ハセガワ1/72 T-34Aメンター制作記#3

今日から3月ですね。 まだまだ寒い日もありますが、だんだんと暖かい日が多くなり春が近づいてきているのが分かります。 ところで先週からスカパーのAXNチャンネルで「地上最強の美女 バイオニックジェミー」の放送が始まりました。 当時「600万ドルの男」の後番組で、それに続き毎週欠かさず観ていた好きな番組でした。 毎禄して見ていますが、ジェミーが番組の中で乗っていた愛車がブルーメタの2…

続きを読む

1/43プロヴァンスムラージュ マツダ717Cを作る#1

皆さん、こんにちは。 今日は天気は良いんですが風が強くて寒いっす! さて、突然ですが1/43のキットを作ることにしました。 昨年は1台も43は作れなかったし、在庫も溜まってきているのでね(笑) どれを作るかいろいろ迷ったんですが、マツダ車推しということでプロヴァンスムラージュの717Cにしました。 因みに717Cとは・・・ ル・マンではそれまでSA22C型サバンナRX…

続きを読む

ハセガワ1/72 T-34Aメンター制作記#2

クルセイダーも完成したのでそろそろ次の大物に取り掛かりますが、その前にメンター再開します 機首先端のグリル?ともいうべきパーツにプロペラの軸を差し込むと、ユルユルでプロペラがすぐ抜け落ちるし、ガタが大きくそのままではどうにもこうにもという状態でした。 そこで穴に真鍮パイプを入れました。 手持ちの中にプロペラのシャフトがちょうど入る径のパイプがあったのでそれ…

続きを読む

1/48 F-8Eクルセイダー制作記#19完成

レベル(モノグラム)のクルセイダー完成しました。 思えばこのキットに手を付けたのが2002年9月30日! 苦節18年と7か月掛かってようやく完成です。 では最後完成までをどうぞ。 前回修正した前脚扉は再度塗装し、位置を直したアプローチライトは凹部にEXシルバーを塗ってから、クリアーレッド、クリアーオレンジ、クリアーブルーで色付け。 最後にUVレジンを入れてガラスを再現し…

続きを読む

1/48 F-8Eクルセイダー制作記#18

皆さん、こんばんは。 今日は暖かったですね~ でも週末に向けてまた冬が戻ってくるらしいです。 ま、でもこうして寒暖差があってだんだんと春になっていくんでもうしばらく我慢しましょう。 さて、クルセイダーもいよいよラストスパートです。 では前回の続きから・・・ 機体の方のデカール貼りも済んで、あとは艶消しクリアーをコートすればOKですが、その前にやることがありました。 …

続きを読む

お買い物雑記

今日の東京は暖かったですね~ 21℃ 明日はもっと暖かくなるとか・・・23℃になるらしい さて、そんな春のような今日久しぶりに〇ョーシンから届いたのはこの2点っす! マクラーレン・セナさまと フィアット131アバルトラリーくん マクラーレン・セナの中身 マクラーレン・セナは既に6日頃に発売になっていますが、20日発…

続きを読む

1/48 F-8Eクルセイダー制作記#17

さて、前回の垂直尾翼の黄色帯の修正です。 MA誌の別冊に載っていたこの機体のカラー図を見てみると、尾翼の[00]がライト(航法灯?尾灯?)を避けるように小さく描いてあります。 一方デカールはというと・・・ 数字が大きいですね。 ここにライトがある関係上、数字はそれを避けて小さく描いてあるはずですよね。 ちょうどエアロマスターのデカールにも小さい[00]があるので、そ…

続きを読む

1/48 F-8Eクルセイダー制作記#16

デカール貼りが終了しました。 エアロマスターのカルト印刷のデカールは硬く、軟化剤を何回も付けて時間をおかないと効いてこないので貼り終えるまでに時間掛かりました また一部はキットのラインと合わないところもあったり・・・ このインテークのフチのところは後でタッチアップします。 コーション類はエアロマスターの方には無いのでキットの糞みたいなデカールを貼り…

