テーマ:日本軍機

タミヤ1/72 飛燕Ⅰ型丁 製作その4

味方識別帯のところの機関砲の赤いところを塗装します。 ここもデカールをコピーしたものを貼り付け、左右の<>をカットしました。 赤は尾翼と同じガイアのブライトレッドっす。 でけた! いよいよ機体全体の銀塗装です。 シルバーは旧8番(大瓶)にクリアーを足したものです。 1日ほど乾燥させて今度は…

続きを読むread more

マイクロエース(オオタキ)1/48疾風 製作記#4

さて、このキットはキャノピーが使い物にならないため、ハセガワのキャノピーを使用するんですが、第一風防が胴体と合いません。 実はハセガワのキットを見ると分かるんですが、胴体と風防の接合部は胴体側が盛り上がっているんですよね。 ということでパテでその部分を作りました。 マスキングテープでガイドを作りそこにパテを盛っていきま…

続きを読むread more

タミヤ1/72 飛燕Ⅰ型丁 製作その3

前回の続きで、まずはブルーのラインを入れます。 デカールをカラーコピーして切り抜いたものを両面の小片で貼り、位置と幅等を確認してマスキングしました。 そしてブルーをぶしゅ~と(笑) ブルーはクレオスのインディブルーやコバルトブルーなども検討したのですが、デカールの色味ともかなり違うし鮮やかすぎてボツ。 で、ガ…

続きを読むread more

タミヤ1/72 飛燕Ⅰ型丁 製作その2

考えてみればここ数年のタミヤの新しい飛行機プラモって全く作ってないんですよね。 最近買ったのは昨年の1/48の飛燕で、そのあとのトムキャットは欲しいと思いつつすぐには作れないと思い買ってません。 あとはこの前発売になったメッサーシュミットくらい。。 飛燕の前になると1/48や1/72の零戦各型まで遡ります(笑) 実はその…

続きを読むread more

マイクロエース(オオタキ)1/48疾風 製作記#3

最近はクルセイダーと飛燕を弄ってまして(ジャガーはまだウレタンの様子見)、わりとのんびりと模型を作っていますが、ふと「疾風」を放置しているのを思い出しました そう、当初オオタキ48でやろうと思いマイクロエース版のキットを組み始めたものの、使えないほど酷いキャノピーに、胴体にちゃんとはまらない主翼のおかげで上反角…

続きを読むread more

タミヤ1/72 飛燕Ⅰ型丁 製作開始

一通り静岡物件が片付いたんで、ここは何か新しいキットを始めようか…と思っていたところ、一昨日のTV番組「世界!日本行きたい人応援団」のタミヤを愛するアルゼンチン男性ディエゴさんの回を見て、そうだ、「飛燕」を作ろう!と(笑) いやぁ~それにしても今回のこの番組、感動してもう涙腺崩壊寸前でしたわ ディエゴさんがタミヤ本社の前に付…

続きを読むread more

マイクロエース(オオタキ)1/48疾風 製作記#2

もうお話ししているように、全くと言っていいほどサクサクといかないこの疾風に嫌気がさしてきて、機種変更することにしました。 今までの貴重な製作時間を無駄にしたくないのでとりあえずは製作を続けますが、もしかしたらこの先放置するかもです。 ただせっかく別売デカールもありそれを使いたいというのもあるのでなるべく完成までもっていきたいです…

続きを読むread more

マイクロエース(オオタキ)1/48疾風 製作記#1

いよいよ来年のBMのお題「オオタキ48」に着手です。 機種は以前からお知らせししている通り疾風ですが、オオタキ版ではなくマイクロエース版です。 早速コクピット内を塗装し組み立てました。 ハセガワなどのコクピット内の塗装指示は青竹色なんですが、世傑の実機写真を見てみると青竹色ではないような感じです。 そこで今回は中…

続きを読むread more

マイクロエース(オオタキ)1/48疾風考察その2

皆さん、こんにちは。 作例の方は何とか今晩完成しそうで、最後の最後で失敗等なければ明日には無事編集部へ納品できそうです。これでやっとプライベートものに復帰できるな さて、遅くなってしまいましたが例のキャノピーのご報告です。 前回タミヤの疾風のキャノピーをカスタマーでちうもんしますよとお伝えしましたが、…

続きを読むread more

マイクロエース(オオタキ)1/48疾風考察

皆さん、こんにちは。 前回の更新から10日も空いちゃいましたが、皆さんお元気でしたでしょうか? このところ仕事と作例に追われ、もちろんプライベートものの模型は触れず、ブログの更新もままなりませんでした。 さて、その作例の方は佳境に入っていますが(しかもちょっとトラブってしまいあたふた・・・)、ここらで来年のSHSのBMのお…

