帰ってきた漢の1/12「ロータス72D」その20 完成!

製作着手から1年2ヶ月、ようやく完成しました~!

画像


では最後の仕上げ段階をご覧下さい。

まずはウィンドシールドです。
これはキットの透明パーツですが厚みや柔軟性に難があります。
画像


で、昔買っておいたこのバキュームパーツを使おうか迷いました。
画像

画像


とりあえずざっと切り出してみました。
画像

画像


こっちはキットのもの。
画像


ここでどうしようか選択をしないといけません。
確かにバキュームは薄くて透明性もいいのですが、カウルへの接着が問題です。
ほとんど断面と断面で接着をしなければならなず、何もガイド等がないのでズレ、接着時の汚れ、接着後の強度が問題です。

なので、今回はとりあえずキットのものを磨いてクリアーイエローで塗って使用することにしました。
で、カウルに接着したまではよかったのですが・・・

シャーシにカウルをつけるときに力を入れたら・・・
クラック発生!
画像

いや~参りました。
コクピットカウルはピンとシャーシ側の穴に瞬着を流し込んで、少々きつめに調整してどうにか浮きは防げるようになったのですが、取り付けるときに多少力を入れて押し込まないといけません。
そのときのカウルの変形に透明パーツがもたなかったようです。

まあ、ここはとりあえずこのままということにして、何れバキュームの方を上手く接着できる目途がついたら取り替えます。
なので静岡もこのままで展示すると思います。
あまりジロジロ見ないでね。

インダクションポッドはファンネルの上に載せるだけで、ちょっとしたことですぐずれたり、落っこちたりします。
そこで裏側にプラ棒でズレ防止を追加。
画像

画像

プラ棒の突起がファンネルの穴にはまるようにしました。
実車ではエンジンの方にスプリングで四隅を引っ張って固定しているようです。

てなわけでこれで完成です。
まあ、ちょっと失敗したところもありましたが良しとしましょう。
完成すればこっちのもです(笑)

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像


これで静岡には大手を振って展示できます(笑)
応援してくださった皆さんありがとうございます。

今回シャーシというかモノコックというか、リベットのモールドのところにヒロの金属製リベットを数百本埋め込んだのですが、結果的にはブラックを塗装して下塗りのクリアーを塗装した段階で、このリベットの頭の厚み分と同じくらいの塗膜になり、表面を均した段階でこのリベットの塗装部分が剥げて、逆にいい感じになりました。
もっとも実車ではこのリベットは黒く一緒に塗られているので、このように金属色で光っている訳ではないのですが・・・
ただリアウィングだけは、ゴールドのラインにかかるところがあり、リベットがそのまま出ているとうるさくなるので、ウレタンクリアー塗装前に黒で塗っています。

漢の1/12はできれば続けて何か始めたいところですが、ひとまず休止です。
タミヤのこの1/12シリーズは蜜柑山にまだまだ沢山ありますが、今回このロータスを作ったことによってかなりノウハウが得られました。
しかしディテールアップパーツなどを使うとかなり金銭的に掛かりますね。
まあ、仕方ないですけど。
次回このシリーズを作るときはFORDエンジン以外のものを作りたいと思っていますが・・・

タミヤ1/12 John Player Special LOTUS72D
製作開始:2009年1月3日
完   成:2010年3月8日
価   格:¥2800(現在絶版)
使用D.UPパーツ
モデルファクトリーヒロ、さかつう、ST27、モデラーズ、アドラーズネスト、シェブロンモデルズ他

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

ko-tin
2010年03月09日 02:12
完成おめでとうございます。
綺麗な塗装、大きさ、迫力満点です。細かい所まで手を抜かずに仕上げてあって、流石!の一言です。スピットも楽しみです。
kpfw
2010年03月09日 06:16
完成おめでとうございます。
ご苦労なさった分、素晴らしい作品になりましたね。
毎回楽しみに拝見していたこの作品、じっくり拝見させていただきます。
お疲れ様でした。
Spitfire Mk.24
2010年03月09日 06:49
完成オメデトウゴザイマス!
写真で見てもスゴイ解像感ですね。予備知識無しで見たら本物に見えちゃいます。作り込みが半端じゃなくて感動いたしました。漢はこうでなくちゃと思わされます…。
作左
2010年03月09日 07:51
完成おめでとうございます。
さすがに綺麗な仕上がりで
溜息が出て、鳥肌が立ちまする!

