レベル1/32隼Ⅱ型乙その2

よ~し!作るぞ~!と宣言したのはいいのですが・・・

実態は?

漢の1/12を優先していたため、放置プレイ状態ですた・・・
しかもその後作例のお仕事が来たりしてまったく手をつけれず・・・

本当はそろそろLOTUS79に着手の予定なんですが、前からちょっと気になっていたので、79に取り掛かる前に少しだけやっておこうと思います。

問題のコクピットの計器盤の自作です。
何しろここが出来ないと胴体が組めません。
シートは後からでもどうにでもなるのですが、計器盤は胴体を組むときに一緒に組まないといけないですから。

てなわけで工作開始です。
今回はキットのものがあんまりだったので、せめて計器盤に見える程度にするのが目的です。
他の部分もあまり手を加える予定は無いので、バランス的に一点集中してD,UPはしないつもりです。

まずは1ミリ厚のプラ板に資料と、キットの元の計器盤(らしき)ものから大体の形を描きます。
画像


それを切りだして、さらに真中の四角い部分を切りぬきます。
画像


メータの穴を開けたのち、キットの計器盤をベースにして接着します。
この時点で更にバランスと大きさを見て、若干外側を切り詰めました。
画像


四角い穴のところは、一段へこんでいて、その面は斜めになっているのでプラ板をそのように接着します。
画像

画像


胴体に組むとこんな感じです。
画像


ストロボを使わないとこんな感じであまり見えません。
今は白いので見えますが、色を塗ったら見えないでしょうね、たぶん・・・
画像

計器盤の左右上部には機銃のお尻があるんですが、こりゃ作っても見えそうもありませんね。いいかな、作らなくても・・・

真中の四角い部分には、ダイヤルらしきものとかスイッチがありますのでそれらしくこしらえますた。
画像


ということで、ここまでやっておけば、コクピットを塗装して胴体を組めるので先へ進めますね。

さて、じゃあ79にいきますか!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

JW
2010年06月09日 20:42
こういう作業は嫌いじゃないですね~。
資料があれば・・・。

でも32だとそこそこ作らないと辛いですね。
自分の場合は72なんでね・・・。
誤魔化しが効きます。

79ですか。
ヒロシさんのあの黒塗装の完成品
早くみたいな~。
ヒロシ
2010年06月09日 21:24
JWさん、こんばんは。
私も嫌いじゃないですよ
資料もそこそこあるんですが、コクピットだけやっても全体のバランスがとれないので、それなりにしておきます。
なんせ古いキットなんで、全体的にやると大変なんで・・・
あとレベルらしさというのも残しておきたいのでサラッと(いくかどうかは分かりませんが)やるつもりです。

79は今日から着手しました。
まずはエンジンから組んでます
toraiti2
2010年06月09日 22:08
古いキットを修正して現代のレヴェルに再現するのは大変ですが頑張りませう!計器盤のデカ-ル(MDC製)は余分があるのでお譲りしましょうか?オ-ダ-して到着したのですが梱包が完璧でなくてクシャクシャになっていたのでクレ-ムを送信したらもう1枚送って頂いたものですので無償ですよ。でも、隼はいいですね!
私も作りたいです。
ヒロシ
2010年06月10日 14:14
toraiti2さん、こんにちは。
メーターはこのまま色塗って、クリアーを垂らして終了にします(ご親切にありがとうございます)
本格的にD.UPするならコクピットはフルスクラッチでしょうけど、今回はある程度それっぽくなればOKなので・・・

機体のモールドは凸モールドに凸リベットなので合わせ目の処理で消える部分の再生がネックですが頑張ります。
日の丸航空隊
2010年06月10日 21:30
こんばんは。
隼ですね。すっかり忘却の
彼方に~てことはありませんでした。
いつかは、作って下さると
思ってました。
丁寧な工作!参考資料として残して
おきたいです。
タミヤの79を作り始めたのですが、
土日しか時間が取れなくなり、
かなり時間がかかりそうです。
今日、ハセガワ79がエッチングパーツ
付きで発送されました。
土曜日には到着かな?
待ち遠しいです。
ヒロシ
2010年06月10日 23:22
日の丸航空隊さん、こんばんは。
隼はずっと気になっていたんですよ~
なので、ゆるゆるですが、時間を見つけて進めていきたいと思ってます。

79は私も昨日から着手しました。
製作記もスタートしますのでお楽しみに!

この記事へのトラックバック