続きを読むread more

ファインモールド1/48 九六式一号艦戦製作記#8 完成

九六式艦戦完成しました。 いやはや、最後までトラブル続きで参りましたが、何とか見られる程度までリカバリーできました。 では完成までをどうぞ・・・ まずは前回とんでもないことになった垂直尾翼左面は、他の部分に対して艶が無さ過ぎたので、少々艶あり(半艶程度)のクリアーを吹いて調整しました。 現状ではこの程度のリカ…

続きを読むread more

ファインモールド1/48 九六式一号艦戦製作記#7

前回の続きでデカールを貼りました。 ・・・が! デカールが古くなっていたせいか、伸縮性がまるでなくちょっとした凹凸ですぐ割れる! 主翼の方は何とか貼れたのですが、胴体は片側がバリバリに割れてしまい修復不可能に。。 仕方ないので手持ちのエアロマスターの零戦用のデカールからほぼ同じ大きさのものを貼りましたが、主翼と若…

続きを読むread more

ファインモールド1/48 九六式一号艦戦製作記#6

512BBも完成したしホビフォにも行けたしということで、ちょっと落ち着いたので久しぶりに九六式艦戦に復帰ですよ さて、前回までで迷彩塗装を終えたのですが、茶系の色をかなり暗めの変な色に塗ってしまい、悩んだ末に塗り直しすることにしました。 実は塗り始めたときからちょっと変かな?と思ったんですがまぁ、いいや・・…

続きを読むread more

ファインモールド1/48 九六式一号艦戦製作記#5

皆さん、こんばんは。 今回は九六式艦戦っす! さて、塗装するため塗装図と睨めっこしていたら、ピトー管の位置がキットと図で違うことに気づきました 図面と比べるとキットはかなり内側に付くことになりますね。 ちょっとこれはおかしいと思い、過去の模型誌の作例や他メーカーの72スケールのキ…

続きを読むread more

ファインモールド1/48 九六式一号艦戦製作記#4

皆さん、こんにちは。 512BBの合間に細々とやっていました。 ということで久しぶりに九六式艦戦です。 色々な修正が終わったのでいよいよ塗装に着手しますが、マーキング&塗装を決めないといけません。 キットのマーキングは3種付属していて、無塗装銀の機体が2種に迷彩1種のどちらかになります。 無塗装銀の機体は尾…

続きを読むread more

ハセガワ1/48 紫電改(前期型)その12 完成

今年1月から作り始めた紫電改がやっと完成しました! ※最初にアップした画像が数枚ピンボケだったのもあって、数枚を新しく撮ったものと差し替えました では完成までを簡単に。 脚柱にはブレーキホースを追加しました。 電線をばらした細い銅線(約φ0.25㎜)を焼きなまして使用しました。 下はホイールに穴を開け、…

続きを読むread more

ハセガワ1/48 紫電改(前期型)その11

新しく取り寄せた風防はちょっとしたトラブルはありましたが、無事マスキングも終え塗装に入りました。 川西系のコクピット色を塗装し、その上から8番シルバーのビン生を塗装。 今回は枠の幅などかなり気を付けたので大丈夫じゃないかと・・・ 次に機体同様に濃緑色を塗装し、少し白を加えた色をランダムに吹き軽い退色を再現しました。 …

続きを読むread more

ハセガワ1/48 紫電改(前期型)その10

次は完成!の報告になるはずでしたが、ちょっとした問題というか失敗をしてしまいました それはキャノピーの枠の塗装です。 前後の風防はとりあえず問題はなかったんですが、真中の可動風防の枠がよれよれになってしまいますた。。 恥ずかしいので写真は無し(^^; 今回マスキングにはハセガワの新製…

続きを読むread more

ハセガワ1/48 紫電改(前期型)その9

マーキングは色々迷っていたのですが、takiさんからもご指摘があったとおり、例の写真はパソコンで作られた画像である可能性が高いということや、ほぼすべての資料で343-37は後期型とされているので別の機番にすることにしました。 で、結局苦労して白縁を入れたのですが、これを濃緑色で塗りつぶし(実機と同じですね)、キットのデカールと、エ…

続きを読むread more

ハセガワ1/48 紫電改(前期型)その8 

皆さん、こんにちは。 いよいよ塗装に着手しました。 まずは日の丸と、味方識別帯を塗装します。 日の丸はクレオスの101番(キャラクターホワイト)で! 胴体のみ白縁があるのでちょっとマスキングが面倒です。 白縁で残す部分をマスキングします。 続いて日の丸の赤 で、今度は機体塗装に備…