大昔に(2800円、定価の頃)
シッチャカメッチャカに作った
恥ずかすぃ~思い出が
脳裏を過ぎりますた(笑)

拝見できるのが楽しみでございます。
Kazu
2010年03月09日 09:56
いや、さすがに時間をかけて作られただけあって、見どころ満載ですね。
ヒロシさんのに漢を感じました。

静岡でじっくり拝見させていただきます。

完成、お疲れ様でした!
ヒロシ
2010年03月09日 10:47
ko-tinさん、ありがとうございます。
完成して嬉しいのと同時にホッとしました
昔からずっと作りたかったので感慨もひとしおです。
スピットもがんばりますね。
ヒロシ
2010年03月09日 10:52
kpfwさん、ありがとうございます。
はい!いろいろ苦労しましたねぇ~(笑)
でもこれでかなりこのシリーズを作る上でノウハウが蓄積できました。
特に古いキットなのでプラが硬くてすぐ割れたり折れたりするのは参りました。
次回作るときはその辺りにもっと注意しないといけないですね。
ヒロシ
2010年03月09日 10:55
Spitfire Mk.24さん、ありがとうございます。
本物に見えちゃうなんて嬉しいお言葉です
頑張った甲斐がありました。
ヒロシ
2010年03月09日 11:02
作佐衛門さん、ありがというございます。
やはり黒は研ぎ出しが上手くいくと綺麗ですね(笑)
このキットは確か再販ものですが2800円ですた。
ヒロシ
2010年03月09日 11:05
kazuさん、ありがとうございます。
時間は無駄に経っていますが、やっと完成しました。
本当は昨年の静岡で展示予定だったので、これでホッとしてます。
1年に1台は漢の1/12作りたいですね~(夢)
yaszo
2010年03月09日 11:13
完成おめでとうございます&お疲れ様でした!
いやぁ、72はやっぱりカッコいい!
DUもばっちり、塗装もばっちり(^^)
次はマトラ?934?w

私も頑張って追いつきます(爆)
カプッチョ
2010年03月09日 12:31
ついに完成しましたか!
おめでとうございます!
最後の最後に思わぬアクシデントがあったようですね…(汗
でも、でも素晴らしくカッコいぃですぅ~♪
完成写真の6枚目、右斜め後ろからの画像が特に好きだったので、思わず壁紙用として頂いちゃいました…(汗
あくまで私のみの使用ですので、許してください、すいません(滝汗

私も実は漢の1/12を持ってまして(フェラーリ641/2)製作が半端なままなんです。
もっと ちっこいモデルで修業してヒロシさんのように かっちょよく完成させたいと思います♪
お疲れ様でした~!
ヒロシ
2010年03月09日 13:47
yaszoさん、ありがとうございます。
72はカッコイイですよね。歴代ロータスF-1の中でも一番好きです。

次は・・・
いろいろ妄想はしてるんですが、一気に作る時間がなかなか取れないのでタイミングが問題ですね。
FORD以外となると、マトラやフェラーリ、ルノーなど。934や935、ローラT70もいいなぁ
どれを作るにしても相当時間は掛かりそうですが、その分楽しめそうです(笑)
ヒロシ
2010年03月09日 13:55
カプッチョさん、ありがとうございます。
キットのクリアーパーツは硬くてすぐ割れそうだというのは気づいていたんですが
壁紙用どうぞどうぞ!
むしろ嬉しいです、ありがとうございます。

641/2は発売当時に作りました。
ある所からかの依頼品でかなりD.UPもしましたが、もちろん今は手元にありません(製作途中などの写真は残ってます)
自分用のキットは蜜柑山にあるので、あれもまた作ってみたいですね。
ohtinsky
2010年03月09日 13:58
完成おめでとうございます!いや、もースゴイ、すごすぎ!!!実物を見たいです。
モンシアン
2010年03月09日 17:34
 大作
完成おめでとうございます
合間には、ヨシリン号の製作もあり、神経の休まる時がなかったのでは??
 手先の細かい作業、アクシデントも付き物のようですね
リカバリーの工夫などは、ひろしさんの腕の見せどころかな

