U-BootⅦDその3

船体に付けるパーツの中でもスクリューのシャフト?の出口のところのパーツですが、船体との接合部にすき間が生じます。
画像

画像


ここはパテを盛って、すぐに薄め液を染み込ませた綿棒で余分なパテを拭き取ります。
画像

画像

この方法だとパテが硬化したあとにヤスリで削る必要がほとんどありません。
場合によっては少々ヤスリ掛けをしますが、ほんのちょっとで済みます。このような隅のところで回りに消したくないモールドがある場合には最適です。

この部分の修正はどうにか終わりました。
画像


艦橋のところも組み立て始めました。
画像

んが!ちょっと失敗してしまいました。
潜望鏡のパーツをうっかりこの時点で接着してしまったんです。
あとの工程がやりにくくなってしまいました。

なぜ失敗したかというと・・・・
画像

娘が脇で恐竜&ディオラマベースなんかを弄っていたため、集中してできなかったから…と言うことにしておきます。

この模様は後日アップいたしま~す。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

yaszo
2007年09月13日 10:17
こんにちは~
順調なようですね~(^^)
ところでパテはポリパテですか?するとシンナーは?
教えて君でm(_ _)m

しかし表面に凸リベットがいっぱいで船体を仕上げるのも神経使いそうですね(^^;
ドカ山
2007年09月13日 13:07
こんにちは
テクニックのご紹介ありが㌧でございます。
私もyaszoさん同様の疑問を持ちました。
詳しく教えて~
ヒロシ
2007年09月13日 14:53
yaszoさん、ドカ山さん、こんにちは。
ご質問の件についてお答えします。

まずパテはポリパテで、私は現在ワークの「モリモリ」を使用してます。
拭き取るのに使用するシンナーはクレオスまたはガイアのラッカー系のものです。

拭き取るときは綿棒の向きとか力の入れ加減を調整しながらやるといいと思います。拭き取りすぎたときはまたパテを盛り付けて再度繰り返します。

私は主翼のフィレットや水平尾翼の継ぎ目のちょっとしたすき間なんかはこれで処理してますよ。お手軽ですが効果は抜群だと思います。{自画自賛(^_^)v}
雪風
2007年09月13日 15:06
こんにちはです。
パテの綿棒拭き取り方法は、普通のパテでならやってますが、ポリパテでもできるんですね。今度やってみます。
kpfw
2007年09月13日 17:12
こんにちは。
さすがあの丸い凹もきれいに!私だったら横まで削ってしまって誤魔化していそうな気がします(笑
パテの拭き取り方法私も真似させていただきますね。
ついつい山盛り盛っちゃいがちなもので^^;
躍人
2007年09月13日 20:37
こんばんは。
ポリパテにもシンナーが入ってるようですから、綿棒拭き取りできるんですね。

親子モデリングが気になる~!
ヒロシ
2007年09月14日 00:10
雪風さん、こんばんは。
私は逆に普通のパテではやったことないんですよ。(笑)
大抵の場合ポリパテを使うもので…。(^.^)
ヒロシ
2007年09月14日 00:13
kpfwさん、こんばんは。
船底の丸い凹は完成すればあまり気にはならないと思うので、仕上がりもそれなりですよ。まあ、継ぎ目が消えてくれればいいかな~と。
パテの拭き取りぜひ試してみてくださいね。
ヒロシ
2007年09月14日 00:17
躍人さん、こんばんは。
この方法を思いついたのは、たまたま余計なところに付いたパテをどうやって拭き取ろうかとしたときでした。怪我の功名ってやつですね。

親子モデリングはもう少々お待ちを!(笑)
aoi
2007年09月20日 11:46
ヒロシさん、こんにちは。

ちょいと遅いですが、応用技法をひとつ。
シンナーふき取り法、光硬化パテでやったことがあります。

硬化前なら可能です。
この場合、薄暗い状態でやるのが秘訣。
もともと食いつきが弱いので、多少のはみ出しはこすれば取れます。

光を当てればすぐ固まりますからせっかちな人向きですね(^_^)
ヒロシ
2007年09月20日 11:57
aoiさん、こんにちは。
ほほ~、なるほど。
光硬化でもできるんですね。こりゃいいことを教えていただきました。時間短縮にはもってこいですね。
ありがとうございました。今度やってみます。(^_^)v
aoi
2007年09月21日 00:16
ヒロシさん、こんばんは。
補足ですが、ポリパテよりは粒子が粗めな感じです。
また、あの独特のベトベト感がありますので、何らかの後処理が必要かもしれません。
まあ、実験してみるのが一番であります(^_^)

この記事へのトラックバック