完成品ギャラリーVol.16

おまたせしました~。(笑)
国産車のPart..2です。

今回はホンダ車ですよ。

ホンダスポーツ800M
画像

画像

画像

日東の名作と呼ばれているキットですね。
日東からは同時期にフェアレディ2000やトヨタスポーツ800などが出ていましたが現在はフジミから発売されています。
この作品は当時発売されてすぐに作った覚えがあります。エンジンが上げ底ながら、完成するとけっこう実感たっぷりに仕上がったのが嬉しかったですね。作品は少しだけパイピングを施しています。実はフェアレディ2000も当時作っていたのですが、数年前に破損してしまったのを機に処分してしまいました。(涙)
日東1/24
製作開始:不明
完   成:1980年
価   格:¥800

CITY R
画像

画像

実車が大人気でプラモも各社から発売されたのが懐かしいですね。
このキットはのちにターボに金型改修されたため二度と市場には出ませんでした。今ではかなりのプレミアが付いているらしいです。
このキットで覚えているのはボディはエアブラシで塗装しましたが、バンパーの黒は筆塗りで仕上げたということ。現在では絶対しない技です。(笑)
モトコンポも付いていたと思うのですがいつの間にか行方不明になってしまいました。
タミヤ1/24
製作開始:不明
完   成:1983年
価   格:¥700

CITY カブリオレ
画像

画像

画像

CITY Rやターボ、ターボⅡが人気で各社からキットが出ていましたがカブリオレはこのタミヤのしか無かったのではないでしょうか。
カブリオレということでボディカラーは明るい色にしようとタミヤスプレーのジョーダン専用色を使ったと記憶してます。
タミヤ1/24
製作開始:1989年2月7日
完   成:1989年3月22日
価   格:¥700


CITY GG
画像

画像

先代のCITYに比べるとあまり人気が…というかまったく人気が出なかった2代目ですね。
何で作ったのかというと、この当時愛車がワンダーシビックだったのでホンダファンになっていたからなんですね~。で、ホンダ車をいっぱい作っていたというわけです。
このボディカラーは缶スプレーではなく自分で調色したものです。
タミヤ1/24
製作開始:1987年8月9日
完   成:1987年12月31日
価   格:¥800

無限 CR-X PRO
画像

画像

画像

当時ワンダーに乗っていたものの、買うときに迷ったのがCR-X!実際には価格がシビックより若干高かったせいもあって買わなかった買えなかったのです。そんなこともあってCR-Xも大好きでしたのでこの無限バージョンが発売されて大喜びしました。
カラーリングはもし自分が乗っていたらこんな色にしたいなというイメージで塗装しました。
タミヤ1/24
製作開始:1985年
完   成:1986年2月22日
価   格:¥800

CIVIC 25i
画像

画像

画像

画像

画像

これは当時最初に買ったワンダー。このあと白のSiに買い換えたときに下取りに出して実質1年くらいしか乗りませんでした。
この25iはワンダーシビックがカー・オブ・ザ・イヤーを受賞したのを記念して発売された記念限定車です。
カラーリングはブラックとシャンパンゴールドっぽい色のツートーンでフロントやリアに記念ステッカーがありました。このステッカーは手描きしています。サイドには赤いラインがあり、ホイルの穴のところはゴールド、そしてガラスはブロンズガラス。内装は赤と黒のモケットになっていて、普通の25iより内装などは一段グレードが高いものになっていました。ナンバーはもちろん当時乗っていた愛車のナンバーそのものです。ただ完成後にボンネットの前の分割ラインがないことに気づいたのですが時既に遅し。それが悔やまれます。
タミヤ1/24
製作開始:1985年
完   成:1986年5月13日
価   格:¥900

CR-X Si
画像

画像

画像

通称サイバーCR-Xですね。これも当時欲しくてSiから買い換えようかと真剣に悩みました。
キットはこの当時のフジミとしては良く出来ていました。
フジミ1/24
製作開始:1989年4月17日
完   成:1989年5月19日
価   格:¥800

