因みにこんな感じでした。 1.5mm幅のマステを貼って、スジを入れました マ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

1/48 F-8Eクルセイダー制作記#10

主翼を上下接着しましたが前縁と後縁の合わせ目に若干ズレが出ていたので黒瞬着を盛ってサンディングしました。 翼下面はまだ凸モールドのままですが、レジンのフォールディング部の処理をしてから凹モールドに彫り直します。 ということでフォールディングウィングの折りたたみ部と主翼の合わせを整えていきます。 ここはハセガワ用のレジンパーツを…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

1/48 F-8Eクルセイダー制作記#9

今日2つ目の更新で~す! 明日は早朝から午前中ウェブリブログのメンテがあるとかで、閲覧は出来るけど書き込み等はできなくなるというので。 ということでクルセイダー再開です。 R34 GT-RやRX-7制作中に例のウルフパックのフォールディングウィングが届きました。 すぐに取り掛かりたかったんですが、まずはRX-7を成仏させてか…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

1/72 ワイルドキャット3社競作その11 全機完成!

皆さん、、こんにちは。 ワイルドキャット3機全部完成しますた! ではまずアクシデントで最後に残ったハセガワのキットの完成までを少々。 結局貼り直した下面のインシグニアと、キットのインシグニアの径が若干違ったので(キットの方がほんのわずか小さかったのです)、キットの方も別売のものに貼り換えました。 左主翼上面と…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

1/72 ワイルドキャット3社競作その10

皆さん、こんにちは。 今年も今日を入れて残り3日となりましたね。 予定では今回の「その10」で3機とも完成する予定だったんですが、ハセガワのキットにとんでもないトラブルが発生してしまい、そのリカバリーに時間を食われてエアフィックスとアルマホビーの2機だけがまず完成しました。 ということで、そのハセガワのトラブルです。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

1/72 ワイルドキャット3社競作その9

今年もあと数日ですね。 ところでもうご存じの方もいるかと思いますが、来年の静岡HSの合同展示会も中止だそうです 業者招待のメーカー展示だけはやるそうですが、それも今後の状況次第とのとこ。 2年連続のSHS中止は残念ですが、仕方ないですね。 再来年は開催できることを祈りましょう。 さて、まず…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

1/72 ワイルドキャット3社競作その8

R34 GT-Rの方もやっていたのでちょっと空いてしまいましたが、いよいよ3機ともデカール貼りです。 まずはエアフィックスから。 マーキングは2種ありますがラダーの赤白ストライプにしたかったのでコレ で、まずは一番不安だったラダーの赤白ストライプのデカールから貼ってみましたが・・ カルトグラフ製なんですが、な…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

1/72 ワイルドキャット3社競作その7

皆さん、おはようございます。 いや~今日の朝は寒かった~ 庭先で飼っているメダカの睡蓮鉢や発砲スチロールのメダカの水槽(今年子供がいっぱい生まれたのでこの発砲スチロールのメダカの水槽は2個あります)の表面に薄い氷が張ってました。 さて、前回は下面を塗りましたが、続けて今回はエアフィックスの上面を塗装します。 上面色はブル…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

1/72 ワイルドキャット3社競作その6

さて、ワイルドキャットの塗装です。 まずはハセガワのF4F-3からやりましょう。 以前作った旧作は下のマーキングでしたので、今回は箱絵にもなっている上の図のマーキングで作ります。 まずは胴体と主翼裏面をシルバーに塗ります。 シルバーはいつも使う8番ビン生にクリアーを混ぜたもの。 そして胴体をマスキン…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

1/72 ワイルドキャット3社競作その5

今年もあと20日ほどになりましたね。 ワイルドキャット3機を何とか完成に持っていきたいと思います。 で、3機とも士の字になったんですが、気になる細かい部分をちょっと手直ししました。 胴体背面にあるこれ 前側二つはライトですが、もう一つのパッチのようなものは本来ホイップアンテナが付くところで、アンテナが付かない場合はこのよ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

1/72 ワイルドキャット3社競作その4

ではワイルドキャット3機の続きです。 まずはハセガワ 主翼のスジ彫りの修正です。 イージーサンディングで埋めてから彫りなおします。 見辛いかもしれませんが、裏表とも完了です。 ついでに左翼裏面にある前照灯のモールドを透明化します。 ドリルでザグリをいれてエナメルのクロームシルバーに…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

1/72 ワイルドキャット3社競作その3

パーシヴァルプロクターも完成まで秒読みとなってきました。 これが完成すればワイルドキャットにも本腰を入れられるのでさらにスピードアップしたいと思います。 さて、ハセガワは既に胴体を貼り合わせましたが、エアフィックスはやはり脚パーツを組みこまないと後からでは入れられそうにありませんでした。 なので、説明書通り胴体を貼り合わせると…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more