続きを読む

相互リンクのお知らせ

このたび、最近ブログモデラーズメンバーとなりました299工場長さんの「299の模型actory」さんと相互リンクをいたしました。 299工場長さんは主にカーモデルやバイクモデルを中心に制作されていて、現在はレベル(旧モノグラム)の`53コルベットとレベルのロンドンバスを制作されています。 しかもコルベットのタイヤとホイールは3D造形で作られるなど、時代の先端をいってらっしゃいます{%…

続きを読む

ハセガワ1/72 T-34Aメンター制作記#1

クルセイダーも完成の二文字が見えてきたので、メンターも数日前からボチボチ始めています。 まずは機体を仮組みしてみました。 全体的に合いは良いですが、ただ1点気になったのは機首先端のパーツが、そのままだと左右がはみ出ること。 この画像のように少しすき間が空くように左右の胴体を若干広げると良いようです。 なので組むときはシムを入れて調整が必要ですね。 それから組…

続きを読む

1/48 F-8Eクルセイダー制作記#15

ここ数日暖かいですね~ こんなに天気が良くて暖かいと、ロードスターをオープンにして何処かドライブにでも行きたい気分にもなりますが、 家にこもって模型作ってます さて、それでは前回の続きです。 前部キャノピーの枠の継ぎ目消しができました。 ポリパテを盛って整形し、サフを吹いて確認。 OKだったのでキャノピーのマスキングをします。 今回はタ…

続きを読む

お買い物雑記帳

皆さん、、こんばんは。 今日は暖かったですね~ お天気のおねーさんによると、明日はもっと暖かいらしいですよ さて、2月に入って最初のお買い物のご報告です。 まずはヤフオクでこの二つを。 レベルの'66シェービー・サバーバン そしてついに手に入れた61式戦車っす! どちらも同じ出品者から同梱で送っていただきました。 サバ…

続きを読む

ハセガワ1/72 T-34Aメンター制作準備編

今日は建国記念の日ですね。 カレンダーを見るまで気が付きませんでした・・・非国民だな(笑) しかし誰が日本を建国したんだ? 卑弥呼? 聖徳太子? 分からん(笑) んで、Wikipediaで調べたら・・・ 神武天皇の即位日(紀元前660年1月1日 (旧暦))より、その即位月日を明治期に新暦に換算した2月11日を「建国記念の日」とした だそうです。 一つ利口にな…

続きを読む

1/48 F-8Eクルセイダー制作記#14

前部キャノピーの修正の続きです。 先端部分の継ぎ目を消すため、窓の部分をマスキングしたんですが、なんかここで違和感 というのもハセガワのジャンク品を見てみると、左右の窓の先端はすぱっとカットされたような形ですが、レベルの方は丸い感じ。 そこで資料本などで確認すると、確かにハセガワのような感じで角ばったラインになっています。 なのでそもそもの全体のラインが違うので全く同…

続きを読む

1/48 F-8Eクルセイダー制作記#13

キャノピーのフィッティングの修正です。 前後のキャノピーとも擦り合わせをして、さらに先端部分の方を胴体側を少し削って前後ともピタリと入るようにしました。 そして隙間が空く部分にはエポパテを盛り、キャノピー側にはメンタムを塗ってくっ付かない様にしてからキャノピーを嵌めます。 こうするとすき間部分が埋められるのでパテが硬化するまで放置。 硬化したら余分な部分をカット&サン…

続きを読む

1/48 F-8Eクルセイダー制作記#12

フォールディング(折りたたみ)部分の整形がほぼ終わりました。 上面 下面 これで主翼と胴体を合体できますが、その前に確認しておくことがありました。 それはこのキットの制作記などをネットで探していたところ見つけたウェブモデラーズのある方の作品。 その方によると、胴体側面に付くサイドワインダーと翼下の爆弾のパイロンを付けると、爆弾とサイドワインダーが干渉してつけられないとい…

続きを読む

1/48 F-8Eクルセイダー制作記#11

下ごしらえはもう少し続きます。 機首のレドームのところのスジ彫りを入れます。 ここは別部品のレドームと胴体とのつながりが悪く修正したところで、接着した後一旦接合部はきれいに均していますので、新たにスジ彫りを入れなおします。 因みにこんな感じでした。 1.5mm幅のマステを貼って、スジを入れました マステに沿って目立てヤスリで入れています。 今度…

