テーマ:古い国産車

マツダ創立100周年記念 モノグラム/レベル1/24 RX-7(SA22C)製作記#9

F-5Eももう少しで完成ですが、RX-7も少し進めました。 白いプラのレベル版の方で説明していますが、基本的に赤プラのモノグラム版も同じ作業をしています。 バンパーの両端にあるゴムのバンプラバー?ですが、右側のエッジの成型が崩れていますのでパテで修整 また同時にモールの上側の境目もクッキリとさせておきます。 …

続きを読むread more

マツダ創立100周年記念 モノグラム/レベル1/24 RX-7(SA22C)製作記#8

さて、今回はカスタム仕様(赤ボディ)の足回りの調整とタイヤ&ホイールの選択です。 キットのホイールはスピードスターMk.Ⅲっぽいのが付属していますが、タイヤはそのままノーマルバージョンのものを使い、ホイールもシャフト部分で外側へ出し、オーバーフェンダーのツラに合うようにしていますが、リムも浅くてイマイチです。 そこでこれは変…

続きを読むread more

マツダ創立100周年記念 モノグラム/レベル1/24 RX-7(SA22C)製作記#7

本日2回目の更新ですう~ 前回の続きでフロントのウィンカーの工作です。 前回お見せしたアオシマのケンメリの不要パーツの一つを使うことにしました。 使うのはコレ。 2個あって、1個で左右2個分作れそうなので、合計4個の2台分できそうです。 ただそのままでは形状が合わないので加工します。 とくに断面はカマ…

続きを読むread more

マツダ創立100周年記念 モノグラム/レベル1/24 RX-7(SA22C)製作記#6

ここ数日梅雨の中休み(というには早いと思うけど)なのか、晴れた日が続いていて暑いっす! でも週末にはまた天気がぐずつくようです。 梅雨の時期は塗装に適していないとは言うものの、湿度が高いので塗装物に埃が付きにくいという利点もあるんですよね。 いやはやなかなか難しいですね(笑) さて、今回はRX-7のエンジンの工作の続きで…

続きを読むread more

マツダ創立100周年記念 モノグラム/レベル1/24 RX-7(SA22C)製作記#5

依頼品が終わったので久々にRX-7再開です。 AFVクラブのF-5Eの前から少しやっていたんですが、あまり進んでいなかったのであとになってしまいました。 さて、シャーシですが、前回フロント部分を少しカットしてこれで大丈夫と思ったんですがダメでした。 というのも、ボディの前後方向の開口部より、全然シャーシが長いんですよね{%最悪…

続きを読むread more

マツダ創立100周年記念 モノグラム/レベル1/24 RX-7(SA22C)製作記#4

依頼品の1/32の疾風が来るまでRX-7を進めます・・・が、明日(9日)の夕方には届く予定です。 で、もしかしたらこの2台のRX-7はひとまず置いといて別のマツダ車を始めるかもしれません。 実はFBで参加しているグループでちょっとした祭りが始まりまして、その完成品投稿の〆切が6月5日なんです。 まだ考え中ですが・・・ う…

続きを読むread more

マツダ創立100周年記念 モノグラム/レベル1/24 RX-7(SA22C)製作記#3

RX-7はここ最近放置状態でしたが、一つ目の作例&プライベートの1/72の隼が完成したので、次のファインの隼が来る前にちょっとだけ弄りました。 因みにファインのキットは今晩届く予定です。 ということでかなり前に行っていたことと今回の作業をアップしますね~ これはもうだいぶ間にやった作業で、前回の続きでエンジンのオイルパンを…

続きを読むread more

タミヤ1/12 日産フェアレディ240ZG#32

志村けんさんが亡くなってしまいました・・・ きっと回復してまたお茶の間から笑いを届けてくれると思っていたのに。 本当に残念でなりません。 悲しいなぁ 政府は長期戦を覚悟してほしいと言ってますが、いつまでなんだろう? 半年?1年? 誰にもわからず、先が見えないこの状況・・・ 頑張るしかないん…

続きを読むread more

タミヤ1/12 日産フェアレディ240ZG#31

エンジン関係に区切りがついたので、室内の工作へ。 まずはフロアです。 フロアやドア内張などは窓枠と同じ軟質プラでできています。 これ塗装が問題で、普通に塗るとすぐ剥げてしまいます。 旧作では何も塗らずにそのまま使っていたんですが、やはり塗装して質感をUPさせたいですよね。 そこでモケデンさんが行った、ボンドGク…

