模型制作代行引き受けます。詳細は近日!

零戦11型製作記Vol.3

零戦の塗装についてネットで調べていたらこのようなサイトを見つけました。

それによると11型は全面「灰色」らしいです。
でも・・・まだ灰緑色の可能性も捨て切れません。

さて、主翼の機関砲のところは11型は四角に切り欠いてあるとのこと。
マスキングをして囲ってから前縁を慎重に削りました。
画像


機関砲はφ0.7ミリの真ちゅうパイプで再現してみました。
画像

画像


で、漸くサーフェイサーを塗りました。
画像


そろそろ、本当に機体色を決定しなければ・・・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

日の丸航空隊
2011年06月13日 05:09
またまた、お早うございます。
そのサイトは「我が家の・・・」というところでは?
もしそこだとしたら、私がいつも参考にさせて頂いているところです。
結構、細かく調査されていて、「なるほど~」
といつも感心してみています。

ルノー5は完成したのですが、前部ロールバーが全くとんちんかんな感じなので、今日はずしてしまう予定です。(T_T)
日の丸航空隊
2011年06月13日 05:41
追伸:実機では右主翼付け根の空気取り入れ口は楕円形になっているので、もし角形だったら直して下さい。
ヒロシ
2011年06月13日 09:04
日の丸航空隊さん、どうもです。
そう、そのサイトです!
(申し訳ありません、一部アドレスが間違っていたためにリンクできませんでした。修整しましたのでもう大丈夫です)

主翼付け根の空気取り入れ口は未加工ですた・・・
帰ったらやります(笑)
日の丸航空隊
2011年06月14日 15:53
こんにちは。
私も、零戦70周年にちなんで11型を弄り始めました。
主翼に内部には、エポパテをはみ出る位に充填しました。
シートにはウルトラキャストを奢ってみました。(どんな感じか掴むため)
シートベルトは、着色済みのエデュを予定しています。
7.7mmには、マスターの挽き物を予定しています。(これも様子見)
コクピット内はタミヤの22型の不要部品を使って見る予定です。
あくまでも予定ですので・・・
塗色もクレオスの35番で逝く予定です。
ヒロシ
2011年06月15日 00:18
日の丸航空隊さん、こんばんは。
主翼右側の空気取り入れ口・・・穴そのものがありませんでした(汗)
ということで急遽加工しました。

色はやはり35番ですかね。
一番安心な色かもしれません。
私は今日やっと零戦とファントム(ハセ)のキャノピーのマスキングが終わりました。
日の丸航空隊
2011年06月15日 06:31
お早うございます。
主翼前縁の穴。21型ではキリトリ用の枠が付いていたのですが、これには無かったですね。(失礼しました)
20mm機銃の切り欠きは、ヒロシさんのを参考にさせて頂きました。真鍮パイプは、内径が丁度0.4mmのがあったので、埋め込みました。
空気取り入れ口(カウル下の)にパテを盛って
少し丸見を持たせて見ました。
ヒロシ
2011年06月15日 08:45
日の丸航空隊さん、おはようございます。
>21型にはキリトリ用の枠がついている
へ?そうだったんですか。キットはあるんですが未見です。このキットと21型のキットとはパーツが別なんですかね。
キャノピーのマスキングが出来たので、そろそろ塗装に着手します。
日の丸航空隊
2011年06月15日 09:46
>切り取り用の枠・・・
私の勘違いでした(滝汗)今、全キット+ジャンクキットを見ましたが、ありませんでした。
済みません(>_<)
今日、これからコクピットを組んで、胴体合わせに入ります。
ヒロシ
2011年06月15日 11:31
日の丸航空隊さん、いえいえ、いいんですよ。
ということは、ハセガワのを作るときはこれから注意しないといけないですね。

この記事へのトラックバック