続きを読む

1/48 F-8Eクルセイダー制作記#10

主翼を上下接着しましたが前縁と後縁の合わせ目に若干ズレが出ていたので黒瞬着を盛ってサンディングしました。 翼下面はまだ凸モールドのままですが、レジンのフォールディング部の処理をしてから凹モールドに彫り直します。 ということでフォールディングウィングの折りたたみ部と主翼の合わせを整えていきます。 ここはハセガワ用のレジンパーツを無理やり入れているのでどうしてもズレができてるので、それをう…

続きを読む

ひこスぺ買いますた

飛行機模型スペシャル「ザ・スパイプレーン」を買いました。 この本は季刊ですが毎号買っているわけではなく、気にいった特集の時だけ買っています。 因みに月間のモデルアート誌は1971年からずっと買い続けてますが 当初は「スパイプレーン」ということで「いわゆる偵察機ね・・・ふ~ん」とか、表紙を見てもエイリアンの幼体にしか見えないグローバルホーク(笑)がピンとこな…

続きを読む

1/48 F-8Eクルセイダー制作記#9

今日2つ目の更新で~す! 明日は早朝から午前中ウェブリブログのメンテがあるとかで、閲覧は出来るけど書き込み等はできなくなるというので。 ということでクルセイダー再開です。 R34 GT-RやRX-7制作中に例のウルフパックのフォールディングウィングが届きました。 すぐに取り掛かりたかったんですが、まずはRX-7を成仏させてから取り掛かろうと思いまして、ちょっと間が空いてしまいました。…

続きを読む

今年の模型の予定

2021年ももう2月! なんかあっという間に1ヵ月経ったという感じですが、セントルイス号に始まり、R34 GT-R、RX-7と幸先よく3個も完成させられました。 ここで一旦落ち着いて備忘録も含め今年の模型制作の予定を少し書いておこうと思います。 まずは次の制作ですが、これは再開したものの昨年の11月からまた放置しているレベルのクルセイダーを再開します。 GT-Rが完成間近の時に、…

続きを読む

アオシマ1/24 アンフィニRX-7その8 完成

RX-7完成しますた! では完成までの残りの作業をちょっとですがどうぞ。 シートベルトのバックルを前回のR34と同様に作りました。 ウォッシャーノズルは切り取っておいたものをクラフトボンドで接着しました。 ナンバープレートですが、キットにはフロント用のパーツしかありません。 なんで?と思ってインストを見たら、リアはナンバーのところを白く塗ってそのまま…

続きを読む

アオシマ1/24 アンフィニRX-7その7

皆さん、こんにちは。 このご時世、深夜にクラブをはしごして、「酒は飲んでいない、陳情を聞くために行っただけだ」なんていう大ウソをつく政治家がいる国ってどうなんだろうと思う今日この頃です まずはウィンドウをボディに接着しましたが、おさまりが悪く浮き気味なのでクリップで強制的に抑えました。 当初はハイグレード模型用で接着したんですが、らちが明かないのでタミヤの白蓋…

続きを読む

アオシマ1/24 アンフィニRX-7その6

R34 GT-Rが完成したので今度は引き続きRX-7を頑張りましょう。 まずボディの研ぎ出しを行いました。 RX-7の方はGT-Rよりも塗装面が平滑になっていたので、2~3ヶ所埃を噛んでいたところ以外はサンディングせずにコンパウンドで磨くだけで仕上げました。 コンパウンドはタミヤの粗目➡中目➡3Mハード2➡セラミックコンパウンドの順 かなりツヤツヤになりましたよ。 …

続きを読む

タミヤさんの2021年上半期リリース情報

もうご存じの方もいるかもしれませんが、タミヤさんの2021年上半期の新製品の発表がありました。 カーモデラー、そして飛行機モデラーにとってのサプライズは・・・ 1/24の240ZG 1/48 F-4B ファントムⅡ https://www.tamiya.com/japan/featuredreleases_early2021.html 240ZGはハセガワや…

続きを読む