続きを読むread more

タミヤ1/12 日産フェアレディ240ZG#30

240ZGの製作記もついに#30になっちゃいました(^^; いったい完成まではいくつになるんだ? この土日はちょっと買い物に出かけたりしましたが、ほとんどこのZの工作に費やしました。 おかげでどうにかエンジンルーム内の工作はほぼ終了しました。 ではそこまでを追ってご説明しましょ。 今回はちょっと長いよ~ まずは何…

続きを読むread more

マツダ創立100周年記念 モノグラム/レベル1/24 RX-7(SA22C)製作記#2

ボディの下ごしらえですが、パーティングラインやヒケが多く時間が掛かってます。 240ZGの片手間に空いた時間を見つけてやっているのでさらに時間が掛かってます(^^; まずは定番のフェンダー薄々攻撃っす! こんなもんかな。 Aピラーの付け根のFフェンダーの分割部がかなりガタガタです。 まずはこうい…

続きを読むread more

タミヤ1/12 日産フェアレディ240ZG#29

今日はあの日から9年。 現在再びまた自粛の日本。 何だか気分も重くなりますが、趣味だけは楽しくいきたいものです。 いろいろ作りたいものが沢山あるんですが、240ZGが完成しないとなかなか次へ行けません。 先日着手したRX-7もまだ片手間に空いた時間にちょこっとやる程度だし、そろそろ飛行機も新しい箱開けたいし… 気ばかり…

続きを読むread more

タミヤ1/12 日産フェアレディ240ZG#28

コロナウィルスは全く終息の兆しがありませんね。 国内はもとより、アメリカやヨーロッパの方で爆発的に広がりつつあるとか・・・ う~ん、いつになったら終息してこの自粛ムードが終わるんでしょう さてと・・・ 続けてまずはブレーキラインの工作です。 ここもモケデンさんのZを参考にさせていただきました{%笑…

続きを読むread more

マツダ創立100周年記念 モノグラム/レベル1/24 RX-7(SA22C)製作記#1

お待たせしました~ タミヤのZもようやく目途がついてきた感じなので、いよいよRX-7始めすわよ! 因みに240ZGの方は現在マスターシリンダーからのブレーキの配管の工作中で、もうちょっとしたら更新しますね。 さて、蜜柑山にあるSA22Cはモノグラム初版(たぶん)と最近再版されたレベル版、あとタミヤのが…

続きを読むread more

タミヤ1/12 日産フェアレディ240ZG#27

新型コロナのせいで世の中がちょっとしたプチパニックになってますね。 デマに踊らされてトイレットペーパーやティッシュを買い漁る人たち、それをいいことにネットで法外な値段で売りつける輩などなど。 幸い我が家は普段からトイレットペーパーやティッシュは多めにストックしてるので今後1ヵ月くらいは大丈夫です。 マスクもとりあえず買い置…

続きを読むread more

タミヤ1/12 日産フェアレディ240ZG#26

毎年楽しみにしている年一回の模型の祭典「静岡ホビーショー」が中止となりました まぁ、こういう状況だから仕方ないとはいえ・・・ 悲しい・・・ 悲しすぎるぅ~~~~ はぁ~~~ まぁ、決まってしまったことはしょうがないですね。 さて、気を取り直…

続きを読むread more

タミヤ1/12 日産フェアレディ240ZG#25

キャブのフューエルラインの工作です。 まずは本管を2mmのプラロッド(ウェーブのグレーのやつ)で作りました。 塗装はガイアのEXシルバーです。 端の一段太いところは2.5mmの真鍮パイプをはめています。 各キャブに行くジョイントはトップスタジオのレジンパーツ。 エンジン本体のインマニのボルトに共締めという付け方だろ…

続きを読むread more

タミヤ1/12 日産フェアレディ240ZG#24

コロナウィルスの拡散が止まりませんねぇ。 政府はこの1~2週間が山場ととらえているようですが・・・ やはりこのままでいくと静岡はかなりヤバイような気がしてきました。 どうなるんだろう? さてと・・・ 注文していたトップスタジオのホースジョイント諸々が届いたのでキャブ周りの工作を再開です。 フューエルラインの取…

続きを読むread more

タミヤ1/12 日産フェアレディ240ZG#23

キャブのリンケージの工作が続きます。 まずはインマニの上にあるシャフトに付くアームを作ります。 最初はプラ板で作ろうかと思い1.2mmのプラ板を細切りにしてみたんですが、どうもフニャフニャしてるので金属で作ることにしました。 しかし手持ちの金属帯板は洋白も真鍮も一番厚いのが0.4mm。 なので2枚を重ねてハンダ付けしまし…

続きを読むread more

タミヤ1/12 日産フェアレディ240ZG#22

すでにお知らせしたように、横浜の「オートモデラーの集い」が中止となりました。 元々この240ZGは未完状態でも展示しようと思っていたのでちょっと拍子抜けしてしまいましたが、次は静岡に向けて完成した姿をお披露目できるように頑張りたいと思います。 あとは静岡HSが無事開催されることを祈るのみですが・・・ さて、スロットル関係の…