 静岡には伺えませんが、盛大な展示会になるますようお祈りしていまーす
COLT-T
2010年03月09日 19:48
ついに完成しましたね。
既にその完成度をたたえる言葉が、多くの皆さんから出尽くした感があるので、形容すべき言葉が見つかりません。(笑)
とにかく、お疲れ様でした。
SHS でじ~っくり、穴が開く寸前まで拝見させていただきますよっ!
ヒロシ
2010年03月09日 20:46
ohtinskyさん、ありがとうございます。
そう言って頂けると苦労も吹っ飛びます
自分的には不満なところも多々あるんですが、それは次回作に生かそうと思います。
ヒロシ
2010年03月09日 20:52
モンシアンさん、ありがとうございます。
そうそう!ヨシリン号もあったので大変でした(笑)
これで今年2個目の完成品です。
クラックが入ったところは何れリカバリーします(何かいい方法考えないとね)
静岡は楽しいですよ~
機会があれば是非!
ヒロシ
2010年03月09日 22:09
COLT-Tさん、ありがとうございます。
昨年落としているので、これで安心して静岡に乗り込めます。
あとはスピットかなぁ・・・
ヘルキャットも頑張ってくださいね。
Limahl
2010年03月10日 00:26
完成おめでとうございます!
製作記は毎回圧倒されまくりでしたが、こうして完成品を観ると改めて、その完成度、緻密さ、そして清潔感に目が眩む程です。
何よりカウルが隙無くビシッと収まっているのが圧巻!
静岡ではそれこそ穴が開く程、細部をじっくり観察させてもらいますネ!!
ヒロシ
2010年03月10日 08:56
Limahlさん、ありがとうございます。
いやいや、実はコクピットカウルのところは左右すき間が開いてます(汗)
黒い色なので目立たないのだと思いますが、この部分は最初の組み立ての段階で調整するべきでした。
やはり古いキットなのでその辺りの調整は難しいですね。
日の丸航空隊
2010年03月10日 09:05
完成おめでとうございます!
そして、お疲れ様<(_ _)>
素晴らしい仕上がりです。
シールドのクラック?
写真では見えない、見えない(^^;)
72Dでは、私も勉強になりました。
有難うございました。
スピットに取りかかれますね。
sato
2010年03月10日 10:57
スゴイスゴイスゴイ!
素晴らしい作品です。
しかも静岡で実物
みられるとのこと。
私はこらから静岡用
を造るのでうらやましーです。
ヒロシ
2010年03月10日 18:57
日の丸航空隊さん、ありがとうございます。
クラックは見なかったことにします(笑)
今回は私もいい経験になりました。
次に漢の1/12を作るときはもう少しスムーズにいきそうです。

スピットは今日からボチボチ始めます。
ヒロシ
2010年03月10日 18:58
satoさん、ありがとうございます。
静岡で展示するのがとりあえず出来たので一安心です。
あとはスピットと娘の作品頑張らないと。
ペガ
2010年03月10日 20:00
完成おめでとうございます。
プロの技てんこ盛りで、見応え、読み応えありました。
仮止めでご苦労されてますが、私はよく両面テープを使います。
それでダメなときは木工ボンド。乾くと透明で、接着力もそこそこです。

VWバンの写真デカールも関心大でして、
ノーズアートのおねいちゃんに応用できるのではと。
作品を拝見できない残念ですが、お会いしたときにでも詳しく教えてください。
ヒロシ
2010年03月10日 21:21
ペガサスさん、ありがとうございます。
カウルの仮止めは本当に悩みました。
ファスナーのアルミ棒をもう少し長めにしておけばよかったのかなぁと思っていますが、そもそも、最初の位置合わせでズレていたのが最大の原因かもしれません。

木工ボンドはウィンドシールドに使えるかもしれませんね。そこそこの接着力で接着後もキレイなものがあれば何とかなりそうです。

写真デカールは仰るようにノーズアートにも応用できると思いますよ。
静岡に印刷したミラクルデカールを持っていきますね(忘れなければ・・・・笑)
日の丸航空隊
2010年03月10日 22:34
追伸!
壁紙に左前方からの画像を
頂きました。
お許しがあれば、このまま
貼っておきたいのです。?
いいですか?
いけしん
2010年03月10日 22:51
完成おめでとうございます。
とても綺麗な仕上がりで、素晴らしいです。
写真でも十分の迫力ですが、生で見ると凄いんでしょうね。
ヒロシ
2010年03月10日 23:24
日の丸航空隊さん、こんばんは。
どうぞどうぞ!こんな作品でよろしければお使い下さいね。
ヒロシ
2010年03月10日 23:27
いけしんさん、ありがとうございます。
生で見るとデカイです(笑)
全長40センチくらいあります。
置き場所に困ります
2010年03月11日 21:55
こんばんは。
完成おめでとうございます。そして、お疲れ様でした。
実車に関しての知識がないもんで、いつの時代で誰がドライバーだったのか、シーズン何勝したかとか、さら~と入れてくれれば嬉しかったなぁと思いました。やっぱ、年代モノのキットは苦労しますね。そこがやりがえがあっていいんだよ~とおっしゃる方もいますが、私としては最新技術を駆使したモノの方が作りやすくていいです。最新キットは、プロモデラー泣かせみたいですが・・・。
ヒロシ
2010年03月11日 23:12
フリーダムさん、ありがとうございます。
そうですね。実車に関して少し説明を入れたほうが良かったですね。
簡単にご説明すると、このロータス72Dは1970
年に登場した72が元で、72年に改良が加えられて登場したのが72Dです。翌73年も72Dは走っていて、ドライバーはこの年エマーソンフィッティパルディとロニーピーターソンです。
この作品のゼッケン8番はフィッティパルディの72年のマシンで、この年彼はワールドチャンピオンになっています。

この記事へのトラックバック