完成品ギャラリーVol.5

チョットいかすアメ車たち

今回はモノグラムのアメ車を紹介します。ほとんどがカスタムカーみたいなものなので、ボディカラー、内装色など自分の好きなようにできるので気楽に作れるのがいいところです。

SUPERCHARGED '56 CHEVY
画像

画像

タイヤを他の国産キットのちょい太のゴム製に変えた以外は素組みです。クリアーコートなどもこの頃はしてませんです。

製作年:1982年
購入当時価格:¥1600

CHEVY VAN
画像

画像

画像

VANにひっかけて「VANPIRE」なんでしょうか。このイラストはなかなかイケテマス。ボディカラーは黒に少し銀を入れてラメっぽくしてあります。効果は今見ると疑問ですが・・・

製作年:1983
購入当時価格:¥1800

’39 CHEVY COUPE
画像

画像

これもタイヤをゴム製のものに変えた以外は素組みです。カラーはマルーン系のメタリックですが、今見るとあまりメタリックの感じがしないですね~

製作年:1982年
購入当時価格:¥1600

EL CAMINO
画像

画像

画像

実車はかなりデカイです。キットは荷台にカバーが付いていて、後部のアオリが開閉可能です。

製作:1984年6月3日完成
購入当時価格:¥1800

Boot Hill Express Show Rod
画像

画像

この変な車は最近まで馬車をモチーフにしたものだと思ってました。ところが偶然今月号の「モデルカーズ №123号」にこのキットの作例が紹介されてました。それによると、「カスタムエンタープライズ」を主催する「ファーナー親子」が製作したショーロッドをモデル化したものだそうで、実車は1800年代半ばに馬が牽引したハース(霊柩車)をモチーフにしており・・・ということだそうです。興味のある方は本屋で立ち読みでもしてみて下さい(笑)。

製作開始:1986年2月
完   成:1987年1月24日
購入当時価格:¥1800

ZZ TOP ’33 FORD ELIMINATOR
画像

画像

画像

以前ohtinskyさんがおっしゃってたZZ TOPです。このキットはクリアーを吹いて研ぎ出しをしてあります。ちょうど研ぎ出しというテクニックが一般的になりつつあった頃かもしれません。エンジンにプラグコードと洋白線で支柱?を追加してあります。

製作開始:1986年2月
完   成:1987年1月16日
購入当時価格:¥1800

’37 FORD STREET ROD
画像

画像

画像

まったくの素組みです。塗装だけはこだわってがんばって作った作品です(笑)。

製作開始:1991年3月9日
完   成:1991年12月5日
購入当時価格:¥1800

’32 Ford Highboy Street Rod
画像

画像

画像

これはもっともお気に入りのカーモデルの作品の一つです。各所に多少手を加えてありますが、カラーリングにもっとも気を使いました。ベースはデイトナグリーンですが、上からパールグリーンを吹いているのがポイントです(画像では分かりにくいですが)。

製作開始:1997年12月2日
完   成:1998年3月9日
購入当時価格:¥1800

蜜柑山の中にはまだモノグラム/レベルのこれらと同系統のキットがまだいくつかあります。いずれ完成させてコレクションに加えたいですね。でも最近はこういう車の新金型のキットがないように思います。ほとんどが新パーツとかキャルルックとかローライダーに手直ししたものばかりでちょっと寂しいです。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ドカ山
2006年07月10日 01:03
こんばんは
おおっ!コレは面白いですね。
見ているだけでわくわくしますね。
作り手のセンスでアレンジが出来て夢も広がるって所でしょうか?
楽しい作品をご紹介いただき有難うございました。
ohtinsky
2006年07月10日 01:19
ヒロシさん、ありがとうございます!こういうのが一番見たかったです。私もドカ山さん同様、ワクワクします。「アフターバーナー」、ZZ-topの音楽が聞こえてきそうですね。それから霊柩車ならぬチンドン屋さんみたいなこの楽しい車ときたら!私もこういう車に挑戦してみようと思います。
ヒロシ
2006年07月10日 01:20
ドカ山さん、ありがとうございます。
そう、自分の好きなようにアレンジできるのが良いところですね。ここはこういう色じゃなきゃダメだとか、ここはこうじゃなきゃとかいうのがあまりないので楽しんで気楽に取り組めます。
ヒロシ
2006年07月10日 01:25
ohtinskyさん、ありがとうございます。
もっと早くアップしたかったんですが時間がとれなくて・・・
霊柩車には骸骨のカウボーイのフィギュアが付いていたんですが、面倒で組まずに処分してしまいました。モデルカーズの作例にはちゃんとセットされてます。ちょっと後悔です(笑)
Kazu
2006年07月10日 10:55
素敵な作例ですねえ。
皆さん書いておられますが、見ているだけで楽しくなってきます。
気楽に作っているとおっしゃりつつも、丁寧な仕上がり、頭が下がります。
できやん。
2006年07月10日 22:57
こんばんわ。
いいですねー。素晴らしいですー。なぜかアメリカ産の車のキットはわくわくしますよ。シュリンクパックの中には楽しいものが詰まっているような気がします。
ヒロシ
2006年07月10日 23:46
kazuさん、コメントありがとうございます。
最近作のものはまだしも、昔のものは近くで見るのは禁止です(笑)。
でも、とても楽しく作ったことが思い出されるキットたちばかりです。
ヒロシ
2006年07月10日 23:50
できやんさん、コメントありがとうございます。
初めてモノグラムのカーモデルを買ったのはジープCJ-7でした。箱の中を見るまでわくわくしたのを覚えています。今でもアメリカ産のカーモデルを開けるときはわくわくしますね。

この記事へのトラックバック