続きを読むread more

ファインモールド1/48 九六式一号艦戦製作記#3

皆さん、こんばんは。 今日2つ目の更新です。 前回の続きで胴体と主翼の接合部を修正しつつ、既存のスジ彫りを全て深く掘り直しました。 ほとんどのスジ彫りはなぞってそのまま深くしたのですが、何か所かは浅すぎて滑ってしまい、ラインが外れたりしたところも・・・ そういうところは舜着などで埋めて彫りなおしました。 プラがけっこう固く…

続きを読むread more

ハセガワ1/48 紫電改(前期型)その7 再開です

お待たせしました~ (待っていた人いるのか?(笑)) 紫電改再開します。 これでやっと完成までもっていけそうです。 再開の手始めはまずエンジン。 一応シリンダーとギアボックスだけは塗装を済ませてありました。 この後シリンダーはタミヤエナメルのガンメタルでフィルタリングし、プッシュロッドをシルバーで塗装。 …

続きを読むread more

ファインモールド1/48 九六式一号艦戦製作記#2

皆さん、こんばんは。 九六艦戦の2回目です。 機首上部の修整がほぼ終わったので胴体と主翼を接着しました(まだスジボリの再生はしていません) このキットのパネルラインはかなり浅く、また一部では消えかかっているところもありました。 そこですべてのラインを深く掘り直すことにして、まず主翼付け根付近とその胴体側面を先に彫…

続きを読むread more

ファインモールド1/48 九六式一号艦戦製作記#1

てなわけで、いきなり始めてしまいました。 新製品の九六式が出たばっかというのに旧金型製品です。 ま、形式が違うんですが、形状がほぼ同じなのでパッと見は同じに見えてしまいますね(笑) で、いきなりコクピット完成です。 ちなみにシートベルトはファインのエッチングを使いました。 最近はナノシリーズがポ…

続きを読むread more

急に作りたいものが…(^.^)

皆さん、こんばんは。 約1週間の夏休みなので、普段できない家のことをやったりして思ったように模型を弄れてません。 それに加え弱小企業の経営者なので毎日何かと仕事関係の事柄で会社(@実家)にちょこまかと行ったりしてます。 いやぁ、ホントにのんびりとしたいものですな(苦笑) さて、模型の方は作例がやっと最終段階に入りましたが…

続きを読むread more

ハセガワ1/48 紫電改(前期型)その6

皆さん、こんばんは。 さて、ひとつ前のエントリーでご報告したように某誌の作例製作のキットが届いたため、いよいよそちらに取り掛かることになりました。 しばらく紫電改とタイガーモスは休止ということになりそうです。 ただ前回から現在まで多少進んでいます。なので、その分は更新しますね。 まずは紫電改から。 とりあえず士…

続きを読むread more

ハセガワ1/48 紫電改(前期型)その5

皆さん、こんばんは。 息抜きのつもりのフォッカーにマジになってしまい、紫電改は忘れてました…っていうのは冗談ですが、フォッカーの合間にチマチマとリベットラインを描き入れたりしてました。 主翼上面左右が終わったので、今度は下面です。 う、、、、面積が広い でも頑張ってラインを描き入れま…

続きを読むread more

ハセガワ1/48 紫電改(前期型)その4

水平尾翼のリベット打ちが終わったので、主翼に移ります。 図面を参考にリベットラインを描き入れ、北風舎のリベットツール(リベットルーラーという名称だったかも)でなぞり、そのあともう一度一個一個穴をリベットスクライバーで大きくしています。 数日おいて今度は右翼上面も これで主翼上面も終了! しかし、打って…

続きを読むread more

ハセガワ1/48 紫電改(前期型)その3

水平尾翼は左右両面ともリベットを打ち終えました。 打った直後は周りがめくれています。 1500番のサンドペーパーで均すとこんな感じです。 続いて胴体。 尾翼から始めたのですが… リベットラインを描き入れているときに、垂直尾翼の前縁のパネルラインと参考にしている図面が違うことに気づきました。 キット…

続きを読むread more

ハセガワ1/48 紫電改(前期型)その2

皆さん、こんにちは。 ランチアベータ・モンテカルロもP-47Nも完成したので紫電改を再開しようと思ったんですが、なぜかUボートを再開しちゃったので、ちょっと間が空いてしまいました(^^; 実際静岡HSにこの紫電改を持ち込むか、Uボートを持ち込むか悩んでいるところです。 静岡HSまであと3か月! そろそろど…

続きを読むread more