NSX(アキュラ仕様)
画像

画像

画像

画像

欲しくても絶対買えないNSXです。
なので模型でガマンということで作った次第。(笑)
タミヤ1/24
製作開始:1990年9月25日
完   成:1990年11月18日
価   格:¥1200

HONDA S2000
画像

画像

画像

画像

このS2000は以前電ホの作例で作ったものです。唯一のカーモデルですね。(笑)
作った当時はノーマルホイルでしたが、その後モデラーズギャラリーでタイプV用ホイルを見つけて替えました。やはりホイルを替えるとカッコいいです。
これを作るのにディーラーでカタログを貰って内装などを研究したのを思い出します。作例として1ヶ月で作ったので完成後塗装面がヒケてしまい艶が落ちてしまいました。要するに完璧には乾燥していなかったのね(-_-;)

タミヤ1/24
製作開始:1999年5月30日
完   成:1999年6月24日
価   格:¥1600

おまけのマツダ車

Part.1に載せるのを忘れてますた…
サバンナRX-7
画像

画像

画像

この作品のコンセプトは…エンジンはRE雨宮チューンの最高速仕様で外観はチンスポと純正リヤスポでおとなしくといった感じでしょうか。(笑)
ホイルとタイヤはマルイのキットから持ってきています。

タミヤ1/24
製作開始:不明
完   成:1983年
価   格:¥700

ということで如何でしたでしょうか?
国産車のキットは暫く作っていないので08年は1台くらいは作ってみたいものです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

Limahl
2007年12月30日 07:29
まってました~!
今回もどれも嬉し楽し素晴らしい。

初代シティ、バンパー筆塗りなんですか?
全くそうは見えないです。
モトコンポっつーのもありましたね。懐かしい。

ワンダー、前後どアップの写真見て、改めて自作品の粗さを痛感。塗り分けもう一回やり直そうか、と考えてしまいますた。
それにしてもステッカー筆塗り、ってマジっすか?ひえ~~。

サイバーCR-Xかっこいいなあー。
自分もグラストップ仕様を入手したので来年は作ってみようかと。

で、今回の目玉はやはしSA22ですね!
見ているとナンカいろいろとゴテゴテしたパーツを付けたくなる衝動に駆られるのは何故でしょう?


追伸:ダイヤモンドとか、愛知県のメーカーとか、はナイのですか?
かぽう
2007年12月30日 09:16
すごいですー。壮観ですー。
仕上がりがスバラシイのは言うまでもないのですが、
こうして過去の作品をまとめて拝見させていただくと、ヒロシさんの模型に対する情熱と愛が感じられるっすー。

初代CITYは今でも通用するデザインだと思うっすー。
ドカ山
2007年12月30日 14:30
ホンダ特集、楽しませていただきました。
なんだか、この頃のホンダはひと目でホンダとわかるデザイン上の共通点があるようなきがします。
なのでシビックに乗っていてもCRXも同じように愛せちゃうみたいな。
ともあれ、ギャラリーシリーズ、面白いので是非続けて下さいませ
ヒロシ
2007年12月30日 17:27
Limahlさん、こんばんは。
喜んでいただけて良かった良かった。(笑)
ダイヤモンドや愛知県のメーカーのは以外に作ってないんです。特にダイヤモンドのはなぜか完成品はおろか蜜柑キットも皆無です。愛知のはTE27レビンとBbがありますがどちらも模型屋さんに単身赴任中です。(笑)
蜜柑のはハセガワのTA22セリカがありますね。あれも近いうちに作りたいと思っていますが…。
ヒロシ
2007年12月30日 17:31
かぽうさん、こんばんは。
お褒め頂き感謝ですう~。
CITYは確かに今見てもデザインが優れてますよね。この車が出て以降トールボーイというコンセプトの車が一般的になってきたような気がします。
ヒロシ
2007年12月30日 17:36
ドカ山さん、こんばんは。
そうなんですよね。共通のデザインだからなんだか仲間意識が生まれるというか…。(笑)
あの頃のホンダは良かったなぁ。
このシリーズは過去の電ホの作例以外でやっているのでプライベートで作ったものは少なくなってきました。何時まで続くかな~?

この記事へのトラックバック