続きを読むread more

タミヤ1/12 日産フェアレディ240ZG#21

今日の関東は雨。 ここ数日春のような温かさですが、今日はちょっと寒いです。 またもう花粉が飛んでいるようで、最近鼻がムズムズしますです これから本格的に花粉が飛ぶのかなぁ~やだなぁ ところで実家の方に置いてあるMAのバックナンバーの70年代初めの方を見ていたら、タミヤの240ZGの広告がありました…

続きを読むread more

タミヤ1/12 日産フェアレディ240ZG#20

この240ZGの製作記もついに#20となりましたが、まだまだ完成には程遠い状況です(^^; 2月も半ばに差し掛かっているので、オー集はもう完成した姿は無理ですね とはいえ、コツコツとやっていかないと完成しないですからがんばりましょう。 ということで、前回の続きでフロントスポイラーです。 前回…

続きを読むread more

タミヤ1/12 日産フェアレディ240ZG#19

皆さん。こんばんは。 今月に入って2日の日曜、8日の土曜と仕事に出たので、飛び石連休の今日は休みを取りました。 なので明日まで3連休っす! さて、フロントスポイラーです。 大まかな形にプラ板を接着して、そこにエポキシパテを盛りつけました。 硬化したところで、Rボコを使って形を整えていきます。 …

続きを読むread more

タミヤ1/12 日産フェアレディ240ZG#18

ボディの方はフロントスポイラーをどうしようか思案中ですが、一応やる方向で考えてます。 どっちみちもうオー集には間に合わないだろうし、どうせならやってみようかな?と で、ボディ関係でうっかり忘れていたのがリアバンパーです。 パーツは3分割になっていますが、その接合部はかなりメクレが酷い・・・ …

続きを読むread more

タミヤ1/12 日産フェアレディ240ZG#17

この週末、土曜日は休みでしたが日曜は仕事だったので模型は思ったより進みませんでした。 でも少しずつでも進めていかないとですね。 では引き続きボディ周りの工作です。 ボンネットのストッパーバーを保持する受けを洋白帯板を曲げて作りました。 バッチグーっす! しかしこのボンネットのストッパー一式を追加したのは…

続きを読むread more

タミヤ1/12 日産フェアレディ240ZG#16

早いもので1月も今日で終わりですね。 ここ数日温かくて1月とは思えないような感じでしたが、この先はどうなんでしょうね。 さて、明日から2月ということはオー集まであと1か月ちょいということです。 この調子でいくとマジで240ZGは間に合いそうにありません。 とりあえずこのまま進めて、オー集ではその時の状態で展示ということになる…

続きを読むread more

タミヤ1/12 日産フェアレディ240ZG#15

昨日から大雪になるかもしれない!とTVのニュースでやってましたね。 いつものように東京多摩地域は八王子駅からの中継でしたが、結局雨で全く雪は積もらずでした。 でも箱根とか富士五湖周辺は大雪みたいですね。 さて、まずは前回発見したバンパー下部の膨らみ不足ですが、結局光硬化パテで少しボリュームを付けてみました。 …

続きを読むread more

タミヤ1/12 日産フェアレディ240ZG#14

今日も曇りがちな東京の空ですが、日曜あたりから天気が悪く、予報では⛄のマークも… いまのところ雨か雪で雪でもちらつく程度で積もらないらしいですが、一歩間違えると大雪になるかもしれないと言う天気予報士もいたりして気が気ではありません。 さて、そんな今日この頃ですが240ZGは粛々と進めています 結局ボン…

続きを読むread more

タミヤ1/12 日産フェアレディ240ZG#13

1月も1/3が過ぎてしまいました。 今月中にはボディに目途をつけたいと思ってますが・・・ まずはルーバーを抜きました。 やはりこのスケールだと抜かないわけにはいきませんよね 裏からルーターで削って抜きました。 次はいよいよ窓枠の工作です。 まずはウィンドウパーツのフィッティングを確認して擦り合わせなどを行…

続きを読むread more

タミヤ1/12 日産フェアレディ240ZG#12

ボディワークの工作に飽きてきたのでロッソさんのワタナベホイールを塗装しますた。 レジンなのでガイアのレジンウオッシュで離型剤を落としてからミッチャクロンを吹き、その上からクレオスのプライマーサーフェイサー1000(グレー)を塗ってからガンメタを塗っています。 ワタナベの場合ガンメタといってもかなり黒に近くシルバーの粒子は…

続きを読むread more