ハセガワ1/72ホーカー・ハリケーンMkⅡDその⑨

皆さん、こんにちは。
静岡まであと3日、製作期間は実質あと2日となりましたね。
みんながんばってますか?

私はと言えば、漸くハリケーンの退色表現をして、墨入れ&ウォッシング&デカール貼りを行いました。

画像


画像


画像


3枚目はストロボを焚いて撮ったもの。

私の場合、墨入れ&ウォッシングはこの段階で行う場合と、デカールを貼る前のクリアーのオーバーコート後に行う場合とがあります。

前者は塗装面がそのままなので、墨入れやウォッシングで適度に塗装面が汚れてくれて落ち着きが出ます。対して後者の場合はクリアー層の上からなので、塗装面自体は侵されず言ってみれば墨入れしただけ・・というような感じになります。

今回はある程度汚れや退色、使用感を出したかったので前者を選択しました。
実機写真を見るとかなり汚れていて機体の塗装の艶も無いような状態ですね。どこまで近づけられるか分かりませんが、がんばってみます。

全体にクリアーを吹いたあと、脚収納庫をシルバーで塗装します。
画像


で、デカール貼りますた。
胴体のダークアースの迷彩の範囲は、本来もっとラウンデルのところまで掛かっているんですが、スルーです(汗)
画像

画像


ちなみに主翼上面のラウンデルだけはアンリミ/プラッツの別売デカールを使用しました。
というのも、キットのデカール(一応エアロマスターですが)の色味が気に入らなかったのと、印刷の際に青地のところに埃を噛んでしまっていて、それが結構目立ちそうだったので・・・
画像


スピナーの赤はガイアのブライトレッドにサンダーバーズカラーのレッドを少量足して、若干彩度を落としたもの。
プロペラはクイックブーストのをそのまま使用しました。
Mk.Ⅱのプロペラは数種あるようですが、結局なんだかよく分からなかったので
画像


しかしこのプロペラはレジンなので最初から少し反っていました。
塗装する前に熱湯風呂に入れて修整したんですが、塗装後に食器乾燥器に入れたら元に戻ってしまいました
画像

これは最後にもう一度修整ですな。

さぁ~次回はいよいよ最終の仕上げに取り掛かります。

静岡目指してがんばりま~す!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

日の丸航空隊
2011年05月11日 16:33
こんにちは。
完成まで、もうちょっとですね。
今、タミヤの零戦22型を作っていて、翼端灯のパーツを4次元世界に旅立たせてしまい、休憩中です。

墨入れ段階の差は、そんなにも違うのですか・・
塗装の様子で、先入れか、後入れかを決めるのですね。
完成までもう一息。頑張って下さい。
ヒロシ
2011年05月11日 21:19
日の丸航空隊さん、こんばんは。
タミヤの22型はまだキットを買ってません!?
コトブキヤさんにも発売時に入荷したきり、入ってきてないみたいです。
今度入れるように催促しておきましょう(笑)

墨入れはクリアー層があると塗装面が直接侵されないんですよ。
エナメルでも多少は侵されるので、クリアーを吹いてない無い場合は適度に退色感というか使用感が出ていい感じになりますよ。
是非お試しを!

この記事へのトラックバック